• TOP
  • ITEMS
  • 名品と呼ばれるメガネ、あなたはいくつ知っていますか?

2019.03.09

名品と呼ばれるメガネ、あなたはいくつ知っていますか?

似合うかどうかもさることながら、歴史に残る名作であるか、というアプローチもメガネ選びの醍醐味。日米の気鋭が作るアイコンモデルを選べば、5者5様のキャラ立ちが叶うこと間違いナシですよ!?

CATEGORIES :
TAGS :
CREDIT :

写真/島本一男(BAARL) スタイリング/髙塩崇宏 文/瀧川修平

名作メガネ、どれだけご存知!?

ファッションアイテムであり視力矯正器具でもあるメガネにも、永久不滅の名作が存在します。

古くはアメリカの3大ブランドと呼ばれるアメリカンオプティカル、シュロン、ボシュロムのヴィンテージ、言わずと知れたレイバンは「ウェイファーラー」や「クラブマスター」、「アビエーター」などのレジェンドモデル。英国にはオリバーゴールドスミスのコンスル、イタリアにはペルソールの「714」などなど、数え上げればキリがありません。

そこで、それらの次世代を担う日本とアメリカの5傑が看板としてリリースし続ける、新定番ともいうべき近年の名品をピックアップ。これらを掛ければ、各社のブランドイメージを体現しながらも目元でキャラ立ちが叶うこと間違いナシ。まずは知識として吸い上げつつ、これぞと思う一本が見つかればお店でご試着の上、ぜひ自身のアイコンとしていただきたく。
PAGE 2

◆トム フォード 

太セルにTバーでキャラ立ちは確実

上:4万円、下:4万6000円/ともにトム フォード(トム フォード アイウエア)
2005年のコレクションデビューと同時に黒フチのウェリントンを展開。シャンパンゴールドに輝く智元のTアイコンで一躍アイウェア業界のど真ん中に躍り出たトム フォードといえば、上の「TF5178」と下の「TF5040」は外せません。

前者は2009年に公開されたトム・フォードの初監督作品『シングルマン』で、黒フチメガネを自身のトレードマークとする主演のコリン・ファースが掛けたシグニチャーモデル。アイコニックな目元を求めるなら、右に出るフレームはまず無いでしょう。

◆モスコット 

小ぶりなボストンといえばココ!

上:3万1000円、下:3万1000円/モスコット(モスコット トウキョウ)
1915年に創業したモスコットは、クラシックなプラスチックボストンの原点といえる1930年代に作られた下の「ミルゼン」、1950年代に誕生したひと回り太い「レムトッシュ」で高く評価されているニューヨークブランドです。

貫禄の漂う小ぶりなシェイプ自体が見所ですが、愛好家を魅了するもう一つの理由が多感な有名人の偏愛履歴。クラーク・ケントやバディ・ホリー、ウッディ・アレン、アレン・ギンズバーグをはじめとする当時のアーティストや文化人のトレードマークとしても注目を集めています。
PAGE 3

◆オリバーピープルズ 

今のトレンドにドンピシャな傑作がズラリ!

上:2万8000円、下:2万9000円/ともにオリバーピープルズ(ルックスオティカジャパン カスタマーサービス)
ハリウッドセレブ御用達のオリバーピープルズは、旬や気分を巧みに体現したヴィンテージにインスパイアされたフレームの宝庫。とりわけ白眉なのは、細身にシフトする近年の潮流を具現化した2本のアセテート眼鏡のデザインです。

上は80年代のボストンを現代的に蘇らせた「フィンリー」。下は映画『ローマの休日』や『アラバマ物語』で人気を博した俳優、グレゴリー・ペックへのオマージュモデル「グレゴリーペック」。一見似ていますが、デザインと機能両方兼ね備えたピンのついた前者はスクエア風、気持ち主張する後者はより丸に近くブリッジも高くなっているなど、実は異なるキャラ立ちが期待できます。
PAGE 4

◆金子眼鏡 

世界が認める鯖江の底力に刮目

上:4万2000円/泰八郎謹製、下:3万4000円/井戸 多美男作(オプティシァン ロイド)
国産アイウェアのメッカ、福井県鯖江市で1958年からこだわりのメガネを作り続ける金子眼鏡。熟練職人が各々の持ち味を生かしたブランドを自身の名前で展開しています。

例えば、泰八郎謹製の「プレミアⅧ」は、セルロイド一筋50年の山本泰八郎さんが手作業で仕上げるノー芯製法のバイカラーボストン。サンプラチナの加工を得意とする井戸多美男さんの「T416」は、極めてシンプルな一山の丸メガネに七宝を焼き付けた芸術品。いずれも物の良し悪しがわかる大人にこそオススメしたい傑作です。

◆フォーナインズ 

能あるメガネはテクノロジーを隠す!

上:3万8000円、下:4万7000円/フォーナインズ(フォーナインズ)
1995年の創業以降、20年以上日本のメガネトレンドを牽引するフォーナインズ。その2000年代を代表するデザインの“メタルブロウ”をアップデートしたのが上の「S-370T」。実はブロウバーに対し独立してレンズが固定されたダブルフロント構造で、着脱時の負荷を軽減させるテクノロジーが秘められています。

一方下の「M-66」は、近年のクラシックブームをフォーナインズ流に解釈したサーモント。ブランドを象徴する逆Rパーツの印象を抑えることで、クラシックな見た目と顔を包み込むような掛け心地を同居させました。どちらを選んでも独自性のあるテイストは健在です。
※掲載商品は税抜です。

■ お問い合わせ

オプティシァン ロイド 03-3423-0505
トム フォード アイウエア 03-6804-3652
フォーナインズ 03-5797-2249
モスコット トウキョウ 03-6434-1070
ルックスオティカジャパン 0120-990-307

この記事が気に入ったら「いいね!」しよう

LEON.jpの最新ニュースをお届けします。

RECOMMEND FOR YOUおすすめの記事

RELATED ARTICLES関連記事

SERIES

READ MORE

SPECIAL