• TOP
  • PEOPLE
  • 乃木坂46、堀未央奈は“飽きない美人”である

2017.11.17

乃木坂46、堀未央奈は“飽きない美人”である

乃木坂46、堀未央奈さんが初めての写真集『君らしさ』を発売。スタッフに話を聞くと、撮影時のエピソードを通じて、今どき美人の新しい姿がみえてきました。

CATEGORIES :
文/葛西 桐弥
写真/三宮幹史(堀未央奈写真集『君らしさ』より)
「美人」とひと口に言ってもそこから連想される“美人像”は千差万別。「美しさ」の概念が多様化した現代、そのニーズの受け皿となっているのが「アイドルグループ」ともいえるでしょう。そんなアイドルグループの中でも特に「美人」が多いと言われるのが「乃木坂46」です。

メンバーの堀未央奈さんは現在21歳。今年に入って『ar』でモデル活動も始め現在人気急上昇中の彼女ですが、「不思議」「意外性」「ギャップ」「広い振り幅」など、他のメンバーとは少し違う表現で語られることが多いようです。

11月24日に1st写真集『君らしさ』(小社刊)を発売する堀さん、その制作スタッフに話を聞くと、今どきの「美人像」を探る鍵が見えてきました。

NEXT PAGE2/ 5

透明感あふれるアイドルらしいルックスと、大人な内面の“ギャップ”が「飽きない」

透明感あふれるアイドルらしいルックスと、大人な内面の“ギャップ”が「飽きない」

写真集で彼女のメイクを担当した鈴木海希子さんが「堀さんは肌の透明感が素晴らしい。私がメイク上手なのかなって思っちゃうほど(笑)」と語るように、元々彼女は素肌美人。その透明感のある清楚さが、正統派のアイドルとして大きな魅力になっているのはいわずもがなですが、一方で、今回の撮影を担当した写真家の三宮幹史さんは彼女の印象を「アイドルなんだけど、精神的、内面的に大人っぽい雰囲気をもち合わせている」と語ります。

編集担当の笹沼彩子さんは「撮影前の打ち合わせで『自分が20歳から21歳になるちょうど曖昧な時の、“少女っぽいところもあるけど大人になろうとしている部分”を全部素直に見せたい』と語っていました」と振り返ります。今回は堀さんがモデルをしている女性誌が手がける写真集ですが、アイドルとしての彼女のメインターゲットは男性ファン。「男性ファンにも良いと思ってもらえるように頑張りますと最初から宣言していました。“ほよほよ”して見えるけど実際には超プロ根性がある」と評価します。撮影中は「甘えが全然ない。役割をちゃんと全うしようとする」と堀さんの強いプロ意識を感じたそう。

見た目の清楚でアイドルらしい印象と、内面の強いプロ意識。そのギャップの意外性は、堀さんの大きな魅力のひとつだと言えそうです。

マイペースだけどキャパシティが大きいから仕事をしていて「飽きない」

今回の撮影でも「いつも通り自分のペースでやっていた」(笹沼さん)という堀さん。編集担当の笹沼さんは「彼女はまわりの雰囲気に左右されない独特な空気感を持っているんです」と言います。それは写真家の三宮さんも感じたようです。「撮影以外で話したりするじゃないですか。そこでの僕のちょっとした発言に笑ってくれたかと思えば、1人でフラっとどこかを見に行ったりとか。つかみどころのないミステリアスな部分をもってると感じました」。

ですが、一方でスタッフが口を揃えて「仕事がしやすかった」と振り返るように、周囲にすぐに溶け込んでいくのもまた彼女らしさ。今回の写真集で水着に挑戦した堀さんですが、「特に緊張してる感じもなく躊躇がないんです。今、自分が水着になるべき場面だと理解してるというのか。客観性があるんですね」と笹沼さん。鈴木さんも「(こちらから要望した)イメージを掴むのが上手い。自分の見せ方をわかってる」と言います。自分の立ち位置や、求められていることをすぐに理解できるのは「シングルのたびに立ち位置が変わる世界で、自分がどこにいるのか常に意識してる」(笹沼さん)アイドルならではの能力なのかもしれません。

NEXT PAGE3/ 5

 

ただ最初からスムーズではなかったようで、写真家の三宮さんによれば、「最初ホテルでの朝食シーンから撮影したんですが、ぎこちなさがあって。じゃあちょっと自由に動いてみようってことでお店を出ていくシーンを動きながら撮りました。お店のネオンの前でのシーンを思いつきで撮ったんですけど、それを堀さんが気に入ってくれて。もしかしたらそこがきっかけかも。次のシーンは水着だったんですが、そこではもう信頼関係が出来てたのかなって」と、打ち解けるきっかけになったエピソードを明かしてくれました。

