• TOP
  • ITEMS
  • 【プロが解説】絶対に損しない、超高級スポーツウォッチ5選。

2018.12.15

【プロが解説】絶対に損しない、超高級スポーツウォッチ5選。

雲上ブランドから数々の"ラグスポ時計"がリリースされる昨今。実際どのモデルが“買い”なのか? そこで、世界で圧倒的な支持を得る人気モデルの見どころを、3人のスペシャリストにうかがいました。

CATEGORIES :
TAGS :
CREDIT :

文/長谷川 剛(Zeroyon)、広田雅将(クロノス日本版編集長)、柴田 充(時計ライター)、前田陽一郎(LEON.JP編集長)

デザインや機構、それにファッションの観点から人気時計を斬る

2000年頃から現在に至るまで、約20年近くメンズウォッチにおけるメインストリームとして注目を浴び続ける"ラグジュアリースポーツ"なるカテゴリー。今季はすでに不動の地位を築いた傑作モデルのDNAを継ぎつつ、さらに進化を加えた次世代定番が多彩にリリースされ話題となっています。

ただし、どのモデルもそれぞれに卓越した魅力や機能を持つため、データを見るだけ、一見するだけ、では決めかねるもの。そこで時計に造詣の深いスペシャリストたちに、話題作の見ドコロを直接うかがいました。

クロノス日本版編集長・広田雅将氏、敏腕時計ライター・柴田 充氏、LEON.JP編集長・前田陽一郎の3人の目の付け所とは? 少なくとも、時計選びの参考となる“福音”であることは間違いなし。読めば納得、あとはもうお店に駆け込むだけ!
PAGE 2

● Watch 01 『オーデマ ピゲ』 

ロイヤル オーク・"ジャンボ"エクストラ シン

「ロイヤル オーク・"ジャンボ"エクストラ シン」自動巻き、18KPGケース(39㎜)・ブレスレット。580万円/オーデマ ピゲ(オーデマ ピゲ ジャパン)
ラグジュアリースポーツウォッチの王道。基本は1972年から変わっていないが、ムーブメントも外装も質を一層高めた。装着感も秀逸で、この価格はやむなし」(広田)

名作キャリバー2121を積んだジャンボとくれば、時計殿堂入りクラス。旬の青金スタイルを取り入れても、時代におもねらないところに元祖ラグスポの風格を感じる」(柴田)

スーツからスポーツウエアまであらゆるファッションに似合う、究極の一本だと思う。特にこの39mmの"ジャンボ"エクストラ シンは、いまに続くロイヤルオークの原点に限りなく近いモデルながらも、ここ数年の“小ぶり”時計の中心にもいるモデル。ということは「今買って、これからも古びない」という間違いない一本ではないだろうか」(前田)

ラグスポ時計の元祖として殿堂入りを果している「オーデマ ピゲ」の「ロイヤル オーク」。なかでもエクストラ シンは、同モデルの40周年記念としてリリースされた、ケース厚8.1㎜のスタイリッシュな薄型モデルです。

1972年にデビューを飾った初代モデル“ジャンボ”の復刻版でもあるこちらは、ビス留めの八角ベゼルや文字盤のタペストリー装飾、それにインデックスや針の形状まで忠実に復刻しているのがポイント。オン・オフともに腕元を格上げしてくれる金無垢製ゆえ、“上がり”の時計として申し分のない一本です。
PAGE 3

● Watch 02 『ウブロ』 

ビッグ・バン ウニコ チタニウム セラミック

「ビッグバン ウニコ チタニウム セラミック」自動巻き、チタニウムケース(42㎜)、ラバーストラップ。200万円/ウブロ
使って楽しいクロノグラフの最右翼。プッシュボタンの感触は軽快で、フライバックも十分使える。やや厚いのは惜しいが、軽いチタンモデルは着け心地も良い」(広田)

異素材ケースやラバーストラップ、スケルトン文字盤など、ラグスポにおけるウブロの貢献度はなんと高いことか。クオリティも格段に進化し、人気の理由が伝わる1本」(柴田)

