• TOP
  • ITEMS
  • 【注目】大人が着るべきスポーティな人気ブランド6選

2019.10.13

【注目】大人が着るべきスポーティな人気ブランド6選

カジュアルではもちろん、もはやビジネスシーンにさえ浸透したスポーツ勢力。右を向いても左を向いてもスポーティなブランドが居並ぶ中、いま大人が注目すべきブランドを揃えてみました。

CATEGORIES :
CREDIT :

写真/鈴木泰之(Studio Log) スタイリング/小野塚雅之 文/安岡将文

ルックスと機能を備えた"大人向け"が続々

とどまることを知らないスポーツトレンド。スポーツ専業ブランドからラグジュアリーブランドまで、まさに百花繚乱状態となっています。

単にトレンドだからというだけではなく、スポーツ系ならではの優れた機能性や快適性は、一度慣れると手放せなくなるもの。さらに、昨年から今年にかけて、ニューブランドやニューラインが続々と登場しており、この勢いはまだまだ続きそうです。

そこで今回は、今注目すべきスポーツ系ブランドをピックアップ。新鋭から専門系まで、通が納得出来るブランドを揃えましたので、是非とも参考にしてくださいませ。

◆ トミー スポーツ 

よりスペックにこだわった注目の新ライン

左から、フーディー1万9000円、ジャケット2万9000円/ともにトミー スポーツ(トミー ヒルフィガー カスタマーサービス)
2019年の春夏シーズンよりスタートした、アスレチックラインとなる「トミー スポーツ」。これまでもスポーティなアイテムはありましたが、同ラインは吸水速乾素材やストレッチ素材など、これまで以上にハイパフォーマンスなアイテムを展開しています。

今秋冬ではスポーツをベースに、街にもアウトドアにも溶け込むアイテムを提案。左のフリースパーカはオーバーサイズのゆったりとしたシルエットに、切り替えナイロンがポイント。

右は90年代ストリートを想起させるカラーブロックに、リフレクト加工素材をアクセントに効かせています。
PAGE 2

◆ クルト 

大人の上質スポーツは、こんなパンツが頼りに

左から、3万7000円、3万6000円/ともにクルト(PT ジャパン)
2018年の春夏からスタートした「クルト」。ご存知イタリア発の美脚パンツブランド「PT01」から派生したコレクションで、その名の由来はキネティック ウルティメイト トラウザーズ(=究極に活動的なパンツ)の頭文字。

イタリアンカーデザインのレジェンド、G・ジウジアーロ氏の息子で工業デザイナーのF・ジウジアーロ氏との共同開発となるブランドらしく、その性能は実にハイスペックです。

どちらも、速乾性や高通気性、ストレッチ性にUVカットなどなど、本格的なスポーツウェアと同等のパフォーマンスを披露。それでいて美脚とくれば、大人スポーツスタイルのまさに下支えとなる存在となるでしょう。

◆ エリス 

ドイツ発にして、ジャパンカルチャーの面影がチラリ

ベスト5万円、パーカ3万5000円/ともにエリス(アールシーティージャパン)
2017年にデビューした「エリス」は、ドイツ生まれ。機能性とファッション性の融合をコンセプトに、ドイツらしいシンプルなルックスに仕上げているのが見どころです。

また、工場や素材の生産背景までも考慮して、すべてメイド・イン・EUのこだわっているのも魅力です。左のベストは、ノートPCを背中に収納できるユニークなポケット使いがポイント。その機能的なポケットデザインは、忍者の装束から着想を得たのだとか。

右のパーカーは、ビスコース混の生地の滑らかな肌触りが特徴。肩から袖に掛けての切り替えしには、オリガミニットと名付けたジャカード織りを採用するなど、ここにも日本の影響が垣間見られます。
PAGE 3

◆ リプレイ 

デニムから派生した大人ストリートの新基準

ブルゾン5万円、パンツ2万4000円/リプレイ(ファッションボックスジャパン)
デニムブランドとして名高い「リプレイ」による、NYのアーバンウェアとLAのストリートウェアの要素を取り入れた新コレクション。デニムで培った動きやすさと快適性へのこだわりと、トレンドを鑑みたアーバンストリートスタイルの融合は、まさしく大人のスポーツ系ストリートの理想を体現しています。

ミリタリーなエッセンスが香るブルゾンは、軽量で防水透湿性にも強度にも優れる米国デュポン社が開発した素材タイベック®を使用。中綿入りで保温性も抜群です。

パンツは、10.5オンスのパワーストレッチデニムを採用。ポリウレタン19%というかなりの伸縮性を生かして、シルエットは細身でスッキリ。その穿き姿には洗練さが漂います。

◆ プレイス 

スポーティ&機能的にして大人顔

ジャケット1万6800円、スウェット1万1500円/ともにプレイス(ハンドイントゥリー  ショールーム)
2018年にカナダのモントリオールで設立された「プレイス」。モントリオールはフランスのカルチャーの影響を強く受けていることで知られており、同ブランドのデザインもヨーロッパテイストなアプローチを披露します。

スポーティでありながらエスプリ漂う雰囲気は、大人のスポーツMIXに打ってつけ。左のアノラックは、まさにその好例で、ロゴがスポーティさを強調しながらも、トーンを抑えたブロックカラーが落ち着きを示します。シルエットもコンパクトで、洗練された着姿に。

右のスウェットも、リブ幅を狭めにすることで野暮ったさを払拭。甘織りのスウェット生地は、柔らかく心地よい肌触りを楽しませてくれます。
PAGE 4

◆ デサントディーディーディー 

あのデサントが贈るアーバンファンクショナブル

ジャケット4万3000円、スウェット1万1000円/ともにデサント ディーディーディー(デサント ブラン 代官山)
スポーツブランドとしての「デサント オルテライン」と、多角的な提案を行なう「デサント」が新たに仕掛けるカジュアルウェアラインが「デサント ディーディーディー」。

スポーツウェアの開発で得たノウハウを生かしつつ、ミリタリーやヴィンテージといったキーワードに落とし込んだアイテムは、機能的にして機能自慢にならない、大人好みなベーシック顔に仕上がっているのが魅力です。

左のシェルジャケットは、耐水透湿性を備えた2.5レイヤーながら、コットン混生地とアースカラーが街に溶け込みます。右のスウェットは、シンプル&ベーシックなルックスにして、ストレッチ性と吸水性に優れているのが見どころです。
※掲載商品はすべて税抜き価格です

■ お問い合わせ

アールシーティージャパン 03-6303-1039
デサント ブラン 03-6416-5989
トミー ヒルフィガー カスタマーサービス 0120-266-484
ハンドイントゥリー ショールーム 03-3796-0996
PT ジャパン 03-5485-0058
ファッションボックスジャパン 03-6452-6382

この記事が気に入ったら「いいね!」しよう

LEON.jpの最新ニュースをお届けします。

RECOMMEND FOR YOUおすすめの記事

RELATED ARTICLES関連記事

SERIES

READ MORE

SPECIAL