• TOP
  • STAY&TRAVEL
  • 見えないおもてなしの心がロマンを醸す、大人だけに許された定山渓の隠れ宿

2020.08.23

見えないおもてなしの心がロマンを醸す、大人だけに許された定山渓の隠れ宿

旅館のおもてなしの心とホテルの快適さを融合した隠れ宿、「翠山亭倶楽部定山渓」。13歳以上だけが宿泊できるという大人の空間は、季節のうつろいを感じる居心地の良い場所です。

CATEGORIES :
TAGS :
CREDIT :

文/いとうゆうじ

▲窓から白樺林が見えるスイートは、110平米のゆったりとした特別な客室。
今回、ロマンティックでドラマティックなお泊まりドライブデートの目的地としたのは、北海道札幌の奥座敷、定山渓にある「翠山亭倶楽部定山渓」。その理由は、ひっそりとした佇まいにあります。

全14室という規模も、大人のふたりが静かに過ごすのにちょうどいい大きさ。しかも、こちら、宿泊できるのは、13歳以上だけ。大人のための空間なので、館内はいつも静かで居心地抜群。まさにふたりのドラマにふさわしい場所です。
▲館内は24の季節が感じられるインテリアが施されているが、囲まれた自然からも24の季節が伝わる。

地元の素材を活かし、年間24回も変わる季節を感じるインテリア

ロビーは、白樺を使った装飾と札幌軟石を使った柱によるラグジュアリーなインテリア。この和と洋のブレンドのサジ加減が抜群。脱帽もののセンスです。

また、館内には地元の書家や陶芸作家などの作品が飾られており、そのひとつひとつがすべて上質です。
▲白樺材で設えられた豪華なロビーエントランス。札幌軟石を使った大きな橋も印象的。
▲2階にある「ゲストラウンジ」は、吹き抜けの開放感あふれるスペースで、道内作家によるアートが飾られている。季節ごとのオリジナルハーブティーやお酒がいただける。
そして、それらを替えるタイミング、それこそが、この宿が取り入れているオリジナルの二十四“節気”ならぬ、二十四“節季”です。季節のめぐりが豊かで鮮やかな定山渓を表現するために、2週間ごとに作品や食事のメニューを替え、繊細な移ろい感じてもらいたい、というおもてなしの心によるものです。つまり、いつ訪れても24分の1の季節を楽しむ、という贅沢を味わえる、というわけです。
▲客室は、和洋56平米、和56平米、洋56平米、和洋90平米、スパリビング付90平米、スイート110平米の6タイプ。写真は、スパリビング付90平米の内風呂。温泉につかりながら寛げるのが魅力。
こうしたさり気ないホスピタリティこそが、「翠山亭倶楽部定山渓」の魅力。そのひとつとしてご紹介したいのが客室の温泉です。

到着時、湯船にはあらかじめ冷えた源泉が入れられており、ここに熱い源泉を加えると適切な温度になるという仕組み。というのも、定山渓温泉は約70℃の高温のため、初めから湯船に張ると加水しなくてはならず、それでは天然温泉100%を楽しんでもらえないのです。天然温泉100%とするために、あらかじめ温泉をはり、それを冷やすという心遣い。こんな、人の姿は見えないけれども、そこにおもてなしの心が感じられるサービスこそが、この宿がもつ最大の魅力なのです。
▲大浴場のお湯は、肌に近いpH値で、入りやすいと評判。この他、第一寶亭留グループ内の三つの大浴場も利用できる。
さまざまな心遣いによって醸し出される空気感を大切にするため、ゲストラウンジ以外のスペースはBGMを流さず、静謐な空間として保たれているのも、また素敵です。

ゆったりした落ち着きある客室と、北の大地の豊かな食材の饗宴

▲ツインベッドルームと和室10畳、ソファスペース、檜温泉内風呂で構成された「和洋90平米」の客室。
客室は、一番小さい部屋でも56平米。スイートは110平米もの広さで、専用エレベーター付き。大理石の温泉内風呂も備わっています。

また20時以降のラウンジでは一部を除き、アルコールもフリーで提供するという太っ腹。お部屋の冷蔵庫の中も無料という、うれしいオールインクルーシヴスタイルです。
▲総料理長自身が道内の生産地を訪ね、厳選した北海道の旬のおいしいものがズラリと並ぶ夕食。
そして北海道にある宿ですから、お楽しみは夕食です。食材は、総料理長自らが、道内の生産地を訪ね、納得のいくものだけを厳選し提供してくれる旬のもの。メニューは、季節によって変わる会席料理と鉄板焼きから選べるため、連泊しても異なる美味を味わえます。

会席料理は期待を裏切らないお造り、ウニとイクラのにぎり寿司からフレンチの手法をも取り入れた創作和食が並びます。ちなみに、取材時は、お造りが苫小牧産の北寄貝や釧路産のヒラメなど地元の海の幸を盛り合わせたものがならびました。
▲神内和牛や富良野牛など、火入れのタイミングを見計らったステーキも絶品。
鉄板焼きのほうは、火入れのタイミングを見計らった北海道産牛のステーキが柔らかくお見事。神内和牛のロースと富良野牛のヒレ、2種類の食べ比べも楽しめます。

サービス、空間、料理に温泉。総合力が高く、まさに優れた宿「翠山亭倶楽部定山渓」。リピーターが多いということからも居心地の良さのほどが伝わります。本当にオススメのお宿なのですよ。

◆翠山亭倶楽部定山渓  Suizantei Club Jyozankei

住所/北海道札幌市南区定山渓温泉西2-10
アクセス/札幌方面より国道230号
HP/www.club-jyozankei.com
ご予約・お問い合わせ/TEL 011-595-2001

●料金/3万円~(1名・1泊2食付き)

この記事が気に入ったら「いいね!」しよう

LEON.JPの最新ニュースをお届けします。

RECOMMEND FOR YOUおすすめの記事

    RELATED ARTICLES関連記事

    SERIES:連載

    READ MORE

    買えるLEON

      SPECIAL

        見えないおもてなしの心がロマンを醸す、大人だけに許された定山渓の隠れ宿 | 旅行 | LEON レオン オフィシャルWebサイト