• TOP
  • ITEMS
  • 名刺入れおすすめ5選。ビジネスでモテる逸品はコレ

2017.12.19

名刺入れおすすめ5選。ビジネスでモテる逸品はコレ

名刺ケースは初対面の相手の前で取り出すことの多いもの。当然その手元のケースに目線が注がれます。そのとき、ちょっと目を引くケースなら、さらりと印象を残すことができるわけです。つまり、モテ視点で選ぶ名刺入れは、ちょい目立ちが正解なんです!

CATEGORIES :
CREDIT :

写真/蜂谷哲美(hachiya studio) スタイリング/稲田一生 文/川田剛史

その瞬間が印象に残る、ちょい目立ちな名刺ケース5選

「はじめまして」の場面で登場するのが名刺ケース。公私を問わず、相手のハートを捕まえたいなら、このはじめの一歩が肝心です。上質であるのは当然ながら、ポイントは思わずその瞬間注がれている手元の視線にしっかりと印象を残せること。といってもただ目立てばいいわけじゃありません。あくまでさりげなく、センスをアピールできる「ちょい目立ち」が重要。
そんな絶妙なお目立ち度を持った注目ケースをピックアップ!

◆モロウ パリ

籐のバスケット由来のモノグラムに注目

モノグラムは、かつてモロウ パリが製作していた籐のトランクをイメージしたもの。フラップを差し込むディテールは、同社のポーチと同じ設計で使いやすさ満点です。3万5000円/モロウ パリ(バーニーズ ニューヨーク カスタマーセンター)
PAGE 2

◆ガンゾ

スポッと蓋を開ける所作に視線が集中?

縦型という珍しいデザインもさることながら、本体をスポっと外すときの気持ちよさからも作りの良さが伝わります。イタリアンベジタブルタンニンレザーをノーステッチで木型にはめ込んで作る逸品です。1万4000円/ガンゾ(AJIOKA)
ふたを開けるとこの通り。ちょっとした小物入れにも使えそうです。
PAGE 3

◆モワナ

「ちょっと触ってもいいですか」と言いたくなる極上の質感

フランス最高峰のトランクメゾンによる逸品です。封筒型のシンプルなシェイプはブランドロゴが見えるように蓋を被せるのがお約束。中面がベージュというカラーリングも女性受けがよさそう。3万円/モワナ(モワナ メゾン GINZA SIX)
PAGE 4

◆アニアリ

表と中とのギャップに遊び心アリ

非常にソフトなシボ革を使用しながら、シワの部分がダークトーンになっているのが斬新! 蓋はスナップボタンで固定する堅実設計のほか、裏地はカモフラ柄という、めくってわかる個性も秀逸です。1万3000円/アニアリ(プルーム)
PAGE 5

◆ジャンティバンティ

普通のカモフラに飽きた方はコレ!

ゴールド色とホワイトのペイントを飛ばしたカモフラ地が目を引きます。この素材はオリジナルPVC。2箇所のカード用ポケットと名刺用のマチ付コンパートメントを配備した便利な一品です。1万3000円/ジャンティバンティ(エンデバー)

■お問い合わせ

AJIOKA 03-6861-3165
バーニーズ ニューヨーク カスタマーセンター 0120-137-007 
モワナ メゾン GINZA SIX 03-5537-3600
プルーム 03-5793-3224
エンデバー 06-6761-9000

モテる名刺入れが気になった方はこちらもオススメ!

時計×財布、大人のコーデ術とは? 【スポーツウォッチ編】
大人のオトコなら時計と財布の相性も考えておきたいわけで。

スーツを格上げする財布と小物の2大コーデ術【ネイビースーツ編】
ビジネススタイルを彩るのは実は、財布を主役にした小物。その着こなし術を紹介!

スーツを格上げする財布と小物の2大コーデ術【グレースーツ編】
ビジネススタイルを彩るのは実は、財布を主役にした小物。その着こなし術を紹介!

女性に大人気の“ちいサイフ”。大人のオトコに似合うのはコレ!
最近ちまたで人気のコンパクトウォレット。その選びのポイントの注目モノを紹介!

この記事が気に入ったら「いいね!」しよう

LEON.jpの最新ニュースをお届けします。

RECOMMEND FOR YOUおすすめの記事

RELATED ARTICLES関連記事

SERIES

READ MORE

SPECIAL