チタン&セラミックのルックスが最高にモダン。ファッションで言えばナイロン系アイテムとの相性は鉄板でしょうね。僕ならシャカシャカの真っ黒スーツに、真っ白スニーカー、そしてオレンジやグリーンのビビッドカラーのコートでコーディネートしたい。新素材ブームの火付け役ってところでも“わかってる感”があっていい」(前田)

2005年の発表以来、破竹の勢いでファンを増やしているラグスポ界の超新星「ビッグ・バン」。ここまで支持が広がったのは、「ウブロ」のバラエティに富んだ開発力にほかなりません。また“フュージョン”を標榜する同ブランドは、セラミックを始めチタニウムにマジックゴールドなど、ユニークな素材使いもポイントです。

さらに見逃せないのが自社ムーブであるウニコのさらなる進化。新型では自動巻き上げの方式変更やデタッチャブル脱進機の固定化により、フレームの小径化を実現。内部も飛躍的にアップデートされ、より信頼感を高めているのです。
PAGE 4

● Watch 03 『ヴァシュロン・コンスタンタン』 

オーヴァーシーズ・デュアルタイム

「オーヴァーシーズ・デュアルタイム」自動巻き、SSケース(41㎜)・ブレスレット。270万円/ヴァシュロン・コンスタンタン
高い視認性と優れた操作性を両立した、現時点でもっとも使いやすいGMTウォッチのひとつ。ある程度の耐磁性もあるため、使うシチュエーションも選ばない」(広田)

由緒正しき名門の伝統と、より現代的なスタイル・実用性とが絶妙にバランス。それこそ旅のレザーバッグのように、何十年も使って味出ししたいです」(柴田)

オーヴァーシーズの魅力って“大人の色気”を感じさせるところだと思う。ファッションも大事だけどスタイルの方を重視する生き方というか。このブルー文字盤の一本なら、あえてストイックなネイビースーツに、白いシャツ、ソリッドなネイビータイで決めたい。もちろん適度に日焼けもしていて。いつの時代も格好いい男像にバッチリということかな」(前田)

スイス最古の時計メーカーとして知られる「ヴァシュロン・コンスタンタン」。名品揃いのコレクションのなかでも、特にモダンな輝きを放つのが「オーヴァーシーズ」です。世界を駆け巡るトラベラーのために作られたこのモデルの初出は、1996年のシンプルな3針型。マルタ十字をモチーフとする大きな切り欠きを持つベゼルと強固なスチールブレスレットがアイコニックです。

さらに2018年のニューモデルでは、旅行に便利な先進の機能をプラス。2つのタイムゾーンが確実に読み取ることができるデュアルタイム機構を搭載させました。その他、ブレスレットやベルトへの付け替えが可能なインターチェンジャブルシステムなど、便利な機能が新たに加わっています。
PAGE 5

● Watch 04 『フランク ミュラー』 

ヴァンガード グラビティ スケルトン

「ヴァンガード グラビティ スケルトン」手巻き、18KPSケース(53.7×44㎜)、クロコダイルストラップ。2025万円/フランク ミュラー(フランク ミュラー ウォッチランド東京)
フランク ミュラーらしい野心作。極めて大きなトゥールビヨンを回すにもかかわらず、輪列をシンプルにすることで、かつてない“ヌケ感”を与えることに成功した。」(広田)

同ブランドの本領は、人を驚かすような洒落っ気にあり。こちらのモデルも大径トゥールビヨンの動きを可視化しつつ、存在を感じさせない重力のようなスケルトン化を両立しています」(柴田)

ヴァンガードはこれらスケルトンモデルの方がデザインのバランスがよくて好き。押しは強いのにスッキリしていて、今っぽいのに安定感を感じるから。それは密度感と抜け感、クラシックとモダンの“バランス”が上手いんだと思う。僕なら時計が目立つように全身グレー系のワントーンで。でないとバランスが崩れるような気がして」(前田)

流麗なトノーケースをラグジュアリーウォッチシーンの第一線に押し上げた功労者として、世界的に認知されている「フランク ミュラー」。「ヴァンガード」は、そんな同ブランドの前衛的な美観と新たな時計の楽しみ方を体現した意欲作。ラグを排した一体構造や立体的な文字盤など、斬新なデザインこそこのモデルの真骨頂です。