「僕はマイペースな人にガツガツ行きたくなるタイプ(笑)。彼女は仕掛けてもすぐスッと受け入れる。マイペースだけど器量が大きくて撮りやすかった」という三宮さん。自分の世界観をもちつつも、周囲の状況に合わせて対応できる“カンの良さ”。その絶妙な距離感の測り方こそが、人の気持ちを惹きつけて飽きさせない魅力となっているのかもしれません。

NEXT PAGE4/ 5

「キメ顔」がない=どの表情も“キメ顔”だから「飽きない」

「キメ顔」がない=どの表情も“キメ顔”だから「飽きない」

アイドルに限りませんがいつも同じ角度から撮られてみたり、同じ髪型にしていたりと、自分が可愛く見える形にこだわる女性が多いなか、編集者の笹沼さんは「決め顔がないのが彼女(堀さん)の特徴」だと言います。

「いろんな表情ができる子だと思います。メイクで顔が変わるタイプだけど、本人は現場で何も言わず任せてくれます。他人が自分をどう変えてくれるのかを楽しんでるんじゃないでしょうか? お任せで、こだわりがなくモデル根性があるなって思いました」と笹沼さん。メイクの鈴木さんは「すっぴん風のメイクの時に“このメイク大好き、毎日して欲しい”と言われてうれしかったです」とエピソードを教えてくれました。

「内面に自信があるからこそ、こっちに委ねてくれたと思うんですけどね」と三宮さんも語るように、堀さんはどの角度からの撮影、どんな髪型やメイクでも“受け入れてくれる”そう。「素材としての自分」をスタッフに全面的に任せられるのは無駄なこだわりがないから。それは他人に任せて自分の魅力を引き出されることを楽しめる余裕があるから、とも言えそうです。

そして、「キメ顔がないということは、逆にキメ顔がたくさんあるということ」と笹沼氏が語るように、会うたびに違う表情を見せて驚かせてくれる彼女は、ファン目線からも決して飽きることはない存在と言えそうです。

NEXT PAGE5/ 5

安心感のある育ちの良さで、何度デートしても「飽きない」(多分)

安心感のある育ちの良さで、何度デートしても「飽きない」(多分)

笹沼さんは「彼女はナイフとフォークの使い方がすごく上手」と言い、鈴木さんも「食べ方がきれいだなと思っていました」と語るように、育ちの良さを感じさせる上品さも彼女を他のアイドルとは一線を画す存在にしているポイントです。

三宮さんは堀さんを「若さと内面の成熟と品の良さのバランスが取れてる」と語ります。「僕は彼女と一回り以上歳が離れてるんですがステキだなって思いました(笑)。彼女はどこに行っても自信をもって対処できる人。例えばデートで高級フレンチに行けば、そこでは大人な楽しみ方ができて、動物園でも節度を持った楽しみ方ができる。海外旅行に行ったら頼りにできそうな感じがします(笑)」と彼女の女性としての懐の深さを評価します。

メイクの鈴木さんは「彼女は自己プロデュースが上手」と語ります。「自分の意思があって進みたい道を描けてるから成長が早いし、自己プロデュース力がある方が大人の男性にも受けがいいのではないでしょうか? 」と彼女に自立した女性の強さを見ると言います。

「彼女は透明な感じで何色にでも染まれる、透明なエネルギーみたいなのがある」と笹沼さんが語るように、一つのイメージに収まらず、会うたびごとに新しい魅力を感じさせてくれる堀さん。よく「ブ○は3日で慣れるけれど、美人は3日で飽きる」などと言われますが、堀未央奈さんに限っては、“どれだけ一緒にいても飽きない美人”という印象です。その多面的で柔軟性のあるつかみどころのなさこそ、今どき美人のひとつの条件ではないのか、堀さんを語るスタッフの言葉からは、そう思わずにはいられません。

●堀未央奈(ほり・みおな)

1996年10月15日、岐阜県生まれ。2013年、乃木坂46の2期生オーディションに合格して加入。2013年11月発売の7thシングル『バレッタ』でセンターに抜擢される。今年5月から『ar』のモデルも務める。趣味は、旅行、温泉巡り、映画鑑賞ほか。特技は、高速まばたき。将来の夢はお茶漬け屋さん。11月24日に1st写真集『君らしさ』が主婦と生活社から発売。定価1944円。
写真集公式ツイッター  https://twitter.com/miona_book 

●葛西 桐弥

エンタメ・サブカルライター。「ORICON STYLE」でアニメ・声優・アイドルに関する取材を重ね、その後アニメポータルサイトのデスクを経てフリーに。女性だけでなく男性アイドルも好き。自らアイドルもプロデュースし作り手の側にも回る。 

この記事が気に入ったら「いいね!」しよう

LEON.jpの最新ニュースをお届けします。

RECOMMEND FOR YOU おすすめの記事