• TOP
  • ITEMS
  • 【速報】iPhone 11 Proはまさに「プロ」並のカメラ機に! アップル最新情報まとめ

2019.09.11

【速報】iPhone 11 Proはまさに「プロ」並のカメラ機に! アップル最新情報まとめ

本日9月11日に新型となる「iPhone 11 Pro」を発表したApple。その内容を速報レポートします!

CATEGORIES :
TAGS :
CREDIT :

文/平井敦貴

いよいよ新型iPhone登場! 

日本時間9月11日の未明に行われたアップルスペシャルイベントで、いよいよ新しいiPhoneが発表されました。

新型の名は「iPhone 11」と「iPhone 11 Pro」。この2つ、見た目で大きく異なるのはそのカメラのレンズの数。「iPhone 11」が「XS」などと同じデュアル(2つ)レンズなのに対し、「iPhone 11 Pro」はトリプル(3つ)レンズを搭載。予約注文は9月13日より開始(発売は9月20日)とのことですが、ここではよりハイスペックな「iPhone 11 Pro」に絞って、発表された内容を振り返っていきます。
PAGE 2

iPhone 11 Proはバッテリーとカメラが進化!

「A13」チップにより省電力と高性能を両立。
まずは性能面。性能がアップデートした「A13」チップにより処理速度が20%ほど向上したとのこと。それに伴いバッテリーの消費が改善され、前機種の「iPhone XS」シリーズより4〜5時間もバッテリーの持ちが良くなったそう。驚異的な進化です。
そして最大の特徴であるトリプルレンズカメラですが、これが凄まじいクオリティを発揮。「iPhone XS」シリーズの「望遠(Tele/52mm)」「広角(Wide/26mm)」に加え、「超広角(Ultra Wide/13mm)」が追加されました。その広角具合は13mmと言いますから、GoProなどのアクションカムと同等以上の画角での撮影が可能となります。
「iPhone 11 Pro」での超広角レンズでの撮影例。
このバッテリーの持ちが良くなったことと、超広角レンズが追加された2点は、ほとんどのユーザーに恩恵を与えるでしょう。特にカメラに関しては、iPhoneの写真はすでに多くのデジカメを超えるレベルとなっていますが、その弱点の1つだった「超広角」をこれで克服したことになります。
ちなみに発表会のデモではまつ毛の毛先までシャープに写された写真や、まるで映画そのもののような映像(編集もiPhoneで行われたそう)が映し出され、集まったメディア関係者に衝撃を与えていました。
PAGE 3

価格は10万円オーバー

価格はiPhone 11 Proで999ドル(10万6800円)〜。より大きなサイズのiPhone 11 Pro Maxで1099ドル(11万9800円)〜とのこと。いずれも10万円オーバーと高額機種にはなりますが、すでにiPhoneを使っているユーザーであれば現在使っている機種を下取って割引してくれるサービスも。個人的に、今回の新型iPhoneは発表前までは買い換える気はなかったのですが、今回のプレゼンテーションを見ていて買うことを決意しました。

色はシルバー・ブラック・ゴールドといった既存色に「ミッドナイトグリーン」が追加されています。この色味がなかなか大人っぽいので、既存のiPhoneカラーに飽きた方は変えてみることをオススメします。
「iPhone 11」はこれまでにないファンシーなカラーが登場。
ちなみにProではない方の「iPhone 11」は、ポップなカラーバリエーションで展開。さらに廉価版としてiPhone XRやiPhone8も併売されるそうなので、気になる方は公式サイトをチェックしてみてください。
PAGE 4

アップルウォッチはシリーズ5へ

今回はアップルウォッチに関しても多くのトピックがありました。シリーズ5となる最新モデルでは、購入時にケースとバンドの組み合わせが好きなものから選択できるようになるそうです。ケースはアルミ、ステンレス、チタン、セラミックの4種から選ぶことができ、バンドは豊富な種類の中から選択可能。これは地味に嬉しい進化です。
なお、初期から続く「エルメス」モデルも4種類が発表され、独自のレザーバンドとオリジナルの壁紙で、他のモデルと圧倒的な差別化を図っています。
また、これまで省電力のため通常時にはディスプレイ表示が消えていましたが、このシリーズ5では常時での表示が可能となりました。コンパス(電子的な方位磁石)も内蔵するので、アウトドアや山登りなどが趣味な方にもうってつけです。

年々アップデートしているアップルウォッチからも目が離せませんね。
PAGE 5

iPad第7世代は、より低価格・高機能に

先日発表された「iPadOS」により独自の道を歩き始めたiPad。アップルは今後、PCに代わるマシンとしてiPadを考えており、キーボードやマウスなどの対応にも力を入れています。

そんな中、普及機としての役割を担っているのがこの「iPad(第7世代)」です。10.2インチというディスプレイ面積を誇りながらも329ドルという低価格で、現行のiPad Proの半額以下で購入することができます。
また、それでいてアップルペンシル(第1世代)やスマートキーボードにもしっかり対応するので、出先での軽い作業であればPCではなくiPad1台で済ますことができるようになるかもしれません。

PC同様のブラウジングと、外部メディアを「ファイル」アプリでデータ管理ができるようになったiPad。カバンに1台入れておけば、ビジネスでもあらゆるシーンで活躍することでしょう。
また、11月1日からサービスが開始されるアップルの動画配信サービス「Apple TV+」や、サブスクリプション型ゲームサービス「Apple Arcade」などでも活躍すること請け合いですので、まだiPadデビューしていない方は、これを機にコスパに優れた「iPad(第7世代)」を買ってみてはいかがでしょうか?
PAGE 6
個人的には今回のアップルのイベントは「当たり」が多いと感じました。iPhone 11 Proは、まさに「プロ」並のカメラ機と言えるので、購入したらまた本サイトでレビューしたいと思います!

この記事が気に入ったら「いいね!」しよう

LEON.jpの最新ニュースをお届けします。

RECOMMEND FOR YOUおすすめの記事

RELATED ARTICLES関連記事

SERIES

READ MORE

SPECIAL