• TOP
  • PEOPLE
  • HAPPY BIRTHDAYジョルジオ・アルマーニ!! 天才の軌跡

2021.07.11

HAPPY BIRTHDAYジョルジオ・アルマーニ!! 天才の軌跡

世界に君臨するファッションデザイナー、ジョルジオ・アルマーニ。7月11日は何を隠そうそんなレジェンドの誕生日です。伝説のデザイナーは、今までどんな信念を持って歩んできたのか? この良きアニバーサリーを期に、今いちど偉大な足跡を振り返ってみましょう。

CATEGORIES :
TAGS :
CREDIT :

文/長谷川 剛(TRS)

寛ぎつつ自信を持って服を身に着ける人こそ理想

世界のファッションシーンを席巻し続けるデザイナー、ジョルジオ・アルマーニ。今年で御年87歳を迎えるレジェンドです。ファッションフリークでなくても、その名は耳にしたことがある世界的なビッグネーム。しかし彼が日々どんな信念をもって、これまで服をデザインしてきたかを知る機会は、それほど多くありません。そこで過去の実際の発言から、アルマーニさんの人となりや考え方を、改めて辿ってみたいと思います。

メンズ服の基本といえば英国のスーツが一つの原点。しかし軍服などのテイストを色濃く残したいにしえの英国製スーツは、重厚な威厳を放つ半面、堅苦しさを感じさせるものだったのです。イタリアは主要各国に先駆け、着心地の軽いメンズ服を模索していましたが、1970年代まではまだまだ形式張った旧来の仕立てが主流。そんななか1975年にアルマーニさんは自らのブランドを立ち上げます。後年のインタビューでは当時のことをこう語っています。

「どの服も皆あまりに堅苦しく、誰が着ても同じように見えてしまうものでした。着る人の個性を際立たせ、一人ひとりの身体にフィットする服はないものかと思ったものです。だから創業し、自分の好きな服を手掛けるようになった時、従来の紳士服のスタイルとして厳格に定められていたジャケットの構造を、すべて解体しようと決めたんです。堅苦しい構造のせいで、誰が着ても同じに見えてしまうから。男性の身体に一枚の布をごく自然に掛けてみるなど、いろいろ試してみたのです。それまでは欠点とみなされていた部分には特に留意しました。私の頭にあったのは、既存の構造を解体し、より自由に動きやすくするというものでした」

こういった思考は、ある種医学的でありアナトミックなもの。実はアルマーニさん、デザイナーを志す以前の二年間、ミラノ大学の医学部に通っており、そのとき得た知識や経験が少なからず影響していたのでした。
▲ 1984年の広告から。
PAGE 2
▲ 1989年の広告から。
かくして着心地の良いソフトな構造を持つ革新的なメンズウエアが誕生します。1980年に公開された映画『アメリカンジゴロ』において、主演のリチャード・ギアがアルマーニの服を華麗に着こなしたことが、サクセスの切っ掛けとなりました。

その80年代には数々のファッション賞を獲得し、世界的デザイナーとして知られる存在となったアルマーニさん。彼の人気は各国に広がりましたが、当時を物語るユニークな事例のひとつに、ある俳優にまつわるエピソードがあります。

ジョルジオ アルマーニのウエアにすっかり心酔したジョン・トラボルタは、ある日ミラノのアトリエに突然現れました。そして映画撮影用としてリチャード・ギアのために選定しいていたスーツ40着を、すべて注文していったと言うのです。
▲ 映画『アメリカンジゴロ』において、主人公役のリチャード・ギアが着こなした衣装こそジョルジオ アルマーニ。
▲ 80年代のアルマーニ旋風を切っ掛けに、日本でも「ソフトスーツ」ブームが訪れます。
その後、ファッションシーンは多くの人にとって身近な存在となり、メディアの一角を占める勢力へと発展しました。それに伴い新しいものを探しまわるメディアに加え、派手なコレクションショーの演出、過度な装飾ばかりにこだわるブランドも一気に増加しました。そんな時流に対し、アルマーニさんは多くの疑問を呈すようになったのです。
PAGE 3

もし叶うなら不死身になりたい

「私はどこまでも正直でありたいのです。服を作り、その服を通じて人々と対話がしたい。私のメッセージは飽くまでもジャケットやスカート、それにパンツに込められており、それがすべてです」

ある新聞社のインタビューでは「(アルマーニは、近年少しも)『変わらない』と評されていますが、『変わらない』ということを自ら選んでいるのです。そのことに対して確かに強い意思が必要でした。しかし、それが私の正直な気持ちなのです」と答えています。

天才と呼ばれたレジェンドですが、1990年代は彼にとっても悩みの多い時期でした。そういった意味で当時は“葛藤”の時代であり、“再構築”の時期でもあったのです。つまり1980年代に自身の手で生み出したスタイルこそが原点であり、そして一貫したフィロソフィーであることを確信したというわけなのです。
▲ 2003年の広告から。
PAGE 4
▲ 2004年の広告から。
常に着心地良く美しいスタイルを追い求めてきた孤高の人。2010年代に入り、時代は多様化を求める気運が強く表面化してきました。ビジネスマンであってもスーツに頼らず軽快な装いを選ぶ時代の到来です。さらにコロナ禍という事態も重なり、メンズスタイルの多様化・合理化は一層の拍車が掛かりました。しかしそれはアルマーニさん自身が追い求めた理想の方向性と重なるものであり、時代がようやく彼に追い付いたとも言えるもの。

「私が理想とする男性像は、リラックスして自信を持って服を身に着ける男性です。確固たる個性を持ち、自信に溢れ、何をどのように着れば良いか、服の選び方を知っている人物です」

これはジョルジオ アルマーニがMTM(メイド トゥ メジャー)の展開を本格化させる際に語った言葉です。また、コロナ期間のインタビューにおいては以下のメッセージを残しています。

「私たちは今、フォーマルなものから遠く隔たった時代に生きています。それでも尚、私は依然としてスーツは男性のワードローブにおいて、非常に重要な役割を果たすものと信じています」
▲ 2022年の春夏コレクションから。スカーフの使い方がなんとも洒脱です。
PAGE 5
▲ 2022年の春夏コレクションから。着心地良さそうなスーツスタイルは、リモートワークにも最適!?
自身のスタイルを早くから完成させ、時代に先駆け新しいファッションを次々と作りだしてきたアルマーニさん。そしてその先に続く道には一体何があるのでしょう。弊誌編集長はあるインタビューにおいて、アルマーニさんに以下のように尋ねています。

「たくさんの夢をかなえてきたアルマーニさん。これから何か夢が叶うとしたら、どんなことを願いますか?」。そう聞いて、伝説のデザイナーはこう答えました。

「不死身になりたい」

常に溌剌とした笑顔と颯爽とした身のこなしで男性美を体現するアルマーニさん。まだまだあなたが新しいスタイルを作り出すことを我々は信じてやみません。

本当にお誕生日おめでとう、ミスター アルマーニ!

■ アルマーニ オフィシャルサイト

この記事が気に入ったら「いいね!」しよう

LEON.JPの最新ニュースをお届けします。

RECOMMEND FOR YOUおすすめの記事

    RELATED ARTICLES関連記事

    SERIES:連載

    READ MORE

    買えるLEON

      SPECIAL

        HAPPY BIRTHDAYジョルジオ・アルマーニ!! 天才の軌跡 | 著名人 | LEON レオン オフィシャルWebサイト