• TOP
  • ITEMS
  • 【人気】吉田カバン・ポーターの真っ黒バッグがかなりイケている!?

2019.05.08

【人気】吉田カバン・ポーターの真っ黒バッグがかなりイケている!?

オシャレを突き詰めると、黒にたどり着く。これ、ファッション界の定説です。もちろん、バッグも然り。真に使えるバッグに、色の主張は必要なし。「ヘッド・ポーター」のブラックビューティーは、まさに好例ではないでしょうか。

CATEGORIES :
TAGS :
CREDIT :

写真/島本一男(BAARL) スタイリング/稲田一生 文/安岡将文 編集/長谷川茂雄

何もかも全部が黒だから、オンでもオフでも使える!

今春夏シーズン限りで展開を終了すると、昨年発表された「ヘッド・ポーター」。同名義での展開は終わりますが、今秋から新たなブランドが展開されるとあって、実に楽しみです。そんな「ヘッド・ポーター」からは、1998年の設立より様々な人気シリーズが登場しました。
その中でも、設立以来支持され続けてきたのがブラックビューティー。高密度のナイロン素材をつや消しにし、そしてタグやパーツ、裏地に至るまでブラックで統一したカラーリングは、いわば“大人のためのポーター”といったところ。

カジュアルだけでなく、ビジネスでも人気を博しているのがその証です。それだけにシリーズ終了は惜しい! 新ブランドも楽しみですが、最終コレクションの買い逃しもなきように。
PAGE 2

◆ デイパック 

オフだけでなく、オンでもちゃんと実力発揮

[W29×H49×D14cm]4万5500円/ヘッド・ポーター(ヘッド・ポーター東京)
3層構造と収納力抜群ながら、ミニマルなルックスに収めている辺りが、ブラックビューティーらしさ。「ラップトップデイパック」というモデル名から想像できる通り、ベーシックなデイパック型をベースにしながら、ビジネスで通用する効率的ポケット使いが満載です。底部のジップにはバレルショルダーが収納されており、いざとなったら収納力を増やすことも可能です。

◆ ブリーフケース 

多彩な収納力は、ビジネストリップで特に重宝

[W42×H30×D11.5cm]3万7000円/ヘッド・ポーター(ヘッド・ポーター東京)
こちらはビジネス向けのラップトップ3WAYブリーフケース。ブリーフ、ショルダー、リュックの持ち方が可能です。メイン収納は2室仕様で、一般的なブリーフケースよりもやや大きめな印象。

もちろん、その分だけ収納力は高く、ラップトップをはじめ大小様々なオープンポケットやペンやキーといった小物、またクリアポケットなどなど、さすが計算されたポケット使いを披露します。
PAGE 3

◆ ショルダーバッグ 

ラフだけど軽薄じゃないのが、オール黒の醍醐味

[W42×H27×D13.5cm]1万4500円/ヘッド・ポーター(ヘッド・ポーター東京)
半月型と薄マチによりカラダにフィットしてくれる、ジップ仕様のショルダーバッグ。ブラックビューティーお馴染みの50デニール高密度ナイロンタフタPVCは、軽量性においても優れています。

収納は2室構造をベースに、サイドにも小物入れに便利なジップポケットが。タグまでもオールブラックで統一したソリッドなカラーリングとともに、大人の休日バッグとして活躍してくれます。
※掲載商品はすべて税抜き価格です

■ お問い合わせ

ヘッド・ポーター 東京 03-5771-2621

この記事が気に入ったら「いいね!」しよう

LEON.jpの最新ニュースをお届けします。

RECOMMEND FOR YOUおすすめの記事

RELATED ARTICLES関連記事

SERIES

READ MORE

SPECIAL