• TOP
  • ITEMS
  • 人気アウトドアブランドのバックパック5選。オンオフ使えるのはコレです!

2019.05.14

人気アウトドアブランドのバックパック5選。オンオフ使えるのはコレです!

いまどきのユーティリティなスタイルには、バックパックが似合いますよね。モード系のトップメゾンから、ストリート系ブランドまで、いろんなバックパックが登場していますが、アウトドア系ブランドのバックパックは、デザインも機能性もやっぱりひと味違って、使い勝手が抜群です!

CATEGORIES :
TAGS :
CREDIT :

写真/島本一男(BAARL) スタイリング/小野塚雅之 文/池田保行(Zeroyon)

フィールドにも街にもハマる、お出かけバックパックはこの5点

バックパックって、結構モノが入りますので何かと使い勝手がよいものです。両肩で背負えば重さも軽減されて両手も空くので、オンオフ問わず大活躍間違いありません。特にアウトドア系ブランドのバックパックは、フィールドで培われた機能性のおかげで、街中でもかなり便利。

ファッション視点でいっても大人のカジュアルスタイルにマッチするものが多いんです。旬のラグスポカジュアルにはもちろん、ジャケットスタイルも今どきのスポーティなものなら相性はバツグン。最近ではシャカ素材の軽〜いジャケットが仕事着として市民権を得てきていますので、シンプルな色&素材のものを選べば、通勤用バッグとしても違和感ナシです。

普段は書類やノートPC、タブレットなどを収納して電車移動したり、着替えとシューズを入れて会社帰りにジムに立ち寄ったり。海外なら旅慣れた風情になるなど、あらゆるシーンで使い勝手がいいんですね。そんな、どこへでも持っていきたくなる“お出かけバックパック”を、人気アウトドアブランドのなかから選りすぐりました!

◆ アークテリクス 

梅雨もゲリラ豪雨も安心です

[H52×W30×D12㎝] 2万4000円/アークテリクス(アークテリクス コールセンター/アメア スポーツ ジャパン)
「グランヴィル20」は、メッセンジャーバッグとデイパックのハイブリッド。素材は軽量リップストップナイロンで、防水性の高いラミネート加工を施しているため雨対策は万全です。大型フラップにはスマホや財布を、メインコンパートメントには15インチノートPCが余裕で入るポケットも配置。内装のメッシュポケットには充電器やケーブル類を整理収納でき、オン&オフに活躍すること間違いなし!なんです。
フラップエッジの内側にジップを設定することで、メインコンパートメントへの雨水の侵入を防ぐ仕様。内装背面に緩衝材入のPCポケットが備わっていますが、PC不要の場合は荷物を整理収納できるディバイダーとなって、荷室内を使いやすくキープできるます。
PAGE 2

◆ グレゴリー 

ジム用シューズを入れるための専用ポケット付

[H49.5×W43×D16㎝] 2万4000円/グレゴリー(サムソナイト・ジャパン)
オーセンティックなデイパックを思わせる「マイティーデイ」は、“おにぎり型”のデイパですが、容量と機能性は格段に進歩を遂げています。フロントの斜めポケットはデザイン的にアクセントでもありますが、力を入れず容易に引き開けることができる構造。メインコンパートメントにはPCスリーブをはじめ、多彩なポケットを配置。そしてなんと、ボトムコンパートメントはシューズ専用! 仕事帰りのジムにも行くのに最適なデイパックの登場です!
独立したボトムコンパートメントは、シューズがちょうど入るサイズ。ジム用やランニング用などの、履き替え用シューズを入れて会社にも行けるという具合いです。もちろん、小物の整理収容用に使うのもOK! ライフスタイルに合わせた使い方ができるんです。

◆ ホグロフス 

まるでブリーフケースのような収納のしやすさ

[H49×W26×D16㎝] 1万7000円/ホグロフス(アシックスジャパン ホグロフス事業部)
ホグロフスを代表するデイパック「コーカー」は、環境に配慮したリサイクルポリエステル素材をつかった、このブランドの人気定番シリーズ。弧を描くサイドパネルがメインコンパートメントへの入り口になっているのが特徴で、出し入れはもちろん、中身の状態の見やすさは目からウロコの使いやすさ! ではトップのジップはなにかといえば、ここは浅めのポケットになっていて、スマホやカギなど、荷室内で行方不明になりがちな小物収納に最適なのです。
サイドパネルを開くと、パネル裏に各種ポケットを配置しているので。どこに何が入っているか一目瞭然。ポケットをごそごそ探らなくてもいいので、とっても使いやすいのです。緩衝材入りのPC専用ポケットも横型配置されていて、まるでブリーフケースのように出し入れもしやすくなっています。
PAGE 3

◆ マックパック 

味を楽しみながらも、防水性は衰え知らず

[H50×W26×D23㎝] 1万6000円/マックパック(ゴールドウイン カスタマーサービスセンター)
定番デザインを継承する「カウリ クラシック」。半永久的な防水性能が持続する高い耐水性を備えた「エコ アズテック®」素材を採用しています。これは摩耗に強いコットンと、腐食に強いポリエステルとを混紡して、生地の段階で繊維に特殊なワックス防水液を浸透させた「マックパック」のオリジナル素材です。しかも使い込むほどに味わいが増しながら、機能性は衰えないというだけ合って、長く愛着を持って使い続けることができるんです。
メインコンパートメント背面には、PCを縦収納できるメッシュのポケットを配置。サイドにはポール収納用ループを配置するなど、街からフィールドまでオールマイティに使えます。

◆ ティラック 

軍用に使われる高耐久&超高密度コットンを採用

[H49×W26×D16㎝] 4万円/ティラック(バーリオ)
ポートニック初のバッグとして誕生した「アーマー パック01」は、ロールトップ方式のバックパック。素材には、空軍パイロットのスーツにも使われてきた超高密度で高耐久性をもつコットン「ベンタイル」を採用しました。このベンタイル、水を吸うと繊維が膨らんで織り目を塞ぐため、水が中まで滲み込まないという天然素材の機能素材。街中では、カジュアルなウェアと合わせやすいので使いやすく、フィールドでは機能的にも優秀という勝手の良さを誇ります。
内装のエマージェンシーオレンジがミリタリー感を掻き立てて男心をくすぐる仕様。トップの開閉は、くるくると丸めるように折りたたんで、サイドの♂プラバックル、ショルダーストラップに取り付けられた♀バックルにカチャンとセットするだけ。
※掲載商品はすべて税抜き価格です

■ お問い合わせ

アークテリクス コールセンター/アメア スポーツ ジャパン 03-6631-0833
サムソナイト・ジャパン 0800-12-36910
アシックスジャパン ホグロフス事業部 03-6369-8885
ゴールドウイン カスタマーサービスセンター 0120-307-560
バーリオ 075-354-6604

この記事が気に入ったら「いいね!」しよう

LEON.jpの最新ニュースをお届けします。

RECOMMEND FOR YOUおすすめの記事

RELATED ARTICLES関連記事

SERIES

READ MORE

SPECIAL