• TOP
  • ITEMS
  • 【冬の常識】手袋の効能を知らないのは男性だけ

2019.02.04

【冬の常識】手袋の効能を知らないのは男性だけ

手袋は単なる防寒具ではありません。冬の重要なファッションアイテムでもあるのです。使用するレザー素材や色選びが肝心ですので、スタイリングにあわせてお選びください。手袋を上手に使うだけで、冬の着こなしが洒落て見えるのです。

CATEGORIES :
TAGS :
CREDIT :

写真・スナップ/Yu Fujiwara(@8and2)、写真・静物/蜂谷哲実(hachiya studio) スタイリング/稲田一生 テキスト/池田保行(04)

手袋上手は、お洒落上手です

冬に手袋は欠かせませんが、単なる防寒具というだけでなくファッション性を高めてくれる重要なアイテムということをお忘れなく。グローブを上手に使っていると、冬のお洒落がワンランク上がりますので。

大人が選ぶなら、断然素材は上質なレザーに限ります。レザーグローブなら風が通り抜けませんし、ライニング付きなら保温性も抜群です。ニットのグローブだと、そうはいきませんのでね。

上質なレザーグローブは薄くしなやかで、ポケットのコインが識別できるとまで言われます。実際、レザーグローブはちょっと小さめぐらいのものをタイトに合わせて、革が伸びて自分サイズになってきた頃合いがベストなのです。

さらに申し上げればやはり革色にもこだわりたいところ。着こなしのアクセントとして、コーディネートのポイントにするのは女性なら当たり前のスタイリングテクだったりしますが、大人の男性も真似すべきかと。

上掲のスナップをご覧いただければお分かりいただけるかと思いますが、あえてスーツやコートと馴染ませればシックな装いに仕上がりますし、あえてコントラスカラーに使えばカジュアルなアクセサリーとしてポイントになりますよ。

テーラードコートなら胸ポケットにポケッチチーフのように挿すのも冬ならではのアクセ使い。この冬は、グローブ使いをマスターして、スタイリングに活用されてはいかがでしょうか。
PAGE 2

● おすすめの手袋 その1 「デンツのペッカリーグローブ」 

粗野なシボ革ペッカリーに老舗の気品が滲む手袋

手袋5万3000円/デンツ(真下商事)
創業は1777年、英国の高級手袋ブランドとして有名なデンツ。ブリックシームと呼ばれるアウトステッチのペッカリーグローブが有名ですが、カジュアルなルックスなのにどことなく気品が感じられるのは、英国の歴史と伝統が滲む老舗の逸品ならでは。

● おすすめの手袋 その2 「コースのラムレザーグローブ」 

高級メゾンの手袋も手がけた老舗のファクトリー製

手袋4万5000円/コース(ボーダレス)
コースはかつて「ガンコス」とも呼ばれた、フランスの老舗手袋ブランド。ステッチを内側に施し、シルクライニングを使った美しく流麗なフォルムは、ドレスグローブならではの美意識。そのレベルの高さは同国の某高級メゾンをはじめ、一流ブランドのグローブを一手に手がけていた歴史が証明しています。
PAGE 3

● おすすめの手袋 その3 「フェリージのD08グローブ」 

見えないところにブランドのシンボルカラーをセット

手袋1万8000円/フェリージ(フェリージ 青山店)
ブリーフケースが人気のイタリアブランドの手袋は、アウトステッチにも関わらず、控えめのコバでインシーム風のドレス感が漂うもの。ライニングにはカシミヤが使われていて、レザーの色が違えど必ずイエローが設定されています。チラッと見えるこのイエロー、じつはフェリージのシンボルカラーなのです。
※掲載商品はすべて税抜き価格です

■ お問い合わせ

真下商事 03-6412-7081
ボーダレス 03-3560-5214
フェリージ 青山店 03-3498-6912

この記事が気に入ったら「いいね!」しよう

LEON.jpの最新ニュースをお届けします。

RECOMMEND FOR YOUおすすめの記事

RELATED ARTICLES関連記事

SERIES

READ MORE

SPECIAL