• TOP
  • STAY&TRAVEL
  • 訪れる人を虜にする特別な空間「アマネム」で過ごす別格のラグジュアリーとは

2020.08.02

訪れる人を虜にする特別な空間「アマネム」で過ごす別格のラグジュアリーとは

伊勢志摩国立公園内の英虞湾を望む高台に位置する「アマネム」は、環境と食材、温泉といったこの地ならではの自然の恵みと文化を満喫できる特別な宿です。

CREDIT :

文/いとうゆうじ

▲客室の大きな窓からは、英虞湾や庭園など自然の豊かさが堪能できる。写真は、ソラヴィラのリビング。
今回は伊勢志摩へ向かいました。そうです、あの「アマン」の天然温泉を有するリゾート「アマネム」での、お泊まりドライブデートです。

「アマン」といえばラグジュアリーリゾート王道の宿。その日本でふたつめの施設となる「アマネム」にステイとなれば、断る女性がいるのかしら、というほどに魅惑的なお誘いとなるはずです。

なにせ、地域性を重視した建物の造りや家族を迎えるかのようなおもてなし、そして“御食国(みけつくに)”と呼ばれる伊勢を中心に日本が誇る食材をふんだんに使った料理の数々――。単に贅沢ができるだけでなく、五感をとおして滞在を楽しむ。忘れられない旅となることはうけあいなのですから。

「アマネム」に泊まると誰もが“ジャンキー”!? というほど、クオリティの高いリゾート

「アマン」をこよなく愛するリピーターを“アマンジャンキー”と呼ぶそう。もうですね、一度泊まると「アマン」じゃないとダメ。それくらい特別なリゾート体験ができる、ということです。ここ「アマネム」もその例に漏れず、あらゆるところが別格なのです。

屋外のインフィニティプール然り、広大な敷地に点在する美しい建築物然り、どこを取ってもスケールの違いは明らか。時間の流れさえも別モノです。
PAGE 2
まずそのデザインは、「アマン東京」を手がけたケリー・ヒル氏によるもので、神聖な地・伊勢という土地にふさわしい建築物。和の美意識とモダンエッセンスが見事な調和を見せています。

日本の伝統的な民家をテーマにデザインされた美しい瓦屋根の角度、伊勢志摩という地域色を理解したうえでモダンにアレンジされた平屋建て。これぞ、まさに、和の美学を反映したものです。
その考えは客室も同じで、すべてが同様の外観をもつ平屋造りとなっており、天井高を十分に取った空間と大きなガラス窓によって開放感抜群です。

客室は24室のスイートと4棟のヴィラ。スイートはすべて99平米もあり、ガーデンビューの「モリ」、英虞湾を一部望む「ソラ」、森と海を見渡せる「ナギ」の3タイプです。

ヴィラはすべて2ベッドルームで、驚きの366平米という広さ。なかでも2020年4月に誕生した「ツキヴィラ」は専用の露天風呂と内風呂を備えた東屋“Onsen HANARE” を持ち、温泉三昧を心ゆくままに 堪能できる設計になっています。
▲春には桜を愛でながらフレッシュな温泉を堪能できるツキヴィラ専用の東屋“Onsen HANARE” 。
そして、すべての客室には、広々とした占有の浴室があり、温泉に浸かったあとは縁側を彷彿させるテラスのデイベッドでもくつろげます。これが、もう、よそでは味わえない快適さ。
▲水着で利用する天然の温泉水を使った屋外温浴施設「サーマル・スプリング」。温度が異なる二つの温泉で温冷浴することで代謝がアップ。
敷地内には、水をテーマにした「アマン・スパ」があり、まるで神宮の庭園のような素晴らしい眺め。温泉の使ったバーデンプル型施設「サーマル・スプリング」では、彼女と一緒に、水着で温泉遊びを楽しめますよ。

スパ施設「トリートメント・スイート」などの施設も充実。そのトリートメントも伊勢志摩流で、三重の特産物である抗酸化作用に優れた海藻や真珠を使ったメニュー、アマンオリジナルのスキンケアを使ったトリートメントも経験できます。
▲アマン・スパでは、季節ごとに心身が必要とする和漢植物を使ったトリートメントが体験できる。夏は、地元で採れたビワの葉とレモングラスで心身を浄化し、ハッカとラベンダーのエッセンスオイルでボディマッサージ。
PAGE 3

食はもちろん、過ごす時間も、伊勢志摩のならではの魅力を大満喫

英虞湾を一望できるダイニングでの食事も、ならではの魅力がいっぱいです。

夕食は、地元産に加え世界中の“とにかくおいしいもの”にこだわった食材を使う日本料理。食材のひとつひとつを繊細な出汁の風味がつなぎ合わせた料理は、本当に最高。特に、お造りでいただいた伊勢まぐろは、ふわりとした食感ととろけるような旨味が絶品です。
なお、取材時は、シメが魚沼産コシヒカリを使った「秋味、いくらの釜炊き御飯」。ただでさえたっぷりのいくらに、別盛りの“追いいくら”まで登場するという、うれしいサプライズに思わず歓喜。このように、四季折々の驚きがあるのも「アマネム」ならでは、ですね。
▲大きな窓から大自然が臨める開放的なダイニング。
朝は、オススメの「和箱朝食」。白いお米は熊野古道米、鯵の干物は自家製、大和地鶏のローストなど食材はすべて三重県産。地の物の滋味溢れるエネルギーを美味しくいただき、帰路までしあわせな旅の余韻に浸り続けられますよ。
▲季節ことに彩りを変える森の向こうには、真珠筏が浮かぶ英虞湾。
こんなふうに、風光明媚な立地も含め、すべてのクオリティが高い「アマネム」。ここでないと体験できない時間がある。それゆえゲストは、ついジャンキーになってしまうのですね。

◆Amanemu アマネム

住所/三重県志摩市浜島町迫子2165
アクセス/東京から車で約6時間30分、大阪から約4時間30分
HP/www.aman.com/ja-jp/resorts/amanemu
ご予約・お問い合わせ/TEL 0599-52-5000

●料金/11万円(税サ別)~

この記事が気に入ったら「いいね!」しよう

LEON.JPの最新ニュースをお届けします。

SPECIAL

    おすすめの記事

      SERIES:連載

      READ MORE

      買えるLEON

        訪れる人を虜にする特別な空間「アマネム」で過ごす別格のラグジュアリーとは | 旅行 | LEON レオン オフィシャルWebサイト