• TOP
  • ITEMS
  • 最新アウトドアブーツ5選。今っぽい雰囲気は足元で決まります

2019.02.16

最新アウトドアブーツ5選。今っぽい雰囲気は足元で決まります

アウトドアやスポーツミックスが旬の今、クライミング&トレッキングブーツなど足元にもデザインに変化が到来中です。まるで今どきのハイテックなスニーカーを彷彿とさせる、スポーティでユーティリティな最新ブーツをご紹介します。

CATEGORIES :
CREDIT :

写真/島本一男(BAARL) スタイリング/稲田一生 文/池田保行(Zeroyon)

アウトドアブーツに、テック系スニーカーデザインの波

ハイテク系スニーカーのブームは、モード界だけでなく登山やトレッキングをはじめ、アウトドア・スポーツ界にも影響を与えている様子。その証拠に、高機能なアウトドアブーツにも、野外のみならず街でもお洒落に履けるデザインのものが登場しています。

とくに今季は、大人のシンプルな着こなしのアクセントに使えそうなスニーカー風のモデルが豊作です。新進気鋭のスポーツブランドから、歴史と伝統あるアウトドアブランドまで、街で映えるテックなアウトドアブーツをご紹介します。

● コーディネート例 

都会のアウトドアスタイルは、アクセントになるアイテム使いがポイント

靴2万1000円/イノヴェイト(デサントジャパンお客様相談室)※ソールのイエロー部分がブラックに変更されます、コート5万6000円/デサント オルテライン(デサント ブラン 代官山)、ニット2万3000円/グランサッソ(エスディーアイ)、パンツ2万6000円/ソリード(タトラス ジャパン)、サングラス0万0000円/トムブラウン アイウェア(ディータ 青山本店)、バックパック4万9000円/フェリージ(ビームス 六本木ヒルズ)
アウトドアウェアは視認性を高めるために、あえてケミカルでビビッドな派手色が多いですが、都会のアウトドアスタイルはモノトーンなどでぐっとシックに抑えて着るのがポイントです。しかしここで黒一色とはいえ、シャカシャカ素材のみで統一しては、なんだか雨具みたいでいただけませんね。

そんなときは、異素材をミックスさせてメリハリを。ニットをインすると着こなしの表情が豊かになり、都会らしい佇まいになります。そして、足元はテックなアウトドアブーツ一択。今っぽさを体現する、大人スポーティなスタイリングがキマります。

◆ イノヴェイト 

トレイルランのためのテックなデザイン

2万1000円/イノヴェイト(デサントジャパンお客様相談室) ※ソールのイエロー部分がブラックに変更されます
野山を長時間駆け回るトレイルランニングのためのシューズメーカー「イノヴェイト」。「ロックライト GTX 345」はその最新モデルです。ダークグレーのテックなルックスで、ゴアテックスのアッパーと衝撃吸収性の高いソールを採用しています。

横ブレをサポートするパワーライン(シューレースホールから放射線状に入ったグレーのライン)を配し、シューレースホールにストリングループ状のアイレットを採用することで、足へのフィッティングをより快適にしています。
PAGE 2

◆ ホカ オネオネ 

アウトドアにも今風のダッドなボリューム感を

3万5000円/ホカ オネオネ(デッカーズジャパン)
トレッキングシューズの機能とルックスに、ランニングシューズのクッション性を兼備した人気のモデルがさらに進化。「トゥ ウルトラ ハイ 2 ウォータープルーフ」は、いまどきなボリューム感でコーデのアクセントにも最適です。黒一色というクールなデザインも街履きにもぴったり。

より上質なレザーをアッパーに採用することで撥水性を高め、パンチングホールだった箇所をエンボス加工のデザインへとアップデートしました。

◆ ラ・スポルティバ 

ワンアクションで靴紐が締まる!

2万7000円/ラ・スポルティバ(スポルティバジャパン)
「ラ・スポルティバ」は、従来の大きく重たいクライミングシューズを、軽量でスポーティなデザインに進化させたイタリアのトレッキングシューズブランド。こちらの「トラバース X4 ミッド GTX」は、稜線踏破のための長時間歩行に対応する、シリーズ初のミッドカットモデルです。

同ブランドのクライミングブーツにも搭載されるレーシングシステムは、アイレット(ひも穴)の代わりにループで靴紐の締め具合を調節可能。かかとのシューレースを引けば、ループがワンアクションで締め上がります。
PAGE 3

◆ エル・エル・ビーン 

メイン州の名品と新進気鋭ブランドがコラボ

2万3000円/エル・エル・ビーン×flowfold(エル・エル・ビーン カスタマーサービスセンター)
ブランド創業当時から作り続けられている名品”ビーン・ブーツ(正式名称メイン・ハンティング・ブーツ)が、同じくメイン州発の新進気鋭アウトドアブランド「フローフォールド」とコラボレーション。防水性の高いゴム製ソール&ボトムはそのままに、レザーアッパーをセイルクロス(船の帆)に載せ替えることで軽快なルックスになりました。

セイルクロスは軽量かつ薄手なうえに耐久性が高いので、アウトドア向きの素材。さらに、モノトーンの配色は合わせるスタイルを選ばないので、街でも履きやすいのです。
「フローフォールド」は、メイン州ピークス島出身のサーファー5人が立ち上げた新進気鋭のバッグブランド。地元の帆布製造工場の端切れを活用したバッグは、エコ的観点からも注目を集め大人気を博しています。今回使われている素材は、"X−PAC"という3層構造の特殊生地で、セイルクロスでは世界NO,1のシェアを誇ります。
※掲載商品はすべて税抜き価格です

■ お問い合わせ

エスディーアイ 03-6721-1070
エル・エル・ビーン カスタマーサービスセンター  0422-79-9131
スポルティバジャパン 03-3841-6955
タトラス ジャパン 03-5708-5188
ディータ 青山本店 03-6433-5892
デサントジャパンお客様相談室 0120-46-0310
デサント ブラン 代官山 03-6416-5989
デッカーズジャパン 0120-710-844
ビームス 六本木ヒルズ 03-5413-7690

この記事が気に入ったら「いいね!」しよう

LEON.jpの最新ニュースをお届けします。

RECOMMEND FOR YOUおすすめの記事

RELATED ARTICLES関連記事

SERIES

READ MORE

SPECIAL