• TOP
  • STAY&TRAVEL
  • 全方位にこだわりアリ。噂の新ホテル「メズム東京、オートグラフ コレクション」に泊まってみた!

2020.06.28

全方位にこだわりアリ。噂の新ホテル「メズム東京、オートグラフ コレクション」に泊まってみた!

2020年4月27日、竹芝のウォーターフロントに「メズム東京、オートグラフ コレクション」がオープンしました。これまでの東京のラグジュアリーホテルとは明らかに違う“こだわり”の裏に潜むストーリーとは?

CATEGORIES :
TAGS :
CREDIT :

写真・文/古関千恵子 写真協力/メズム東京、オートグラフ コレクション

▲16階のロビーおよびバー&ラウンジ。流れる音楽はBGMではなく、FGM。ゾーンや時間帯ごとに雰囲気に合わせた選曲になっています。
2020年4月27日、新型コロナ禍でオープン延期が続くホテル業界にあって、果敢に開業を果たした「メズム東京、オートグラフ コレクション」。

竹芝のウォーターフロントに立つこちらは、これまでの東京のラグジュアリーホテルとは、明らかに“何か”が違います。その“何か”は、言葉にするのがちょっと難しい。視線を投げた先のあらゆるものに込められた、裏ストーリー的こだわりを、ひとつひとつ紐解くうちに、じんわりと効いてくるものなのです。

竹芝に誕生した、JR東日本グループとマリオットがタッグを組んだ新ホテル

JR東日本グループの「日本ホテル株式会社」と、世界最大のホテルグループ「マリオット・インターナショナル」が手を組んだ、新ブランドのホテル「メズム東京、オートグラフコレクション」(以下、メズム東京)。マリオットが抱える数あるホテルブランドの中でも、個性を大切にしたオリジナリティ溢れる独立系ホテルを集めた「オートグラフ コレクション」の一員として、デビューしました。

場所は新しく竹芝に誕生した複合施設「WATERS takeshiba(ウォーターズ竹芝)」のタワー棟の高層階(16~26階)になります。
まず、この立地が素晴らしい。東京のホテルの眺望といえば、えてして、高層ビル群。夜はたしかにネオンや首都高のライトがきれいだけれど、昼間は味気の無い眺めだったりします。それが、メズム東京は近くに浜離宮の日本庭園と、東京湾の水辺の景色。少し距離を置いて、都会のビル群が控えています。東京のど真ん中にいながら、憩えるのです。

このシチュエーションをN.Y.のセントラルパーク近くのホテルに例える声にうなずきつつも、浜離宮は生粋の和情緒。いわば、お江戸とスカイツリーきらめく21世紀の東京が、ガチャン!と一体になっているのです。しかも、浅草や台場、羽田空港などを結ぶ水上バス停も整備。アクセスの利便性のみならず、東京を海からも満喫できるのです。
PAGE 2

メズム東京へ潜入! 数々のこだわりは1度のステイで網羅するのは至難⁉

メズム東京の“メズム”とは、「Mesmerise(魅了する)」から生まれた言葉。そして、コンセプトは“TOKYO WAVES”。

「東京をとりまく空気感、人々の流れ、伝統と革新の融合、新しい価値基準など、変化する東京の“今”に根ざしたサービスやコンテンツを展開することにより、ゲストに新たな発見を提供する、次世代に向けたラグジュアリーなホテル」を目指しています。

うん、わかったような、わからないような……? それが、実際に訪れて、マクロからミクロの目線に切り替えてみると、五感を魅了する、こだわりやアイデアが、てんこ盛りになっているのがわかります。
ロビーのある16階へ。エレベーターの扉が開くと、ふわりと香りに包まれます。これは、フレグランスプロデューサーの石坂将さんが手掛けたオリジナルの香り「tokyo CITRON(トーキョーシトロン)」。シトラスがベースになった爽やかさとなつかしさを思いおこさせます。この香りは春・夏のバージョン、秋・冬にはスパイシーな香りが楽しめます。

エレベーターホールに一歩出て、ロビー方面へ向くと、窓の向こうにそびえるスカイツリーがスコープを覗くように視界に入ってきます。
PAGE 3
ロビーには強度の強いミウラ折り(東京大学宇宙航空研究所の三浦公亮さん考案)のオブジェが飾られています。うねりのような波を感じるフォルムで、色はテーマカラーの“ミッドナイトブルー”。

