• TOP
  • GOURMET
  • ミシュラン×回転寿司!? 話題の「廻転鮨 銀座おのでら本店」に潜入!

2021.10.31

ミシュラン×回転寿司!? 話題の「廻転鮨 銀座おのでら本店」に潜入!

表参道で今、ランチタイムに行列のできる話題の回転寿司店「廻転鮨 銀座おのでら本店」。狙い目は平日の午後遅めや夕方……そう、小腹タイムです!

CREDIT :

文/秋山 都  写真/上田佳代子

突然ですが、小腹、すいていませんか? 今夜は会食なんだけど、空腹で飲むと酔っちゃうから少しお腹に入れておきたいな、という時。朝食をたくさん食べたから、ランチは軽くしたいけど、何かないかな、という時。単純に、お腹すいた、という時。蕎麦一杯だと多すぎて、サラダは軽すぎ。ハンバーガーはカロリーが気になるし、ここは「ミラノサンドA」(具体的w)しかないか、という局面をご想像ください。

しかもアナタがいるのは表参道。おしゃれなカフェやレストランはたくさんありますが、ちょっとだけ何かおいしいものを食べたいという人にはかなり難易度の高いエリアです。
▲ 小腹がすいた時、回転寿司はいかがでしょう。しかも、おいしい、本格的なお鮨!

◆ 廻転鮨 銀座おのでら本店(東京・表参道)

▲ 夕陽をイメージしたオレンジ色の壁に、きらきら輝く波をイメージしたという波板仕上げの天井。総客席は59席。個室もあり。
そんな時、回転寿司はいかがでしょうか? え、そんなのどこにでもあるじゃない、と? いえいえ、こちら「廻転鮨 銀座おのでら本店」はいわゆるチェーンの寿司とは一線を画するクオリティと雰囲気。言うなればデートもできる回転寿司なのであります。くわしく見てまいりましょう。
▲ 今年10月にオープンしたばかりで、まだピカピカの店内。
カウンターに座ってみますと、タッチパネルにお茶のタップ。そしてガリが入った容器。うん、このあたりは一般的な回転寿司の様相ですね。でもって画面には、「『やま幸』 本まぐろ」……と。え、や、や、やまゆき⁉
PAGE 2
▲ 「『やま幸』の本マグロ」から赤身320円、中トロ510円、大トロ720円(いずれも1貫)
「やま幸」とは、豊洲でもっとも勢いのあるマグロ専門仲卸。銀座の有名鮨店をはじめ、ミシュラン星付きレストランに数多くマグロを卸していることで知られています。回転寿司で「やま幸」のマグロを食べられるとは……これ、かなりレアです。どういうことなんでしょう?
▲ 加井秀和料理長。鮨職人歴30年、ダジャレも飛び出すムードメーカー。
「『銀座おのでら』は、鮨や天ぷら、鉄板焼きなど日本が世界に誇る和食を世界に伝えていくことをミッションにしています。現在、銀座、NY、LA、ハワイ、上海、東京に9店舗を展開しており、そのうち3店舗がミシュランの星を獲得しております。いわば高級店が今回初めて回転寿司をオープンすることになり、カウンターにベルトはあるものの、鮨は『銀座おのでら』のクオリティそのものをお楽しみいただきたい、となったわけです」と加井料理長。

な~るほど~。つまりは、銀座の高級鮨を回転寿司のコンビニエントな機能と価格で楽しめるというわけですね。こりゃありがたい。
PAGE 3

銀座レベルの寿司ネタ

それでは推しのネタの数々をご紹介してまいりましょう。
▲ [自家製小肌」。この日は佐賀県産でした。510円(2貫)。
▲ 「厳選ウニ小鉢」1240円。価格は仕入れ状況により変わります。
このウニでよく見えると思いますが、シャリは赤酢を使用した赤シャリです。米麹を発酵させた赤酢は、普通の米酢よりまろやかで、香りが高いのが特徴。そもそも江戸時代には赤酢を使用していたそうで、現在赤酢を使うのは高級店が多いですね。ということで、回転寿司に赤シャリはこれまた、レア。
▲ 「自家製穴子」620円(1貫)。
穴子も、通常の回転寿司ではすでに捌かれた状態で入荷するものですが、「廻転鮨 銀座おのでら本店」では、1本丸のまま入ってきて、この店内で捌かれ、丁寧に煮ふくめられます。これまた自家製のツメをさっとひと刷毛塗られた穴子を口に運べば……う~ん、これホントに回転寿司ですか?
PAGE 4
▲ これまた高級店に多いメニュー。芽ネギ320円(2貫)。
▲ つけ具合もちょうど良い「浅漬け茄子」210円(2貫)
そして、ここはファッションの都、表参道ですから。ヴェジタリアンの人でも楽しめる野菜鮨も豊富です。インバウンドが戻ってきたら、外国の人も喜ぶんじゃないかなぁ。

そして筆者が個人的にここへ来たら必ず食べたいのがこちら。
▲ ネギ、おかか、梅で3種のアレンジを加えた「納豆巻」280円
納豆巻! 高級店ではまずおめにかかれないこれを味わえるとは! 高級店と回転寿司のいいとこどりをしているから、小腹タイムにぴったりなんですね。
▲ お鮨は1貫ずつわさびの有無と、しゃりの大小を選べます。糖質制限している人も安心。

一角には「立喰鮨 銀座おのでら本店」も

▲ 「立喰鮨 銀座おのでら本店」の定員は7名。
店内の一角には「立喰鮨 銀座おのでら本店」のコーナーも。こちらでたとえばシャンパーニュを一杯いただきながら、鮨をひとつ、ふたつ……つまんでさっと次へ行くなんて、たまらなく粋ではありませんか。江戸時代のお鮨は屋台で立ち食いだったとも言いますしね。
▲ 飲み会の前にサッと立ち寄る「0次会」利用にもおすすめ。
こちらの「立喰鮨 銀座おのでら本店」は、定休日や営業時間が「廻転鮨 銀座おのでら本店」と異なる場合があるのでご注意を。
これでもう表参道で小腹がすいても安心! むしろ積極的に小腹をすかせて出かけたくなるはずです。

廻転鮨 銀座おのでら本店

住所/東京都渋谷区神宮前5-1-6 イルパラッツィーノ表参道1F
予約・問い合わせ/03‐6450‐6777
営業時間/11:00-21:00(L.O. 20:30)
定休/不定休
*ちょっと飲んで、さくっと食べて平均的な予算は4000円~(あくまでLEON.JPの体感値です)
*営業時間は変更になる可能性がある為、ホームページをご確認ください。

この記事が気に入ったら「いいね!」しよう

LEON.JPの最新ニュースをお届けします。

SPECIAL

    おすすめの記事

      SERIES:連載

      READ MORE

      買えるLEON

        ミシュラン×回転寿司!? 話題の「廻転鮨 銀座おのでら本店」に潜入! | グルメ | LEON レオン オフィシャルWebサイト