• TOP
  • GOURMET
  • 第40回:メイン料理の付け合わせに!なめらかポレンタ

2018.10.25

第40回:メイン料理の付け合わせに!なめらかポレンタ

本誌で連載中の『モテるオヤジの簡単クッキング2』からスピンオフした当連載。今回は、2018年11月号(10月25日発売)で取り上げた、北イタリアのエミリア・ロマーニャ州の定番料理「牛スネ肉のバルサミコ酢煮込み」の付け合わせにぴったりな「ポレンタ」を作りますよ~!

CATEGORIES :
TAGS :
CREDIT :

文/甘利美緒 写真/長谷川 潤

所変われば主食も変わる

「所変われば品変わる」とは、土地が違えば習慣や風俗は異なることを意味することわざですが、食の世界ではそうしたことがよくありますよね。
 
例えば“主食”。日本ではよく米を食べるのに対して、欧米では小麦を使ったパンやパスタ。今回のテーマであるイタリアの北部では、トウモロコシを使った「ポレンタ」もよく食卓に上ります。このポレンタ、肉料理との相性が大変よろしく、その作り方は3ステップで終了するほど簡単。マスターしてイタリア通を気取りましょう!
 
というわけで、今回は東京・四谷三丁目のリストランテ「オステリア デッロ スクード」の小池教之シェフに作り方を教えていただきます。

今回の料理人はこちら

小池教之シェフ

1972年生まれ。イタリアの伝統料理に造詣が深いシェフに師事した後、2003年に渡伊。全20州を行脚し、計7軒のレストランや肉屋で研鑽を積んで帰国。2007年より10年間、広尾「インカント」のシェフとしてイタリア全土の伝統的な郷土料理を紹介し、独立。2018年2月、「オステリア デッロ スクード」を開店。数ヶ月のスパンでテーマとなる州を決め、その州の伝統料理と地酒を掘り下げるという独特のスタイルを打ち出し、開店以来、食通の熱い注目を浴びています。
PAGE 2

「なめらかポレンタ」の作り方

[材料]

<2人分>

・牛乳 150cc
・水 150cc
・ポレンタ粉 60g
・塩 適量
・チーズ 適量
・バター 適量

Step 01:材料を合わせる

鍋に牛乳、水を入れ、へらでかき回しながら少しずつトウモロコシの粉を加えます。このとき雨を降らせるような感覚で自然に落下させるとダマができにくくなりますよ。

Step 02:練る

強めの中火で、カスタードクリームぐらいの硬さになるまで練り続けます。
PAGE 3

Step 03:粒々感がなくなったら完成

ずっと混ぜているのは大変なので、ときどき蓋をして温かいところに放置しつつ(写真上)、根気よく練ると、口当たりがなめらかに。最後に塩、チーズ、バターで味を調えたらでき上がりです!

■ オステリア デッロ スクード 

イタリアの片田舎にあるリストランテを想わせる、ノスタルジックな雰囲気の店内では、4カ月おきに異なる州の料理とワインを提供。2018年末まではエミリア・ロマーニャ州をテーマにしたお皿の数々を楽しめます。コースのみ、5500円~。
 
住所/東京都新宿区若葉1-1-19 Shuwa House 1F 

営業時間/12:00~13:30(L.O.) ※月水のみ
18:00~21:30(L.O.)、土12:00~19:00(L.O.) 
日曜•不定休
 
予約・お問い合わせ/☎03-6380-1922

この記事が気に入ったら「いいね!」しよう

LEON.jpの最新ニュースをお届けします。

RECOMMEND FOR YOUおすすめの記事

RELATED ARTICLES関連記事

SERIES

READ MORE

SPECIAL