そしてロビーの一角に置かれている荷物を運ぶカートがさり気なく、すごいのです。シグネチャーカラーのミッドナイトブルーに合わせたコッパー(銅)や人工大理石、レザーなどを使い、アールヌーボーをベースとしたデザインになっています。透かし彫りや車輪を目隠しするなど、実は職人技も結集されています。
カートのてっぺんに乗っているコッパーのしずく型は、1階のエントランスのカーペットと連動したデザイン。しずくが16階から落ちて、1階のカーペットに波紋を作っているという仕掛けです。ぎりぎりまでおもねらず、おそらく日本で一番高額なカートになったかもしれません。

ロビーやバー&ラウンジは音響にこだわり、見た目にジャマにならず、高音質を実現したスピーカー&パワーアンプやマトリクスプロセッサーを導入しています。そして終日、「TOKYO WAVES」をイメージした音楽が、BGM(バックグラウンドミュージック)ではなく、FGM(フォアグラウンドミュージック)として流れています。

ファッションも、東京の“今”を伝える重要なファクター。オリジナル・ユニフォームは、モードなヨウジヤマモト社「Y’s BANG ON!」とコラボし、足元はドクター・マーチンのワークブーツ。黒でまとめたシャープな印象です。

ゲスト一人ひとりへのパーソナルな「スターサービス」

メズム東京では、接客スタッフを「スターサービスクルー」と呼びます。

このホテルにおいてスタッフはゲストと共に体験を作っていく、キャストのような存在。ならば、スターのように輝いていてほしい。また、古来より北極星が道しるべになったように、ゲストを導けるようにと、対面での接客サービスを行う部署を「スターサービス」と呼んでいます。
「スターサービス」のロゴデザインは、羅針盤と五芒星、波をモチーフに、ミッドナイトブルー&コッパーで仕上げたもの。あらゆる場所に「Y's BANG ON!」のユニフォームを身にまとったスターサービスクルーがスタンバイしているので、気軽に声をかけてみてください。

また、メズム東京では「ワンストップサービス」という、どのスターサービスクルーも宿泊やフード&ビバレッジなどの垣根なく対応できる、スキルを備えています。担当を探す必要がなく、すぐにリクエストに応じてもらえます。
PAGE 4

絶景バー&ラウンジの独創的なカクテルは全制覇したくなる!

ロビーフロアにある、バー&ラウンジの「ウィスク」はホテルのバーの領域を越えた、「アーティストのアトリエ」がテーマのミクソロジーバーです。

18種のオリジナル・カクテルは、誰もが知る名画からインスパイアを受けたユニークなもの。たとえば、「ヴィーナス」は木箱のフタを開けると、スモークとアロマの中に貝殻に乗ったグラスが登場。エルダーフラワーをベースにしたテイストも女性ウケしそうです。どれもクラフトマンシップを感じる“作品”のようなカクテルである上に、メニューからしてアートブックのよう。ゴッホの「ひまわり」や、ムンクの「叫び」、北斎など、ジャンルも発想も多彩です。
そしてなにより、「ウィスク」ではフルハイトの窓から広がる浜離宮&東京湾、そして遠くにスカイツリーがそびえる眺望がごきげんです。訪れた日のサンセットには生ピアノの演奏があり、ゆったりとした時間帯に心地よかったです。ちなみにラウンジのグランドピアノは1963年製、日本のモダニズム建築にも影響を与えた建築家アントニン・レーモンドがデザインしたものです。

また、コンセントがあちこちにあり、Wi-Fiも飛んでいるので、ちょっとした仕事もこなせるソーシャルな場でもあります。カバーチャージなく利用できるのも、ポイントです。

「原価、大丈夫?」とお客もたずねる、1コース限定ディナー「シェフズ・シアター」

ビストロのようなカジュアルな雰囲気ながら、伝統的なフランス料理をスタイリッシュにアレンジしたメニューを供する「シェフズ・シアター」。

総料理長の隈元香己さんは、フランス料理界の権威あるコンクール「第64回プロスペール・モンタニェ国際料理コンクール」にて、日本人として二人目、日本在住の日本人シェフとしては初の優勝を飾った方。
ディナーは5品からなる、ひとつのコース料理にしぼり、全力を投入。それぞれの皿で五感に働きかけます。たとえば、見た目に美しいアミューズブッシュで視覚、デザートではパリパリ、サクサクッと音が楽しい聴覚など。

