• TOP
  • GOURMET
  • 【公開】200万円のおせち料理!! その中身、高価な理由、全部見せます!

2018.12.25

【公開】200万円のおせち料理!! その中身、高価な理由、全部見せます!

「おせちってあまり好きじゃなんだよなぁ」というあなた。本当においしいおせち、食べてないのでは? まずは頂上を知り、そして判断するのがオトナというもの。早速、おせちの最高峰をご体験ください。

CATEGORIES :
CREDIT :

文/中島 由貴

お正月に欠かせないおせち料理、実はパワーフードだって知っていましたか? 漢字で書くと「御節料理(おせちりょうり)」。御節とは、五節句の節目のことで、神様にお供えする日=“節供(せっく)」に食べる料理を御節句(おせちく)と呼んでいたそうです。なので、おせち料理は桃の節句や端午の節句でも食べられていたんですね。そこから、一年のなかで一番重要な節目であるお正月の料理の呼び名になったというワケ。
で、このおせち料理、最近の傾向としては高級化が進んでいるようで、おせち商戦でも10〜30万円代のアッパーアイテムが増えているそう。しかも、高額なものから完売しているって話です。都内百貨店数店に取材したところ、「おせちは高額なものから売り切れてしまいます」「リピーターの方も多いです」との証言も。では、その頂点に君臨する最高峰のおせちとはどんなものでしょうか? それがこちら! 

え、ゼロが3つ!? 日本一高価なおせちの中身大公開

「極 – Kiwami」 
まず気になるのはそのお値段。なんと「極みスペシャル(5名用)」は199万8000円(税込)な~り(写真は、4名用セットの税込162万円の「極み」)。ゼロが多いですが要はおおよそ200万円!

た、た、高すぎる……と金額だけに見れば驚かれるのも無理ありません。ですが、こだわりを知れば知るほど、ひょっとしてお買い得? と思えてくる……ってことはないんですが、10月に発売して早くて当月中、遅くても11月10日ごろには毎年売り切れてしまうというこのおせち。う~ん、気になります!

百年以上続く越後の老舗料亭による、唯一無二の至極おせち

こちらを作っているのが越後の料亭「餞心亭おゝ乃」。明治中期に鮮魚商「角屋」として新潟県三条市で創業した老舗割烹です。ココンチのおせちがすごいのは、取り扱う9種類すべてが生詰めだということ。風味や見た目がまるで出来たてのようだと、その購入者のリピート率が85%以上とか。

おせち料理では、“めでたいことを重ねる”との願いを込めてお重に入れるのが一般的。上から順に、一の重、二の重、三の重、与の重(「四」が「死」を連想させ縁起が悪いとされているためこの呼び名に)、と4段重ねが正式です。「極み」、「極みスペシャル」ともに同じく与ノ重までありますが、他とは決定的な違いがありました。
例えば、通販でおせちを頼むとお重が入った段ボールが届きますよね。「極み」は違います。一ノ重と二ノ重は、人数分の重箱が付き、三ノ重と与ノ重がそれぞれ一台。さらに、ランチョンプレート・箸・ワイングラス(5名用の「極スペシャル」は冷酒グラス)がもれなくセットに。

なぜかって? それは、元旦当日の食卓を、まるで高級レストランや料亭のような雰囲気へと昇華するための粋な総演出となっているワケです。
PAGE 2

一ノ重は“日本”三大珍味がメインの「会席料理膳」

日本三大珍味と、のどぐろのほか、バフンウニの焼き雲丹・車海老の木の芽焼き・いくらなども入る、一ノ重「会席料理膳」。
では、一ノ重から。
徳川将軍家に献上したことから、江戸時代から続く日本三大珍味として名高い
「長崎奉行の持品のからすみ」
「尾張公の持品のこのわた」
「越前公の持品の越前雲丹(塩うに)」
を、“江戸時代に藩より献上していた品と変わらぬ調理法”であることと、“江戸時代藩御用達品”にこだわって会席料理に仕上げています。

さらに、“日本海の魚“、”尾頭付きで重箱に入るサイズ“、”冷めてもおいしい”の条件に合う「のどぐろ」を、利休焼き・若狭焼き・味噌漬けの三種類の味付けで。これは、ひとりに一膳ずつ振舞われるため、食べ飽きずに最後まで楽しめるようにとのきめ細やかな心配りから。

すべてのお料理は料理人である社長自らも企画に参加し、世界にある最上級食材で、それらをいかに美味しく調理できるかを手間と時間をかけてとことん試行錯誤したそう。

二ノ重は、「フレンチ膳」で召しませ世界三大珍味

フォアグラ・トリュフ・キャビアをメインに、帆立の燻製・まぐろの生ハム・牛タンスープ煮なども楽しめる二ノ重の「フレンチ膳」。
二ノ重の主役はフォアグラ・トリュフ・キャビア。そう、世界三大珍味からなる豪華な「フレンチ膳」となっております。

まずはフォアグラから。仏産ガチョウ(オア)と、鴨(カナール)の2種類を使用し、濃厚な「フォアグラ オア」はテリーヌに、それに比べさっぱりとした「フォアグラ ド カナール」はスモークにと、素材の特徴を際立たせるアレンジで楽しめます。そこに、芳醇な黒トリュフをたっぷりと。そうすることで、2種のフォアグラと黒トリュフとの香りによる至福のハーモニーが完成するとのこと。

