• TOP
  • STAY&TRAVEL
  • キトキトな富山湾の魚介と地元食材の絶品料理を味わう、ラグジュアリーな山岳リゾート

2019.12.15

キトキトな富山湾の魚介と地元食材の絶品料理を味わう、ラグジュアリーな山岳リゾート

全11室のみの「ホテル森の風 立山別邸 四季彩」は、なにひとつ妥協することなく極上の山岳リゾートを楽しめる拠点として人気の宿。富山の美食と美人の湯が、贅沢なステイを約束してくれます。

CATEGORIES :
TAGS :
CREDIT :

文/いとうゆうじ

今回、クルマを走らせたのは、富山県にある立山連峰。首都圏から出発すると一度、日本海に出て北陸道を富山方面に向かう約 5時間のロングドライブとなりますが、名古屋からは約3時間、大阪方面からも約4時間半でアクセスが可能。それをふまえると、中部、関西のオヤジさんにも、ぜひオススメしたいエリアなのですね。
そして、お泊まりトライブデートの宿泊地として選んだのは、「ホテル森の風 立山 別邸 四季彩」。立山黒部アルペンルートの麓に位置するこちらのホテルは、広大な自然に抱かれた環境も魅力。その非日常の風景のなかに身を置けば、本当に些細なことなど気にならない、そういう和やかムードがふたりをもてなし、癒やしてくれますよ。

富山ならではの山海の幸を大満喫。掛け流しのピュアな温泉もたまりません

立山黒部アルペンルートの富山側にある「森の風 立山」は、山岳観光の拠点となるリゾートホテル。そして、通常なら観光が目的になるところを、ゆっくりと時間を過ごしてもらうため、2015年に誕生したのが、「立山別邸 四季彩」。全11室のみの露天風呂付き離れです。

その建物の造りが、お忍びの旅にはうってつけ。まあ、それは、のちほどお伝えするとして……。多くのゲストから高評価を得ているのが地の利を活かした料理の数々です。
なにせ、“天然の生け簀”と呼ばれる富山湾は、深さ1000 m以上で、獲れる魚の種類は200種類以上。しかも漁場から港までの距離が近いため、“キトキト(新鮮)”な素材が届くわけです。

さらにこちらでは、料亭などと同じ下処理が施された魚介を厳選して仕入れているため格別に美味。また山も近く、飛騨牛や北陸産和牛、秋になればきのこ類など、山海の幸のいいとこ取りができるのですね。
で、そんな旬の食材を使った夕食は、こだわりの創作和食。取材時は飛騨牛と北陸産和牛の食べ比べも登場して大満足。ちなみにシメは富山産こしひかりの雲丹ごはんでした。

旅の醍醐味である美食を楽しんだら、各部屋に備わっている露天風呂で源泉掛け流しの温泉をどうぞ。透明ながらとろみのあるアルカリ性単純硫黄泉は美肌の湯としても知られ、湯上がり肌はとってもスベスベです。
PAGE 2
これまで山岳観光地というと、滞在環境は多少ハードなことは覚悟のうえ、でしたが、「別邸 四季彩」では極上料理に、温泉まで楽しめる。そんな新しい立山の魅力を堪能できるお宿なのですよ。

目の前には立山連峰、夜は満天の星空。お籠りしながら大自然も楽しめます

▲クルマでそのまま横付けできる造りなので、お忍びにうってつけ。
先ほど、お忍びにはうってつけ、と申しましたが、その理由となるのが「別邸 四季彩」の造りです。本館のホテルとは別に専用門が設けてあり、クルマでそのまま客室前に横付けできます。これならプライバシーを気にすることなく、ゆったりのんびり過ごせますよね。

また別邸の敷地は黒塀に囲まれた和庭園で、客室は全11室のみ。よって静かに極上の寛ぎを得られるというわけです。
客室のバリエーションは4 タイプありますが、すべて木造となっているのは、温泉旅館ならではの落ち着いた雰囲気を味わってほしいという計らいによるもの。
客室露天風呂は、檜風呂もしくは陶器風呂というように、部屋によって異なる設え。湯上がりはウッドデッキで夕涼みが楽しめます。また周囲に灯がないため、星空の美しさも格別なのですよ。

そして目の前に広がるのは、立山の壮大な山並みですから、客室にいるだけで、のんびりほっこりとした時間が楽しめるというわけです。
PAGE 3
▲本館は客室60部屋ほどの大きなホテル。卓球台があったり、露天風呂があったりするので、こちらを楽しむのも一興。
翌日はアルペンルートや黒部ダム、もしくは世界遺産である五箇山観光というプランもオススメ。ホテルからクルマで約20分の距離には落差日本一といわれる、称名滝もあり間近でその迫力を体感できます。いずれのエリアもこちらを拠点にすればアクセスも便利なうえに、ステイも快適ですから、旅そのものがラグジュアリーになるのは言わずもがな。

できれば2泊くらいして、昼は周辺観光、夜は温泉に浸かってウッドデッキで星空を見上げる、 なぁんて過ごし方をしてみてはいかがでしょう。これまでにない素敵な山岳リゾートステイが満喫できます。
なお、客室には、ロングヘアの仕上げには欠かせないくるくるアイロンも完備。浴衣も好みの柄を選べるなど、女性が快適に過ごせる配慮があって、オヤジさんにもうれしい限り、ですな。

◆ ホテル 森の風 立山 別邸 四季彩

住所/富山県富山市原3-6
アクセス/ 北陸自動車道・立山IC〜約40分
URL/www.morinokaze-tateyama.com

ご予約・お問い合わせ/076-481-1126

●料金/2万7000円~(1名・1泊2食付き)

この記事が気に入ったら「いいね!」しよう

LEON.JPの最新ニュースをお届けします。

RECOMMEND FOR YOUおすすめの記事

    RELATED ARTICLES関連記事

    SERIES

    READ MORE

    買えるLEON

      SPECIAL

        キトキトな富山湾の魚介と地元食材の絶品料理を味わう、ラグジュアリーな山岳リゾート | 旅行 | LEON レオン オフィシャルWebサイト