ディナーコースは9000円。丁寧な仕事ぶりにゲストから「値段、大丈夫?」との声も出るとか。それも、1コース限定ゆえに食材のロスが少なく、手間のかけ方も集中できるわけです。

ソムリエはあえて置かず、美味しいことを前提にしたラインナップ。ジャケ買いのように、エチケットのデザインでチョイスするのもアリです。
PAGE 5

広さ40平方メートル以上、こだわりを詰め込んだ全265室

客室フロアは17~26階、全265室。部屋タイプは、宿泊が人生の一幕であるように、という思いから「チャプター1」から「チャプター4」に分けられています。広さは40平方メートル以上、リゾートホテルのようなゆったり感があります。

「チャプター1」は基本のエントリークラス。「チャプター2」は真ん中にシンクを置く、ユニークな間取りと、景色が楽しい角部屋の2タイプ。全部で7部屋ある「チャプター3 スイート」は95平方メートルのバルコニー付きスイートルーム。最上階に1室のみの「チャプター4 スイート リュクス」は広さ180平方メートル(バルコニーの60平方メートルを合わせると240平方メートル)!

客室の中にも、こだわりはたっぷり。

入口で迎えてくれるベアブリックのアートは、特殊なニンジャインクが使用され、フラッシュを焚いて撮影すると、“笑顔のだるま”が浮かびあがります。ベアが乗っているのは床の間用のタタミで、この職人さんは日本に4人しかいないのだとか。
歯みがきやバブルネットなどのアメニティが入ったボックスは、大航海時代をイメージした絵が描かれた、心躍る冒険小説のよう。猿田彦珈琲のスペシャルティコーヒーや、ペコちゃんのミルキー、マカロンラスクなど、「THE BLEND」とプリントされたお菓子や飲み物は、オリジナルのコラボアイテム。BULK HOMME(バルクオム)プロデュースのオリジナルバスアメニティや、ミッドナイトブルーのインクの筆ペン、黒電話など、個性的な小物がメズム東京らしさを発揮しています。
そして、インパクト特大なのが、全室に置かれたキーボード。88鍵の本格仕様で、演奏補助機能が付き。初心者でもピアノに触れるいい機会になるでしょう。もちろんピアノを得意とするなら、女子を落とすキラーアイテムとなること、間違いなし。なぜって、ピアノは本能的に女性のココロに働きかける、モテる楽器ナンバー1なのですから。

24~26階のゲストルームにお泊りの方は、25階にあるラウンジルームへアクセスできます。ここのデッキテラスからの開放感あふれる眺望も爽快です。

これだけホテルの細部まで思い入れを詰め込むことができたのも、クリエイティブディレクターの小泉堅太郎さんが、総支配人の生沼久さんの直属にいたおかげ。生沼さんの思いつくアイデアやイメージを、小泉さんが具体的に形にする工程がスピーディなのです。
メズム東京は、パッとわかりやすいアイコンというより、ちりばめられた仕掛けをひとつずつ発掘していく楽しさがあります。宿泊だけでなく、食事に出かけたり、あるいは近隣の劇団四季の観劇後にバーで余韻を味わったり。東京在住者もソーシャライズな場として気軽に利用できる、ラグジュアリーホテルです。

メズム東京、オートグラフ コレクション

住所/東京都港区海岸1丁目10番30号
HP/https://www.mesm.jp/

●ホテルで巣ごもりができるプライベート宿泊プラン
https://www.marriott.co.jp/hotels/hotel-deals/details/tyoam-mesm-tokyo-autograph-collection/1354490

●料金/7万1346円~(1泊1室2名、税・サ込、朝食込)

この記事が気に入ったら「いいね!」しよう

LEON.JPの最新ニュースをお届けします。

RECOMMEND FOR YOUおすすめの記事

    RELATED ARTICLES関連記事

    SERIES

    READ MORE

    買えるLEON

      SPECIAL

        全方位にこだわりアリ。噂の新ホテル「メズム東京、オートグラフ コレクション」に泊まってみた! | 旅行 | LEON レオン オフィシャルWebサイト