• TOP
  • LIFESTYLE
  • 女性がメイクで“化ける”とはどういうことか?

2017.12.27

女性がメイクで“化ける”とはどういうことか?

CATEGORIES :
CREDIT :

文/池山章子 写真/服部健太郎 メイク/原倫子(LONESS) モデル/鳥谷部知愛

いまは「美人」も多様化の時代だと言われています。コレと決まったタイプだけがもてはやされるわけではない。100人の男がいれば100通りの理想の「美人」がある。
そして女性たちも自分の容姿を、相手や状況に応じていかようにも変えられる。
付き合う男性が変わればメイクが変わる。あるいは目的に応じて相手好みの「美人」にもなれる。それが当たり前の時代なのですね。
しかし、女性のメイクって、男には非常にわかりづらい。ほとんどの男性は一生スッピンで過ごすわけですから、どうにも「化ける」ということの想像がつきません。
そこで、男にはとんとわからぬメイクの裏側を探ってみようという企画です。
教えてくれたのは人気ヘアサロン「LONESS」のスタイリスト原倫子さん。今回は読者モデルの鳥谷部知愛さんにタイプの違う4つのメイクを施してもらいました。

1. 誰もNOとは言えない! OL風愛されメイク

まずは会社勤めのOLさん風メイク。ポイントは清楚でナチュラルなイメージ。そりゃそうですよね、オフィスには口うるさいオヤジ上司から癇癪持ちのお局様まで、あらゆる人々がいる。その誰にも嫌われない、つまり万人受けするメイクというわけです。これならどんな男性相手でもハズすことがない。ある意味モテのテッパンメイクでもあるのです。
「まずはパールの入った下地+リキッドファンデーションでゆで卵のようにツルツルのツヤ肌をつくります。目元にはブラウンがかったベージュパールのシャドウで、控えめな女らしさを足します。さらに肌なじみの良いコーラルピンクのチークを縦長に入れて知的さもオン。コーラルピンクのリップを合わせれば、好感度抜群の愛されメイクが完成します」

なるほど、こんな部下に笑顔で見つめられたら、大抵のオヤジ上司はイチコロですよね。
PAGE 2

2. 狙った獲物は逃さない! 色仕掛け勝負メイク

こちらは、女子が“狙った”男性に気に入られたい時の勝負メイク。例えばパーティ―などで自分をお高く見せたい時、高嶺の花の相手を狙う時などにも活用されるのだそう。
「ポイントはマットな肌と、男性をドキッとさせる深紅リップの組み合わせです。このメイクでは、先ほどの愛されツヤ肌から一転、あえてのツヤ消ししたマット肌をベースにしています。そこにブラウンのグラデーションで表情をつけたアイメイクをマッチング。肌と目元でこの上ない高級感や上品さを演出します。そこにあえてセクシーな印象を与える深紅の唇を合わせることで、上品なイメージを華麗に裏切るのです。
唇に視線を誘うため、アイメイクの色は控えめだけど印象深く。チークは、コーラルピンクでかすかに色を感じる程度にのせます。リップブラシでしっかり山をつくるように赤リップをのせれば、セクシーさと上品さをミックスさせたドラマティックフェイスの完成です」

上品なのにセクシー、そのギャップこそが男心をざわつかせるツボ。そこを効果的に攻撃する、まさに女子力全開の戦闘モードメイクかと。
PAGE 3

3. 近寄ったら火傷する!? クールなモードメイク

今度は一転、「今はそういう気分じゃないの」と男たちに“近寄るな”オーラを発するメイク。恋愛よりも仕事、の知的なイメージを醸し出すメイクです。

「ポイントは、カラーレスであること。男性が思うメイクとは、“色を使って顔を華やかに見せるもの”ですよね。だからこそ、あえて“カラーレス”という選択肢が女子にはあるのです。
色を使わないならすっぴんとほぼ同じかというと、違うんです。毛穴やシミなどをしっかりカバーする肌づくりから始まって、輪郭をさりげなく引き締めるチーク、ツヤとキラめきで勝負する目元など、カラーレスといえども緻密な計算のもと、顔を作っていくのです。仕上げは唇の自然な赤みをも消したヌーディな唇、で完成です」

確かに近寄りがたいイメージではありますが、このクールで隙を見せない感じにかえって惹かれてしまう男子も多いことかと。
PAGE 4

4. 男の牙を抜く!? キュートなアイドルメイク

最後はアイドル風の癒されメイク。一部のマニア向けと思われるかもしれませんが、
「仕事で疲れきって帰った日に、こんなメイクで『お帰り』なんて出迎えられたら、うれしくないですか(笑)」
ハイ、確かにどんな男でもフニフニしてしまいそう。実は、メイクにはそんな、男たちの闘争本能を押さえて骨抜きにしてしまう力もあるのです。
「薄づきファンデでつくるピュア肌は、恋愛NGなアイドルを思わせる清純派仕様です。それに合わせるのは、ベビーピンクのアイシャドウ+偏光のオーロララメに、ベビーピンクの丸いチーク&リップ。目も口も、ほおもベビーピンクの嵐、嵐!」
ピンクには人の興奮を沈め心を落ち着かせる効果があるのだそう。
「こんなメイクなら、疲れた心と体をホッと和ませてくれるに違いありません」
なんならコスプレも併せてお楽しみいただければ、より盛り上がるかと。でもこちら、実は男性を飼いならすために効果的なメイクでもあるのでご注意くださいませ。

●メイク 原倫子さん(「LONESS」スタイリスト)

「4パターンのメイクをお見せしましたが、これはまだまだ序の口。同じナチュラルメイクでも、メイクの色味や質感+テクニックの組み合わせで、イメージは無限に広がります。リップやアイシャドウの色やアイラインの引き方など、わかりやすいところにばかり目が行きがちですが、実は、肌の質感やまつ毛のあげ方など、細かい点でも雰囲気がガラリと変わるんです。女性はメイク次第で百面相のようにどんな顔にも化けますので、男性の皆さんは騙されないようにしてくださいね(笑)」

●モデル 鳥谷部知愛さん(29歳)

「私が初めてメイクをしたのは、中学生の頃だったかな。なんだか少し大人になったような、恥ずかしいような。自分の知らない自分のようで、不思議な感じでしたね。
今の私にとってのメイクは『少しだけ背筋が伸びるもの』。化粧崩れを防ぐために、ほんの少し丁寧に行動できるし、ルージュを塗っていれば飲食時の作法も自然と上品になるような気がします」

この記事が気に入ったら「いいね!」しよう

LEON.JPの最新ニュースをお届けします。

RECOMMEND FOR YOUおすすめの記事

    RELATED ARTICLES関連記事

    SERIES

    READ MORE

    買えるLEON

      SPECIAL

        女性がメイクで“化ける”とはどういうことか? | ライフスタイル | LEON レオン オフィシャルWebサイト