• TOP
  • LIFESTYLE
  • 「実は私、昨日結婚したの」から始まる恋もある!?

2021.07.30

VOL.14「新婚さんいらっしゃい!」

「実は私、昨日結婚したの」から始まる恋もある!?

人気放送作家にして戦略的PRコンサルタントでもある野呂エイシロウさんが、長い業界生活の中で見聞きし、あるいは遭遇した、恋するオヤジさんたちの愛すべき艶話をこっそり披露する連載です。

CATEGORIES :
CREDIT :

文/野呂エイシロウ イラスト/早乙女道春

人気放送作家にして戦略的PRコンサルタントでもある野呂エイシロウさんが、世の恋するオヤジさんたちの愛すべき艶話をこっそり披露する連載。今回のテーマは……。

■ Theme14「新婚さんいらっしゃい!」

自粛生活になってZoom飲みが復活しつつある。先日も、あるイケている男と缶ビールを傾けていた。以前であればバーで朝まで一緒だったのだが、この1年はもっぱらZoom飲みである。特に男ふたりになると、懐かしい恋の自慢話に花が咲く。

彼にはここ数年来のステディな美人の女性がいる。当然、両者とも既婚者である。「あの○○ちゃん、なんだけど、実は、彼女が結婚した翌日から付き合いはじめたんだよね」と言い出した。思わずボクはカロリーゼロの缶ビールを吹き出しそうになる。「マジ?」と聞き返す。
なんでも、フレンチを食べて、シメのコーヒーの最中に「実は私、昨日結婚したの」と指輪を見せられたという。当然彼は「なんだ、付き合おうと思ったのに、彼氏がいたんだ」とガッカリしたという。

落胆しながら帰りのエレベーターに乗ると、彼女が「人妻になった記念にキスしない?」とひと言。そのまま情熱的なキスをして、ホテルの部屋に直行したという。まさに「新婚さんいらっしゃい!」という感じである。

前日に結婚した女性と交際を始めるって、いったいどんな感じなのだろうか? とはいえ、同じ女性であることに変わりはない。薬指に金属の輪が付いているかどうか? というだけである。公になればちょっとバッシングされるかどうか? というだけである。そう、中身は一緒だ。神戸で育てた牛を1日三重県に連れて行ったら松阪牛か? というと、そんなことはない。

「で、躊躇しなかったのか?」と興味本位で彼に聞いてみたら、「逆にスイッチが入って盛り上がった」と自慢げだった。結婚記念日の翌日が浮気記念日とは、それは生涯忘れられないだろう。

野呂エイシロウ 

『天才・たけしの元気が出るテレビ!!』で放送作家デビュー。気さくな人柄と豊富な知識、そして巧みな話術にファンも多い。現在は戦略的PRコンサルタント業務など、多忙を極める。

2021年4月号より

この記事が気に入ったら「いいね!」しよう

LEON.JPの最新ニュースをお届けします。

RECOMMEND FOR YOUおすすめの記事

    RELATED ARTICLES関連記事

    SERIES:連載

    READ MORE

    買えるLEON

      SPECIAL

        「実は私、昨日結婚したの」から始まる恋もある!? | ライフスタイル | LEON レオン オフィシャルWebサイト