• TOP
  • ITEMS
  • 「ヌケ感」ってなに? 若作りに見えない大人のキャップの選び方

2020.02.16

「ヌケ感」ってなに? 若作りに見えない大人のキャップの選び方

大人になると似合いづらくなるアイテムのひとつにキャップが挙げられます。アクティビティ的にではなく、あくまでファションとしての見映えが大人の条件。ですが、今冬、どうやら白キャップが欠かせなそうな予感が……。そこで今回は、おじさんにも、そして若作りにも見えない大人のキャップの選び方を考えてみました。

CATEGORIES :
TAGS :
CREDIT :

スナップ・写真/Yu Fujiwara(@8and2) 静物・写真/蜂谷哲実(hachiya studio) スタイリング/稲田一生 テキスト/持田慎司

冬の厚着スタイルにこそ、白キャップでヌケ感を作るべし

この冬トレンドのチェックのコートを着て颯爽と闊歩する御仁。クラシックな印象になりがちなコーディネートですが、白いキャップがヌケ感を作って、実に今っぽい着こなしに仕上がっております。
今年の秋冬はダークトーンの色合わせやクラシックなチェック柄のアイテムがトレンドと言われていますが、それをそのまま着込むだけでは、ちょっと重い印象になってしまうのも事実。いい大人は避けて通るべき道。

そこでオススメなのが、ヌケ感を作るというテクニックです。このテクニックを実践するうえで必要なのが白のキャップ。白という色味がもつ軽快感や清潔感は、重厚な秋冬の着こなしに軽やかさをプラスしてくれるからです。さらにキャップが本来備えているスポーティなイメージによって、重苦しい厚着スタイルにヌケ感が生まれるという算段です。

ちなみに「ヌケ感」というのは、リラックスした印象、あるいは大人っぽい見栄えを感じさせる余裕のこと。ルールもなくデタラメに着るのではなく、ある一定のルールの中で着崩すということ。お洒落に見える人はこのあたりがお上手なのです。

で、そんな白キャップの選びのポイントは以下の2つ。

1.浅めの設計
2.シンプルなデザイン。

この条件を満たした白キャップさえかぶれば、即座に冬のお洒落にヌケ感がプラスされるため、冬の着こなしのマンネリ打破にもなりますし、お洒落感がプラスされますので、是非ともお試しを。
PAGE 2

◆ オススメの白キャップ その1「ラルフ ローレン」

お馴染みのポニーが小さくセンターに

8000円/ポロ ラルフ ローレン(ラルフ ローレン)
純白のコットン地にアイコンのポニーを刺繍した、ひと目で同ブランドの作であることがわかるキャップ。オーセンティックなシンプルなデザインと潔いホワイトの配色との組み合わせで、小さく配されたロゴがより一層大人っぽく際立つというワケ。コーディネートを選ばず、世代を超えてウケるワンポイントキャップの筆頭です。

◆ オススメの白キャップ その2「ニューエラ」

ロゴがサイドにさり気なく入ったタイプも大人っぽい

3800円/ニューエラ
柔らかなかぶり心地とクラシックなフォルムが特徴の『9TWENTY™』のオールホワイトヴァージョン。左サイドにあしらったロゴマーク以外は無地というミニマルデザインなので、どんなコーディネートにもすんなりハマります。ちょっと軽くかぶりたい、なんて時にもうれしい価格帯。
PAGE 3

◆ オススメの白キャップ その3「ラコステ」

随所に遊び心を散りばめて

6300円/ラコステ(ラコステお客様センター)
フロント部分にはブランドの頭文字であるLを。そしてサイドにおなじみのワニマーク配置しつつ、バックアジャスタに採用したテーピング付きベルトもポイント。シンプル過ぎないので、かぶるだけで即効お洒落な印象に。

■ お問い合わせ

ニューエラ 03-5773-6733
ラコステお客様センター 0120-37-0202
ラルフ ローレン 0120-3274-20

この記事が気に入ったら「いいね!」しよう

LEON.JPの最新ニュースをお届けします。

RECOMMEND FOR YOUおすすめの記事

    RELATED ARTICLES関連記事

    SERIES

    READ MORE

    買えるLEON

      SPECIAL