• TOP
  • LIFESTYLE
  • たった10分で見違える、銀座の靴磨きを試してみた

2017.09.10

たった10分で見違える、銀座の靴磨きを試してみた

CATEGORIES :
写真(銀座三越、マエストロ)/小澤 達也(STUDIO Mug)
(千葉スペシャル)/椙本裕子(YUKIMI STUDIO)
取材・文/池田保行(04)
銀座は昭和の昔から「靴を磨く」という文化のある街。お洒落なオトナが集う街だけに、お洒落は足元からという気風もあるのでしょうが、粋人に聞けば未舗装の道路が多かった時代、背広(スーツ)を着て革靴をはいたら出かける先は銀座や有楽町の歓楽街と相場が決まっていたそうで。ゆえに銀座に着いたら土埃で汚れた靴をピカピカに磨いてから馴染みの店に顔を出すのがアタリマエだったのだそうですよ。

そんな銀座の靴磨き、ちょっと様相は変わりましたが、いまでも健在です。ふらりと立ち寄って10分で仕上げてくれる銀座の伝統文化をご紹介しましょう。

銀座に集う紳士のラウンジで優雅に靴を磨く

銀座三越5階のシューズ&バッグリペアコーナーは、GINZA ジェントルマンズラウンジの一角にあります。こちらのラウンジでは紳士の服飾小物を取り揃えるとともに、シガーや喫煙具のコーナー、バーバー、シューズ&バッグのリペアができる工房などを併設しています。
銀座三越5階のメンズフロアの一角には「GINZA ジェントルマンズラウンジ」という、粋なオトナが集う場所があります。こちらのシューリペアコーナーには、チェスターフィールドのソファが2脚。こちらにゆったりと座るところから靴磨きは始まります。

磨きのコースは3種類。ベーシックコース1000円、プレミアムコースとナチュラルコースは1500円。使用するクリームの種類によってお値段は変わります。

一番人気は、モゥブレィのプレステージラインのクリームを使った、革に優しく、しっかり栄養も入れて仕上げるナチュラルコースとのことです。コースが決まると、つぎに職人さんが取り出すのは2枚のトランプ。手品でも始めるのかと思いきや、靴の履き口にトランプを差し込むことでソックスにクリームがついたりブラシが当たるのを防ぐのだそう。なんとも粋な計らいです。

ブラシで天然成分配合の保湿クリームを塗り、磨き上げること片足約5分。反対側の足も同様に仕上げるのでトータルで約10分。コバの傷にもカラーを入れたら完成です。さきほどまで履いていた靴とは明らかに光沢が変わります。対面式の靴磨きのほか、40分ほどお預けいただければ、トウキャップの鏡面磨きも可能です。ほかにも様々なシューリペア、オールソールやヒールの修理、スニーカーやバッグのお直しも受け付けています。

さまざまなメニューを、ご希望に合わせて組み合わせられるのがコチラのいいところ。銀座にお越しの際、ふらりと立ち寄ってみてはいかがでしょう。

■銀座三越5F シューケア&リペア工房

銀座三越の5階フロア、紳士靴売り場の奥にあるのがシューズ&バッグリペア工房。靴磨きはモウブレィのクリームを販売するR&Dが手がけています。
住所/東京都中央区銀座4-6-16
営業時間/10:30〜20:00 不定休
お問い合わせ/☎03-3562-1111
URL/http://careginza.exblog.jp/

NEXT PAGE2/ 2

銀座の腕利きの磨き職人のお店はコチラになります

この記事が気に入ったら「いいね!」しよう

LEON.jpの最新ニュースをお届けします。

RECOMMEND FOR YOU おすすめの記事