• TOP
  • HEALTH
  • 美ボディ女医に聞いた! セクシーな男の作り方とは!?

2021.04.16

美ボディ女医に聞いた! セクシーな男の作り方とは!?

自らのカラダに磨きをかけ、2020年度の「ベストボディ・ジャパン」ドクター部門でグランプリ受賞の経歴をもつ櫻井夏子先生。美容外科医として活躍中の“美ボディ女医”に、魅力ある男性像についてうかがいました!

CATEGORIES :
CREDIT :

写真/中田陽子(maettico) 文/和田真由子

薄着の季節もすぐそこ。ですが、在宅ワークなどですっかり運動不足&体重増……という方も多いのではないでしょうか。キレが鈍った顔やボディに磨きをかけ、男のセクシーさと魅力を取り戻すには、どうすれば?
 
美を求める多数のクライアントにドクターとして指導や治療を行い、自身の鍛え抜かれた肉体美でも話題の“美ボディ女医”こと櫻井夏子先生にうかがいました。

男の色気にまず必要なのは「清潔感ある肌」

──美容外科医としてご活躍されている櫻井先生ですが、どんな男性に魅力を感じますか?
櫻井 女性の目線で私が男性に対してセクシーさを感じるのは、健康そうな肌と締まったカラダですね。私自身もトレーニングしていることもありますが、そう思います(笑)。
女性は意外と男性の肌を見ているものなんです。血色が良く、ツヤと張りのある肌には若々しさやエネルギーを感じますが、荒れた肌は不健康さや「生活が荒れているのかな」などという印象も与えかねません。LEON読者の男性は美容意識が高いと思いますが、他方でスキンケアは何にもしていないという男性は、入浴後や洗顔後にはローションを付けるなど最低限のケアをしていただきたいですね。
──男性は歳を重ねても、笑いジワなどがチャームポイントになったりしますよね。
櫻井 表情ジワは味があって素敵ですが、あまり必要ではないシワもあるんです。特に額のシワ、それに、目の下のクマやたるみが目立ってしまうと、マイナスの印象を与えかねないので対策が必要かと。シワ対策には毎日のスキンケアでしっかり保湿してあげることが大切ですが、美容外科の分野では高密度の超音波エネルギーを用いた治療であるHIFU(ハイフ)、ボトックス注射なども有効です。

また、余分なヒゲをレーザー脱毛することで、かみそり負けから解放されて美肌になる男性もいるので、検討の価値はあると思いますよ。
PAGE 2

食事は肉と野菜をしっかり、塩分・脂質は控えめに

──在宅ワークで運動不足になったり、デリバリーの食事で太ってしまったり、という人も多いようです。
櫻井 揚げ物やラーメン、餃子など、男性好みの味が濃くてコッテリした料理は、脂質と塩分が多すぎる傾向があるんですよね。こういったメニューは、なるべく食べる量や頻度を減らしていただければと思います。推奨したいのは、野菜とタンパク質を多く摂れるメニュー。最近はコンビニでも“ひとり鍋”やサラダチキンなどが手に入りますし、特に豆やお豆腐をどっさりとトッピングしたボリュームサラダなどがオススメです。
また、お酒はストレス発散やリラックスにつながりますが、「毎日は飲まない」「醸造酒よりも蒸留酒を選ぶ」など、飲み方を工夫したいものです。意外と知られていませんが、運動後にお酒をたくさん飲むと、筋肉を作るためのエネルギーがアルコール分解によって消費されてしまうので注意が必要です。むしろ食後に筋トレをすると、効率良く筋肉が付きますよ。
PAGE 3
──櫻井先生は日頃からトレーニングを積んでいらっしゃるだけに、メリハリボディが魅力的です。好みのタイプはやはり鍛えている男性ですか?
櫻井 そうですね(笑)。男性もキュッと締まって上がったヒップはセクシーだと思います。臀部は筋トレの成果がハッキリ出やすいので、筋トレのやりがいがありますよ。マメにジムに行けなくても、エスカレーターやエレベーターを使わずに階段を上がるなど、日常生活の中でも工夫次第で鍛えられます。
そして、女性にはない男らしさを感じる部位といえば、やはり厚みのある胸板。大胸筋を十分に大きくするには、腕立て伏せなどの自重筋トレだけではむずかしいので、ぜひペンチプレスなどで鍛えていただければと思います(笑)。
また男性は歳を重ねるほど、お腹の脂肪をなかなか落としにくくなりますが、最新の美容外科技術を活かした痛みのない脂肪冷却装置などを選択肢に入れていただくのも手です。
──最新の著書『手のひらひとつで変わる! 美ボディ医師が教える 食べグセリセットダイエット』も、とても参考になります。
櫻井 お伝えしたいのは「体重という数字に、一喜一憂しないでください」ということ。
私自身、体重に振り回されてしまった残念な経験があります。女子大生の頃は今よりふっくらしていたのですが、そんな自分のカラダにコンプレックスを感じて「食べないダイエット」にハマり、不健康なやせ方をしてしまいました。
ドクターになってからは逆に、激務と不規則な生活で18キロも体重が激増してしまったことも。そうした実体験から、本当に美しいカラダとは、食事と運動の両方に正しく向き合うことでこそ導けると思うようになったんです。健康美を競う大会に出場するようになったのも、この信念を自ら実践するためです。LEON世代の男性にも、ぜひ長い目で、セクシーなカラダを目指していただければと思います。
PAGE 4

● 櫻井 夏子(さくらい なつこ)

整形外科医・美容外科医。TAクリニック新宿院 副院長。6年間で延べ1万人に食事や健康指導を行う。健康美を競う大会「ベストボディ・ジャパン」の「ドクター部門」で2020年度グランプリ受賞。「NASM-CES」(全米スポーツ医学協会のスポーツトレーナー資格)、ダイエット検定1級取得。

●インスタグラムはコチラ

■ 『手のひらひとつで変わる! 美ボディ医師が教える 食べグセリセットダイエット』

著者自身が身につけた「やせる食べグセ」=食事法や最新の栄養学の知識、メンタルコントロール術などを幅広く紹介。きちんと食べながらストレスやリバウンドのない、きれいなヤセ体質へと導く。「脂質抜きダイエット」や「糖質ゼロ食品の落とし穴」など、目からウロコの指摘も。著者のメリハリある美ボディをつくった「自宅でできるエクササイズ」も収録。

●櫻井夏子著 1430円(税込)/主婦と生活社
※ 購入はコチラから

この記事が気に入ったら「いいね!」しよう

LEON.JPの最新ニュースをお届けします。

RECOMMEND FOR YOUおすすめの記事

    RELATED ARTICLES関連記事

    SERIES:連載

    READ MORE

    買えるLEON

      SPECIAL

        美ボディ女医に聞いた! セクシーな男の作り方とは!? | ボディメンテ | LEON レオン オフィシャルWebサイト