• TOP
  • INFORMATION
  • 日本料理でアフタヌーンティーが楽しめる! 新しいカタチの食体験とは!?

2021.04.09

■ ダイニング・エクスペリエンス『一期一会』

日本料理でアフタヌーンティーが楽しめる! 新しいカタチの食体験とは!?

“アフタヌーンティー”は女ゴコロに刺さるけれど、多くの男性にとっては難易度が高いのも事実。でも、4月10日から期間限定で開催される「ザ・リッツ・カールトン東京」のダイニング・エクスペリエンス『一期一会』なら、茶懐石をベースとした独創的なアフタヌーンティーをカップルでも楽しめるんです。

CATEGORIES :
TAGS :
CREDIT :

文/LEON.JP編集部

いまやラグジュアリーホテルの定番メニューとして、すっかり根づいているアフタヌーンティー。色とりどりのプチフールや趣向が凝らされたディスプレイ、ホテルならではの非日常感が女ゴコロを惹きつけてやまないわけですが、その優雅でフェミニンな世界観はしばしば、男性が体験するにはハードルが高いことも事実かと。
▲ 今回のダイニング・エクスペリエンス『一期一会』が開催される日本料理「ひのきざか」の鉄板焼カウンター。
その点、「ザ・リッツ・カールトン東京」が4月10日(土)〜18日(日)の期間限定にて開催するダイニング・エクスペリエンス『一期一会』はアフタヌーンティーの要素だけでなく、さまざまな新しい発見をお連れの女性と一緒にシェアすることができるんです。
場所は同ホテル45階の日本料理「ひのきざか」にある鉄板焼カウンター。江戸末期に確立したという茶懐石と鉄板焼の手法を融合しながら考案された、コース仕立ての『一期一会』は、誰にとっても新鮮な食体験になること請け合いです。
▲ 小ぶりな盛り付けのお料理に、ワイングラスなどに注がれた風味豊かな高級茶をマリアージュ。アフタヌーンティーを日本料理の観点から表現した。
アフタヌーンティーの構成要素であるセイボリーとスウィーツを日本料理で表現するという点において画期的なコチラ。全国各地から取り寄せた厳選食材で作られる小ぶりなお料理を、日本茶を中心とするさまざまな高級茶とマリアージュしながら堪能できます。要所要所にさり気なく登場する季節のフルーツも、アフタヌーンティー的な演出を後押し。女ゴコロにキュンキュン刺さりそうです。
PAGE 2
▲ メインのセイボリーは、山形県尾花沢市の「雪降り和牛」(A5ランク)を使ったハンバーガー、サンドイッチ、ステーキという贅沢な組み合わせ。
▲ スウィーツも、シェフが目の前で焼いてくれる「スフレパンケーキ 焙じ茶の蜜」をはじめ、「わらび餅 黒蜜」「チョコで包んだ苺のシャーベット」など和と洋が融合したラインナップ。抹茶黒豆玄米茶と一緒にいただく。
▲ 鉄瓶から器に注がれる抹茶黒豆玄米茶の芳醇な香りに癒される。
▲ 最後に登場する「季節のフルーツ盛り合わせ」は苺の食べ比べ。酸味や甘味といったそれぞれの個性が楽しい。
鉄板焼ならではの、シェフがふたりの目の前で繰り広げる楽しいプレゼンテーションはもちろん、新種の苺「とちあいか」や世界で初めて薬品なしで育てられた鱒、山形県尾花沢市の「雪降り和牛」など、珍しい食材のオンパレードに舌の肥えた紳士淑女も満足すること間違いなし!
五感をフルに使いながら、独創的でリッチな食体験をぜひご堪能くださいませ。

■ ダイニング・エクスペリエンス『一期一会』

開催期間/2021年4月10日(土)〜18日(日)
時間/14:30スタートの1部制(要予約)
場所/ザ・リッツ・カールトン東京 45階 「ひのきざか 鉄板焼」
住所/東京都港区赤坂 9-7-1 東京ミッドタウン

※ 詳細はコチラから

予約・お問い合わせ/TEL.03-6434-8711(10:00〜12:00)

● 料金/1万2200円(税・サービス料込み)

この記事が気に入ったら「いいね!」しよう

LEON.JPの最新ニュースをお届けします。

RECOMMEND FOR YOUおすすめの記事

    RELATED ARTICLES関連記事

    SERIES:連載

    READ MORE

    買えるLEON

      SPECIAL

        日本料理でアフタヌーンティーが楽しめる! 新しいカタチの食体験とは!? | レオンからのお知らせ | LEON レオン オフィシャルWebサイト