もちろん白トリュフもございます。繊細な味わいと強烈な芳香を放つイタリア産白トリュフは、1尾500gほどの活伊勢海老のグリルに惜しみなく。金箔と銀箔が添えられ、息をのむほど華やかです。
さらに! ロシア皇帝にも献上されていた希少な「スターレット キャビア」が、ひとりに一瓶ずつ用意されているというのです。専用のシェルスプーンも付属するので、金属製のスプーンで食べてしまって「キャビアが生臭くなった!」ってことにはなりませんのでご安心を。
PAGE 3

古き良き伝統を味わえる三ノ重の「和食重」
垂涎必至の与ノ重「肉料理重」

栗きんとんや黒豆といった縁起物をはじめ、越後の料亭ならではの「南蛮海老(甘海老)の塩から」「塩引き鮭の酒浸し」「のっぺ」なども楽しめます。
おせちに欠かせない縁起の良い食材で構成する三ノ重は、さすが老舗料亭と感嘆する出来栄え。なかでも好評なのが、ふっくらと柔らかく煮た丹波産の大粒黒豆。また、おせちの中でも残り勝ちと言われる栗きんとんにはラムレーズンを加えて人気の一品へ見事に昇華させています。
与ノ重には、ハンガリーの国家遺産に認定されているマンガリッツア豚をはじめ、冷めても口どけよく旨味が濃いお肉料理が顔を揃えます。
後のお重には、和牛のサーロインを使ったローストビーフや、フォアグラ採取後の脂身が多い「マグレカナール」を使用した鴨のオレンジローストといったジューシーな肉料理が並びます。特に、脂の融点が低く、ハンガリーの国宝の豚といわれている「マンガリッツア」が目玉。冷たい状態でもジュワッとおいしい肉を、さらに企業秘密の調理法で脂や旨味を閉じ込めているそうです。

豪勢おせちと極上酒で過ごす至福のお正月

で、その「肉料理重」には5大シャトーの中でもっとも高貴な「シャトーマルゴー」が相性がよいと、ど~んと1本プレゼント。さらに「極みスペシャル」には、新潟県内最高峰の銘酒「亀の翁」が1本追加されるという太っ腹なサービスまで。この「亀の翁」は入手困難のため “幻の銘酒”とも呼ばれ、淡麗辛口が多い新潟の日本酒のなかでも華やかな吟醸香と濃厚な味わいが魅力の純米大吟醸だそう。冷凍庫に3時間ほど入れるのがおすすめ。そうすることでサラリとした味わいになり、一ノ重の日本三大珍味とは最高のマリアージュになるんだとか。
PAGE 4

箸やグラス、重箱だって一級品ぞろい

創業80年を迎える越前漆器メーカーの山久漆工による「JAPAN Glass」。マイグラスにできるよう、すべて異なった柄の漆器模様がセレクトされています。
ここまで贅を極めたおせちですもの。食を彩るカトラリーだって妥協がありません。例えば、箸は都内の有名百貨店でも取り扱われている「マルナオ」のもの。そして、ワイングラスは「山久漆工」が手がける漆器とクリスタルグラスを圧着した「JAPAN Glass」という、どちらも三条市が誇る一流品。

では、どのようにこれらすべてが運ばれるのか? 段ボールに詰めて、なんていう無粋なことはいたしません。オーダーメイドで桐タンスを作る新潟の会社「イシモク」が「極」のためだけに作った、オリジナルの食卓家具にすべてが収納されて届きます。

届くと言っても、料理などの詳細や食べ方の説明も兼ねて、お店のスタッフにより直接デリバリーされるそう。ちなみに、ワインオープナーがなかったら、ワインオープナーのセットをプレゼントしてくれるという徹底したサービスぶりです。

200万おせちって、どんな人が買っているの!?

これほどの贅沢おせち、どんな人が買っているのか、やはり気になりますよね。有名YOUTUBERが購入し話題となったこともありますが、やはりメインは贈答目的。驚くのはリピーターも多いそうで、そんな方々のために、カトラリーをセットから外した「極み」の料理のみを来年度開発予定とのこと。

「餞心亭おゝ乃」がある燕三条エリアは、ノーベル賞の晩餐会で使用されカトラリーを作っているなど、世界一流の製品作りを誇るモノづくりの街。その地域の特性を生かすことと、非日常を演出するおせち料理を同時に叶えるため、この「極み」というおせちの新ジャンルが誕生したそう。

贅だけでなく、職人技と工夫を凝らしたまさにおせちの最上位アイテム。親しい人たちと自宅にいながら上質な味と雰囲気に酔いしれるお正月……死ぬまでに一度は味わってみたいものだけど、庶民には無理かなぁ。

この記事が気に入ったら「いいね!」しよう

LEON.JPの最新ニュースをお届けします。

SPECIAL

    RECOMMEND FOR YOUおすすめの記事

      RELATED ARTICLES関連記事

      SERIES:連載

      READ MORE

      買えるLEON

        【公開】200万円のおせち料理!! その中身、高価な理由、全部見せます! | グルメ | LEON レオン オフィシャルWebサイト