2022.07.28

【大人の野外デートに♡】モテるキャンプ場4選

雄大な自然に癒されつつ、サバイバルな男らしさもアピールできるキャンプデート。ビギナーの彼女も気軽に誘えるグランピング施設や、モテる高規格キャンプ場をピックアップしました。

CREDIT :

文/大塚綾子

都会の喧騒からするりと逃れて、ダイナミックな自然にエスケープ。非日常の空間だからこそ、お互いの新しい一面を発見できたり、焚き火を眺めながらいつもよりもゆっくり語り合えたり……。

大人のキャンプデートは、ラグジュアリーに過ごせるかがポイントです。手ぶらで楽しめるグランピングや、ハイスペックなキャンプ場など、LEON編集スタッフ&アウトドアブランド広報のおすすめデートスポットを大公開!

プールやバーも併設! キャンプなのにホテルのように過ごせます

都心からクルマを走らせることわずか1時間、静かな森に佇む「TOKYO CLASSIC CAMP」は、日本初の本格的なカントリークラブ「東京クラシッククラブ」の一角にあるメンバーシップ制のアウトドアフィールド。北欧から取り寄せた常設のグランピングテント6張に加えて、まるでミニホテルのような冷暖房完備の木造キャビンが大小合わせて5棟併設。

プライベートプールで優雅に泳ぐもよし、夜はクラブハウスのバーでくつろぐもよし。広大な森の中で、豊かなカントリーライフを過ごせます。サムギョプサルやTex-Mex、アクアパッツァ、窯焼きのピザなど、食事のメニューもバラエティ豊か。朝食やデザートが充実しているのも、女子にはうれしいポイントです。
「グランピング施設としては、『交通の便』、『食事の質』、『施設の清潔感』など、すべてが高クオリティでおすすめできます。敷地内にはプールやバーもあり、いわゆるキャンプ! じゃない都会派な女性には抵抗が少なく、キャンパーな女子にも、いつもとは違った体験を提供できます。会員制なので、ここのメンバーであることもアピールポイントになりますよ」(LEON編集長代理・堀川正毅)

体験宿泊キャンペーンも開催されているので、気になる方はHPからお問い合わせを。

TOKYO CLASSIC CAMP

住所/千葉県千葉市若葉区和泉町363-3
TEL/043-488-6211
料金/入会金22万円、年会費5万5000円(入会審査あり)
※宿泊施設レンタル料+施設使用料(1泊・1名6600円)+オプション(1泊2食付・1名5500円など)。
https://tokyo-classic-camp.jp

PAGE 2

子供の頃に憧れた木の上の秘密基地で、彼女もアナタもワクワク♡

まるで子供の頃に憧れた木の上の秘密基地! 一日一組限定の「TREE CAMP」は、環境に優しい循環型のキャンプフィールド。森の中に突如現れる広々としたウッドデッキには、ツリーハウスやテント、ハンモックを併設。まるで物語の中に飛び込んだような風景に、アナタも彼女も胸が躍るはず。

「森の中に溶け込むようにデザインされたツリーハウスや、アウトドアリビングの誂えがとてもお洒落。ウッドデッキなので、都会で暮らす人たちにも過ごしやすい造りです。隣接する畑でオーガニック野菜を収穫して食べられたり、地産地消で環境に配慮した運営をしているところも心地いい。

せっかく自然を感じに来ているのに、逆に自然を破壊しているようなキャンプ場やホテルも多いなか、きちんと環境に配慮しているコンセプトで心もカラダも気持ちよく過ごせる施設です」
(エディター・遠藤加奈さん)
クルマで3分の距離には温泉街があり、Eバイクをレンタルして、外湯巡りができるツアーも。ほかにも近隣の湖でのSUPツアーなど、アクティビティも盛りだくさんです。

循環型のフィールド創りを目指しているため、電気はソーラー型発電。炊事場はなく、ゴミはすべて持ち帰り。少々不便に感じる点にこそ、改めて環境について考えるきっかけが見つかるはず。とことん楽しくちょっと真面目に自然と向き合って、地球とふたりの未来を描いてみませんか?

TREE CAMP

住所/長野県下高井郡野沢温泉村豊郷9254(野沢温泉村 七良兵衛珈琲にてチェックイン)
TEL/なし
料金/平日3万円〜、土祝日・ハイシーズン3万5000円〜(3〜4名用テント2張、人数分のマット&寝袋セット、BBQグリル、椅子、テーブル、畑で収穫される旬の野菜を含む)
※大人6名まで。7名以上は1名につき5000円追加。
※最大収容人数15名。
https://www.nozawagreenfield.com/tree-camp

PAGE 3

有名シェフ監修のキャンプ飯キットあり。アウトドアで一流の味に舌鼓!

