• TOP
  • ITEMS
  • 【最新】ザ・ノース・フェイスのアウターが、サマーキャンプでかぶらない件

2020.08.11

【最新】ザ・ノース・フェイスのアウターが、サマーキャンプでかぶらない件

猛暑の中、避暑をはじめレジャーに出かける方は多いかと。とりわけ山間部では天候が急激に変わることも珍しくありませんよね。そんな場面のためにアウターを用意したいのですが、そんな時こそ安心できるのがザ・ノース・フェイスの定番を。しかも、新色が加わったのでかぶりの心配もございませんよ。

CATEGORIES :
TAGS :
CREDIT :

写真/鈴木泰之(Studio log)  スタイリング/小野塚雅之 文/T.Kawata

急な天候変化に備える万能アウターの定番といえば

梅雨明けから一転、猛暑が続いておりますね。こんな避暑を避けるために、近郊の山間部へちょっとしたレジャーに出かける方も多いかもしれません。事実、今時のキャンプ場は大いに賑わっている模倣。

都市部と違って、「山の天気は変わりやすい」ってのは、昔からのジョーシキですよね。となれば、それ相応のアウターは用意すべき。数多ある中から、信頼度で選ぶなら、ザ・ノース・フェイスの定番は間違いのないものかと。そんな定番ジャケットですが、この夏の新色がお目見えしたというから、見逃せませんよ。

とりわけキャンプ場ではかぶりがちな、ザ・ノースフェイスのマウンパですから、新色ならかぶりの心配もありませんし、「お? あの色見たことないね」と、アウトドア好きから注目されることも。ギアとして考えれば、これを機に、新調しちゃうのもアリではないでしょうか。
PAGE 2

◆ ドットショットジャケット

高原でのキャンプから富士山レベルの登山までOKなハイスペック

▲ 2万円/ザ・ノース・フェイス(ゴールドウイン カスタマーサービスセンター)
今回の防水ハードシェルは、とにかく機能が目白押し。軽量なハイベント®2.5層素材を採用していて、冷気を遮断しながら、高い防水透湿性も確保してくれます。そして、着心地は軽くしなやかと万全ですよ。日帰りで過ごせる低山巡りや富士山登山、または高原でのキャンプなどに適したスペックで、天候や気温の急変にも対応OKという頼もしい一枚。また、アウトドアを愛するなら、環境問題に配慮したリサイクル可能なナイロン生地を使用した点も見逃せないでしょ。
内側のシームシーリング加工で縫い目の防水性を高めています。さらにいえば、表地も撥水加工で雨や霧などの影響を受けにくくなっているので、急な天候の変化にも安心なんです。
PAGE 3
フロントの大きなポケットはフラップ&ジッパー付きで使いやすさ満点。実はバックバックを背負ったときにウエストハーネスが干渉しない設計で、とても気が利いているんです。

◆ ドットショットジャケット

タウンユースにもオススメしたい注目の新色がコチラ

▲ 2万円/ザ・ノース・フェイス(ゴールドウイン カスタマーサービスセンター)
PAGE 4
▲ 2万円/ザ・ノース・フェイス(ゴールドウイン カスタマーサービスセンター)
ドットショットジャケットは、もともと、カラーブロックから単色まで、カラーバリエーションが実に豊富。今回新色として追加されたのは鮮やかなグリーンとパープルです。これなら、街中でもポップな雰囲気でコーディネイトできますよね。
※掲載商品はすべて税抜き価格です

■ お問い合わせ

ゴールドウイン カスタマーサービスセンター 0120-307-560

この記事が気に入ったら「いいね!」しよう

LEON.JPの最新ニュースをお届けします。

RECOMMEND FOR YOUおすすめの記事

    RELATED ARTICLES関連記事

    SERIES

    READ MORE

    買えるLEON

      SPECIAL