• TOP
  • ITEMS
  • 【最新】吉田カバン・ポーターの究極バッグが、大人に丁度よかった件

2019.08.18

【最新】吉田カバン・ポーターの究極バッグが、大人に丁度よかった件

大人のバッグは耐久性や使い勝手に優れていることが当たり前。それらに加え、スタイルを引き立たせる洒落感をも完備していることが究極の理想です。吉田カバン・ポーター スタンド オリジナルの”ハイプ”こそは、すべての要素を網羅したアクティブバッグの完成型と言えるもの。

CATEGORIES :
TAGS :
CREDIT :

写真/蜂谷哲実(hachiya studio) スタイリング/小野塚雅之 文/長谷川 剛(04)

手軽にして効果絶大な“差し色”バッグ

今やバッグはスタイルを語るうえで欠かせないマストアイテム。耐久性や使い勝手はもちろん、装いをクールに見せる効果を持つモノだけがバッグの逸品と呼べるのです。そこで注目したい本邦バッグブランドの殿堂が打ち出す話題作。吉田カバン・ポーター スタンド オリジナルが手掛ける“HYPE(ハイプ)”シリーズこそは、大人の装いを手軽に格上げしてくれる名品と言えるもの。

なかでもブラック×オレンジのモデルは、装いにおけるアクティブな差し色アイテムとして実に効果を発揮してくれる仕上がりです。ナイロン系のスポーツバッグはカジュアル全盛の昨今、多くのブランドからリリースされています。しかしポーターの”ハイプ”は絶妙なパネルの切り替えデザインにより、派手すぎずどこかモードな洒落感をも漂わせます。

コーデュラ®︎ナイロンとリップストップナイロンを使い分けながら、世界トップクラスの縫製にて仕上げており、プロダクトとしての存在感を十二分に備えていることも重要なポイントです。だからこそ、大人の装いに取り入れても浮いてしまわないというワケ。もちろん使い勝手もとことん考慮されており、日常の移動が至極スムーズになることも同時に保証いたします。

スポーツミックスの装いにジャストなバックパック

[W290×H470×D130㎜]バックパック6万5500円/ポーター(ポーター スタンド 品川駅店)
昨今のトレンドであるスポーツミックススタイルの完成度を上げる意味でも注目したいバックパック。本モデルは、メイン荷室やポケットの口元に配したナイロンコードにより、指を掛けつつワンアクションにて開口部がオープンできる便利な設計。またPCポケットを備えたメインの荷室の他、フラップ部分やフロント部分にも小物ポケットを装備。またメイン荷室にはサイドジップを設けており、ダイレクトアクセスが可能なとこともポイントです。
PAGE 2

さり気ないオレンジ使いが洒脱な2ウェイトート

[W350×H370×D130㎜]2WAYトートバック3万2000円/ポーター(ポーター スタンド 品川駅店)
両手フリー使いが可能なショルダーストラップ付きにして、肩がけもできるハンドルを備えた2ウェイトート型。オレンジ部分を抑えたカラーリングにより、シックな装いにも取り入れやすいデザインです。ザックリとしたトートは少数ポケットがひとつのウィークポイント。しかしこのモデルは、サイドマチ部分の外部ポケットに加えPC用ポケット、それに各種小物ポケットまで装備。開口部にもスナップボタンが付くため、不意の荷物の飛び出しも防いでくれる設計です。
PAGE 3

多彩なポケットが魅力のミディアムショルダー

[W320×H250×D80㎜]2WAYショルダーバック3万円/ポーター(ポーター スタンド 品川駅店)

自転車通勤やオフ用のバッグとしても最適なミディアムサイズのショルダー型。本体には上部にサブハンドルも備えており、電車などを利用するときなど持ち方を変えられるのがポイントです。メインの荷室のほか、小物ポケットを2つ前面に配した大型フロントポケットを装備。また、本体背面にも雑誌収納などに適したオープンポケットを備えるなど、スキのない構成が魅力です。
※掲載商品はすべて税抜き価格です

■ お問い合わせ

ポーター スタンド 品川駅店 03-6408-9173

この記事が気に入ったら「いいね!」しよう

LEON.jpの最新ニュースをお届けします。

RECOMMEND FOR YOUおすすめの記事

RELATED ARTICLES関連記事

SERIES

READ MORE

SPECIAL