さらに新作では圧倒的な技術力による芸術的なトゥールビヨンをリリースし、時計ファンの度肝を抜きました。キャリッジ外側に配置したテンプが衛星のごとく周回するこちらのトゥールビヨンは、まさに重力(グラビティ)を改めて意識させる卓越した趣向。限界まで肉抜きを施したフレームと相まって、漂うような円運動の美しさに、ついつい見惚れてしまう一本です。
PAGE 6

● Watch 05 『ハリー・ウィンストン』 

プロジェクト Z12

「プロジェクト Z12」自動巻き、ザリウムケース(42.2㎜)、カーフスキン×ラバーストラップ。285万円(世界限定300本)/ハリー・ウインストン(ハリー・ウィンストン クライアントインフォメーション)
新しい時代のラグジュアリースポーツウォッチ。ダブルレトログラードを持つセミコンプリだが、ショックに強いフリースプラングテンプを持つため、スポーツシーンでも十分使える」(広田)

普通の時分表示と見せかけ、じつは上下分割のレトログラード。秘めたる技術がユニークな運針を支える点は、ダイヤモンドの高度なカッティングに通じるかも」(柴田)

スーツを着ないでもビッグサクセスを獲得できる、現代を象徴する一本だろう。新素材とデニム、モダンデザインに複雑機構なんて、まさに現代と過去の橋渡しのよう! どんなファッションで付けたいか、と聞かれたら間違いなく洗いざらし風の薄いブルーのジーンズで。これからの季節ならそれにグレーのカシミアニット、みたいな」(前田)

1932年、ニューヨークに創立した「ハリー・ウインストン」は、「キング・オブ・ダイヤモンド」と称されるスーパートップジュエラー。きらびやかな宝飾品と同時に、精巧な複雑時計を手掛けるブランドとしても知られる老舗です。そんな宝飾達人のセンスと技術力をいかんなく注ぎ込んだのが「プロジェクトZ」シリーズ。2004年からリリースが始まった特別なタイムピースは、ユニークを極めた時間表示に加え、同ブランドの独自素材である“ザリウム”をケースに用いているのが特徴です。

新作である「プロジェクト Z12」は、同心円状にレトログラード式の時分針を配置した“時間と空間の慣習を打ち破る”モダンを極めたデザイン。ブルーデニムを思わせるストラップとの融合により、装い全体を品良く爽やかに引き立てるパッケージもポイントです。
※掲載商品はすべて税抜き価格です

■ お問い合わせ

ヴァシュロン・コンスタンタン 0120-63-1755
ウブロ 03-5635-7055
オーデマ ピゲ ジャパン 03-6830-0000
ハリー・ウィンストン クライアントインフォメーション 0120-346-376
フランク ミュラー ウォッチランド東京 03-3549-1949

この記事が気になった方は、こちらもどうぞ

【新作】大人のG-SHOCKはマット黒! 着こなしの正解はコレ!
今季登場した「G-SHOCK」のマットブラックモデルは、90年代のストリート感に加え大人の渋味を備え、まさに今の気分にマッチする絶好のアクセサリーとなります。

【注目】10万円以下の超本格スポーツウォッチ5選
高級機械式では腕元が気になって遊びにも身が入らない? そこでガンガン使い倒せるプライスに絞って本格スポーツウォッチを徹底リサーチ。優れた機能に加えファッション性にもこだわった5本は、絶対買って損ナシの傑作揃いです。

どんなシーンにも合う!? 時計を1本選ぶなら
本来であれば時計は複数本用意し、シーンや装いに合わせて付け替えるもの。でも最近はヴァシュロン・コンスタンタンのオーヴァーシーズをはじめ、1本であらゆる場面に間に合ってしまう便利なモデルが続々出ているのです。

【特集】大人の時計はスポーティ
大人の時計選びは様々な条件とのせめぎ合い。ですが、悩みのアレコレは"スポーティ"というキーワードで吹き飛ばせるのです。

この記事が気に入ったら「いいね!」しよう

LEON.jpの最新ニュースをお届けします。

RECOMMEND FOR YOUおすすめの記事

RELATED ARTICLES関連記事

SERIES

READ MORE

SPECIAL