• TOP
  • LIFESTYLE
  • 鬼怒川渓谷に抱かれたクラシカルにしてモダンなホテルで、真のリゾートを愉しむ

2019.08.11

鬼怒川渓谷に抱かれたクラシカルにしてモダンなホテルで、真のリゾートを愉しむ

かの「日光金谷ホテル」の創業者の孫にして、粋人としても知られるジョン金谷鮮治氏の美学ともてなしの心を込めた「鬼怒川金谷ホテル」。和のラグジュアリーリゾートを堪能できる全41室は、多彩なしつらえで、何度でも訪れたくなるホテルです。

CATEGORIES :
TAGS :
CREDIT :

文/福田 豊

今回選んだ宿は日光の「鬼怒川金谷ホテル」。そう、高名な老舗。正真正銘、本物のリゾートホテルです。でも、このホテルを選んだ理由は、それだけではありません。

創業者、ジョン金谷鮮治氏の意思をいまの時代に蘇らせたホテルだから。そして、その素晴らしい世界観こそが、いま、改めて考えるべきリゾートの本質だと思ったからなのです。
▲鬼怒川を臨む解放的なテラス席や、アンティークか配され暖炉を囲む席などがあるラウンジ。こちらで、ショコラトリー「ジョンカナヤ」のショコラも楽しめる。

ジョン金谷鮮治氏の描いたおもてなしの心と美学の世界観が心を癒す

「鬼怒川金谷ホテル」の創業者は、日本初のリゾートホテルであり、本連載でも紹介したことのある、あの「日光金谷ホテル」の創業者の孫、ジョン金谷鮮治氏。ちなみに“ジョン”というのはクリスチャンの洗礼名で、生粋の日本人。でも、そんな名前をもち、西欧式の家庭で育ち、パイオニア精神を受け継いだジョン金谷氏は、本物の国際人でもあった。

幼い頃から帝王学を学び、一流ホテルで修業を積んだジョン金谷氏。「鬼怒川温泉ホテル」を任され、旧皇族や華族に愛されたホテルにまで育て上げた。その後は、都市型ホテルの先駆け、「ホテルニュージャパン」の設立にも携わり、ホテルで初めての和風スタイルを提言。さらに、いまや伝説でもあるレストラン「西洋膳所ジョン・カナヤ麻布」をオープン。などなど、ジョン金谷氏は時代の半歩先を行く格好いいオヤジさんであった。
▲天井にスカルプチャードグラスが配されたロビー。
逸話も多い。白のリンカーンと葉巻がトレードマーク。銀座を歩くと花売りたちが直立不動で挨拶をした。ピカソの絵を値段も聞かずに購入した。ローマの名レストランでは貴族の扱いを受けていた。そして、麻布・六本木界隈でも、抜きんでてダンディでハンサム……。ど~です、本当に格好いいでしょう。

そんなジョン金谷氏の理想を現代に蘇らせたのが、いまの「鬼怒川金谷ホテル」なのです。
PAGE 2

あの「西洋膳所ジョン・カナヤ麻布」がルーツの夕餉は大人のデートにピッタリ

「渓谷の別荘」をテーマにした館内は、四季折々の鬼怒川渓谷を愛でるためにとても開放的。それでいて館内のあちこちには、ジョン金谷氏のダンディズムを感じるアンティークコレクションやスカルプチャードグラスが置かれ、都会的でアダルトな雰囲気を醸している。
▲大浴場は、クラッシックな雰囲気の「古代檜の湯」と、モダンで開放的な「四季の湯」のふたつ。写真は、「四季の湯」の白御影石の露天風呂。湯涼み用のガゼボ(西洋風東屋)もある。
とはいえ、老舗の温泉宿ならではの温かみのあるもてなしはそのまま。もちろん、露天の大浴場も完備。すなわち和と洋が融合をした素晴らしい世界観なのです。
全41室の客室は、すべて渓谷に面し、明るく開放的なつくり。全面ガラス張りのウッドデッキからは、鬼怒川渓谷の景観が楽しめる。また、客室タイプは、露天温泉付きやビューバス付き、和室、洋室、など7種類あり、何度でも訪れたくなる。
PAGE 3
そして、極め付きが食事。懐石料理を西洋のテイストで味わう「和敬洋讃」スタイル。地の食材を中心に、旬の味覚が彩り豊かに盛りだくさん。あの「西洋膳所ジョン・カナヤ麻布」の往時を知る大人の遊び好き男であるならば、感激をすること、間違いなしですよ。あの「金谷玉子」も今の形で味わえます。

この他、ジョン金谷氏の愛したシガーを楽しむ「シガーサロン」、極上のショコラを楽しむ「ショコラバー」もあります。
シガー(葉巻)をこよなく愛したジョン金谷氏。その奥深さに触れられる「シガーサロン」は、ムーディーな雰囲気。オールドノリタケなどの秘蔵のコレクションも必見。
本当に思います、こんなホテルは、遊び好き大人の男のドライブデートには最強だ、と。だって、こんなに瀟洒なホテルで、食事も洗練されていて、なのに本格的な温泉宿でもあるって、ちょっとほかにはない。これは間違いなくどんな女性にも喜ばれる。さらに凛としたダンディズムがとっても男好み。だから大人のお泊まりドライブデートには外せない。東京から2時間、という距離もよい感じですよ。

◆鬼怒川金谷ホテル

住所/栃木県日光市鬼怒川温泉大原1394
アクセス/東北自動車道・宇都宮IC〜国道119号〜国道121号
URL/ www.kinugawakanaya.com/
ご予約・お問い合わせ/➿0120-12-9999

●料金/3万3600円〜(2食付き)

この記事が気に入ったら「いいね!」しよう

LEON.jpの最新ニュースをお届けします。

RECOMMEND FOR YOUおすすめの記事

RELATED ARTICLES関連記事

SERIES

READ MORE

SPECIAL