• TOP
  • ITEMS
  • 吉田カバン・ポーターの新作が、いまの時勢に最適な理由

2021.02.23

吉田カバン・ポーターの新作が、いまの時勢に最適な理由

新様式のライフスタイルが浸透する中、バッグの機能にも変化が見られます。いま時代が求めるのは、用途を限定しない多機能さや利便性を備えたバッグ。人気急上昇中のポーターの「コンパート」シリーズは、まさにその鉄板解答なのです。

CATEGORIES :
TAGS :
CREDIT :

写真/鈴木泰之(Studio log)  スタイリング/小野塚雅之 文/秦 大輔

ビズも自転車もキャンプもこれでいけます

生活様式がめまぐるしく変わっていく今日この頃。バッグもしかりで、自転車通勤が増えたり、ご近所までのちょっとした距離の移動が増えたり、キャンプなどのアウトドアレジャーに親しむ機会も増えたり……。

今は、用途を限定しない多機能さや利便性を備えていることは、バッグの欠かせないセレクト要素かと。そうなればやはり、日本が誇るポーターが強いわけですが、なかでも注目度うなぎ登りなのが「コンパート」シリーズ。

こちらはパドルスポーツなどで使用するレインウエアをモチーフにしたもので、フロントに配した大小の立体的なポケットが特徴。

とにかく収納へアクセスしやすいうえ、なんなら主要な小物ガジェットすべてを外部ポケットに収納できるとあって、使い勝手が抜群なんですね。

バックパックなら自転車通勤にもバッチリですし、その高い整理収納力はオフシーズンも大活躍。マルチに使い回せるとあれば、人気の高さも当然♪って話です。
PAGE 2

◆ トートバッグ

機能性はもちろん、スポーティなデザイン&配色にも注目

▲ トートバッグ[W34×H38×D8cm]2万9000円/吉田
パドルスポーツなどで使用するナイロン製レインウエア、その機能的なポケットをモチーフにした「コンパート」シリーズのトートです。フロントの大ぶりなポケット×3は、スマホやイヤホン、カードケースといった頻出小物のアレコレの収納に重宝。中央のベルト&アルミフックによって口元を留めることができ、また留める位置を変更することで荷物量の増減にも対応するなど、その多機能ぶりには感服! の一言です。
PAGE 3

◆ リュックサック

シーンを問わず、優れた整理収納力が活きる!

▲ リュックサック[W26×H38×D13cm]3万円/吉田
半月状のトップが特徴的なバックパックは、内装の背面側にオープンポケットを装備。各種アダプター類の収納にうってつけのフロントポケットと相まって、自転車通勤の相棒にも最適です。なおボディ素材には、クロージングにも用いられる軽量かつ高強度のナイロンドビークロスを使用。淡い光沢に滲む品のいい趣も、オン・オフ両用を後押ししています。
PAGE 4

◆ ショルダーバッグ

街ブラに頼もしいマチ広コンパクト

▲ ショルダーバッグ[W20×H12.5×D5cm]1万2000円/吉田
いわゆるサコッシュよりやや広めのマチを備えたこちらは、立体的なフロントポケットと相まって、貴重品や日用品の一切合切を収納可能。街ブラやレジャーの相棒に、実に頼もしい存在です。ちなみにストラップは、ナス管で簡単に着脱することができ、バッグinバッグとしても使える仕様。これだけコンパクトでいながらとことん使い勝手を追求する姿勢に、ポーターの魂を感じます。

◆ 2WAY ヘルメットバッグ

3連ポケットが主張する新鮮なデザイン

▲ ヘルメットバッグ[W41×H43cm]2万8000円/吉田
ポーターのアイコンでもあるヘルメットバッグに、「コンパート」シリーズの顔である多彩なフロントポケットを配したモデルです。ヘルメットバッグ特有のマチなしのデザインを踏襲しつつ、立体的に形作られた3つのフロントポケットや内装に配した小物ポケットによって、整理収納力を補完。さらりと使い勝手を高めているところに、その非凡さが表れています。
※掲載商品はすべて税抜き価格です

■ お問い合わせ

吉田 03-3862-1021

この記事が気に入ったら「いいね!」しよう

LEON.JPの最新ニュースをお届けします。

RECOMMEND FOR YOUおすすめの記事

    RELATED ARTICLES関連記事

    SERIES:連載

    READ MORE

    買えるLEON

      SPECIAL

        吉田カバン・ポーターの新作が、いまの時勢に最適な理由 | アイテム | LEON レオン オフィシャルWebサイト