• TOP
  • STAY&TRAVEL
  • 浜名湖を眺めながら遠州灘の高級魚介を味わい、茶の香りの湯に癒される宿

2019.09.01

浜名湖を眺めながら遠州灘の高級魚介を味わい、茶の香りの湯に癒される宿

館山寺温泉のホテルを2013年から次々にリニューアル。7階建ての広い建屋をわずか33部屋にしたため空間が贅沢で、大人がゆったりと寛げる宿となった「星野リゾート 界 遠州」。食事も居心地も抜群。東京からも大阪からも3~4時間の距離で、行きつけにするのに最適です。

CATEGORIES :
TAGS :
CREDIT :

文/福田 豊

今回訪れたのは静岡県の浜名湖にある「星野リゾート 界 遠州」。その名の示すとおり、あの星野リゾートがリノベートした宿です。

星野リゾートといえば、女子ウケが良いことで有名。しかも、浜名湖は関東からも関西からも、お泊まりドライブデートの行きつけにするのにちょうどの距離。となれば、これは覚えておいて損はない、と。

で、結論から言うと、本当に素晴らしい宿でした。

浜名湖の眺めに、遠州綿紬の設えに、ゆったりとふたりで寛ぐ

実はこの宿、かつては団体客の御用達でもあった大型ホテル。それをたった33部屋にリニューアルしたため、空間のラグジュアリー感が満点なのです。

部屋の基本は和モダンで、木肌を生かした落ち着いた雰囲気。浜名湖の湖畔に建っていて、33室すべてがレイクビューなので眺めも最高。特に、夕暮れ時の眺めは格別で、彼女とふたり、ゆったりしっぽり寛げます。
また、すべての客室に、浜松の伝統工芸「遠州綿紬」が設えられているのも、感じがいい。ベッドライナーや障子に、色鮮やで、あたたかなイメージを喚起させる遠州綿紬を見ると、心からほっとできる。
そしてそんな「星野リゾート 界 遠州」でいちばんオススメの部屋が、「遠州つむぎの間 露天風呂付き洋室」。
浴槽のヒバの香りが素晴らしく、それを楽しみながらの浜名湖の眺めはまさに最高。彼女も大満足すること間違いなしです。
またそもそも館山寺温泉の宿であったので、温泉がたっぷりと楽しめる。大浴場は、男女入れ替え制の「湖都の湯」と「華の湯」のふたつ。いずれも、内風呂と露天風呂がある。また、「華の湯」の露天風呂では、無農薬茶葉をぎっしり詰め込んだかごを浮かべた「お茶玉美肌入浴」が楽しめる。茶処ならではの入浴法で、茶の香りに癒され、肌もしっとりすべすべに。

本当に食事が美味しく、とにかく居心地がよいのです

料理も大きな魅力です。浜名湖というと鰻が有名ですが、実は近くの遠州灘は、トラフグの水揚げが日本一。下関に出荷することもあるほどなのです。そんな冬のトラフグはじめとするを遠州灘の旬の魚介や鰻を会席仕立てで味わえる。最高です。
サービスも素晴らしい。例えば、フロントロビーのすぐ脇にある「ティーセラー」には、地元静岡の銘茶の葉が12種類も並べられていて、それを自由に選んで部屋で飲むことができる。つまり、産地や作り手によって変わる、様々な味の違いを実感してもらおう、という趣向。
また「美楽茶」と名付けられた催しは、春はブレンドしたお茶、夏は冷茶、秋は熟成茶、冬は煎茶の飲み比べと、四季折々の煎茶の魅力を再発見するためのおもてなし。スタッフの接客も古き良き日本の宿のような温かさ。要するに、居心地がとっても良くて寛げるのです。

ですからこの宿、大オススメ。恋する大人の男の太鼓判です。

◆星野リゾート 界 遠州

住所/静岡県浜松市西区館山寺町399-1
アクセス/東名高速・浜松西ICから約10分
URL/http://Kai-ryokan.jp/enshu
ご予約・お問い合わせ/☎0570-073-011

●料金/2万2000円~(2食付き/サービス料込・税別)

この記事が気に入ったら「いいね!」しよう

LEON.jpの最新ニュースをお届けします。

RECOMMEND FOR YOUおすすめの記事

RELATED ARTICLES関連記事

SERIES

READ MORE

SPECIAL