キャンプの聖地、山梨県・道志川沿いにたたずむ『水源の森 キャンプ・ランド』は、MOUNTAIN RESARCHを主宰する小林節正氏がプロデュースするキャンプ場。

直火OKの「OPEN FIRE」や芝生が気持ちいい「GREEN GRASS」、ワンコ連れでキャンプができる「DOG RUN」など、さまざまなニーズに応えるサイトを展開。お洒落キャンパーに人気のノルディスクのテントを常設したサイトは、なんと広さ220㎡のゆったり区画。レンタル用品やクラブハウスも実にスタイリッシュなのです。
「キャンプと言えばBBQ。多くの人が好きだとは思いますが、『どれも同じ……』なんて、印象を持っている人も、実は少なくないのでは。

ココはミシュラン1つ星を13回も獲得しているリストランテ ホンダの本多哲也シェフ、ピエール・エルメ氏などなど、有名シェフが監修するキャンプ飯キットの用意があるので、オープンエアーで一流の味を堪能できます。これならお気に入りのワインともマッチしますよ」
(LEON編集長代理・堀川正毅)

クリエイティブな視点から「食」をプロデュースする「あめつち」とコラボレーションしたキャンプ飯キットは、予約時にオーダーしておくべし。簡単な調理で一流プロの味を再現できるので、満足しない彼女はいないでしょう。

水源の森 キャンプ・ランド

住所/山梨県南都留郡道志村馬場5821-2
TEL/070-2673-1122
ノルディスクテント料金/平日2万2000円〜、土日祝3万3000円〜(テント、タープ、椅子2脚、コット1台、氷2杯、炭2杯、薪1束、焚き火台、トング、着火剤も含む)
※最大収容人数8名。
https://www.doshisuigen-mori.com

PAGE 4

白馬の大自然を前に、手ぶらでグランピングデートが叶いマス

キャンプブームの火付け役、スノーピーク直営の『スノーピーク ランドステーション白馬』。

白馬三山の雄大な光景を望む広々とした敷地にあるのは、手ぶらでも利用できるキャンプ場、国内最大規模のスノーピーク直営店、地産地消のレストラン雪峰、スターバックスコーヒー、野外イベントエリアなど、野遊びの楽しさが詰まった複合施設。利用者のニーズに合わせてさまざまな宿泊プランがあり、ビギナーからリピーターまで幅広く楽しめます。
「デートにおすすめしたいのは、白馬の自然を存分に楽しめるレンタルプラン『Snow Peak GO コンフォートプラン』。1日1組限定で、設営済みのロッジ型シェルターテント内にキングサイズのベッドを完備。

『レストラン雪峰』でのディナーや朝食、近隣にある『みみずくの湯」の入湯券がセットに。ストレスフリーでグランピングデートを楽しめます」
(スノーピーク広報・木下雄斗さん)

スノーピーク ランドステーション白馬

住所/長野県北安曇郡白馬村大字北城5497
TEL/0261-75-1158
「Snow Peak GO コンフォートプラン」料金/1泊大人2名5万3900円〜(2食・温泉チケット・焚き火付、税込・サービス料別)
※最大収容人数4名。
https://www.snowpeak.co.jp/landstation/hakuba

オススメしてくれた人はコチラ

● 遠藤加奈(えんどう・かな)

元LEON編集部の旅担当で、昨年末フリーエディターに。アマゾン川からゴールデントライアングルまで、世界中のラグジュアリーリゾートを訪れた経験がある。

● 木下雄斗(きのした・ゆうと)

野遊びと古着をこよなく愛するスノーピークの広報担当。7/30には、KITTE丸の内の直営店が「スノーピーク ランドステーション東京」としてリニューアルオープン。

● 堀川正毅(ほりかわ・まさき)

1977年、西ドイツ生まれ。フィリピン育ち。大学卒業後、ソフトバンクのグループ会社に入社。2006年、主婦と生活社に入社し、LEONに参画。趣味はゴルフ&キャンプ。

※掲載価格はすべて税込みです

デートプランに役立つ特集はコチラ

PAGE 5

この記事が気に入ったら「いいね!」しよう

LEON.JPの最新ニュースをお届けします。

SPECIAL

    おすすめの記事

      SERIES:連載

      READ MORE

      買えるLEON

        【大人の野外デートに♡】モテるキャンプ場4選 | 旅行 | LEON レオン オフィシャルWebサイト