• TOP
  • GOURMET
  • 代官山で“沖縄フレンチ”!? 大人デートを楽しめる新レストランとは?

2021.11.11

■ vol.158「代官山 Beacha(ビーチャ)」

代官山で“沖縄フレンチ”!? 大人デートを楽しめる新レストランとは?

東京・代官山は彼女を食事デートに誘うのに申し分ないお洒落エリア。でも大人なデートには、ちょっとした意外性やシックな雰囲気が必要です。昨年10月にオープンし、“沖縄フレンチ”と銘打った料理を提供する「Beacha(ビーチャ)」は恋するふたりにうってつけの店なのですよ。

CATEGORIES :
TAGS :
CREDIT :

取材・文/渡辺ゆり子 写真/福本和洋

本誌LEONでYULI*YULIとして長きにわたり、あらゆるジャンルのレストラン&バーを取材してまいりました“デート・コンシェルジュ”(略してデーコン)こと、渡辺ゆり子が、本当にデートで使えるお店の選び方をわかりやすく御指南します!

沖縄出身シェフが沖縄食材で作る、独創的フレンチをどうぞ!

東京のなかで洗練されたデートエリアと言えば、代官山がその筆頭。お洒落な街並みにブティックがたくさん立ち並んでいるし、お散歩にも楽しい場所ですよね。先日、ヒルサイドテラスがある賑やかな方面ではなく、八幡通りの裏道沿いを歩いていたら、なにやらお洒落なお店がチラホラとでき始めていることに気づきました。今回ご紹介するのは、その一角にあるレストラン。
“沖縄フレンチ”という、独自の料理を打ち立てた「Beacha(ビーチャ)」は、去年10月、コロナ禍の中でオープンしました。店内はバーのような落ち着いた雰囲気。カウンター席は座り心地が良くて、ゆったりとお食事を楽しめます。実はカウンターのしつらえやキッチン台、窓ガラスや棚など、あちらこちらに三角形のモチーフが使われており、デザイナーズ店舗というのも納得です。遅い時間帯はバーとしても営業しているのだとか。
コチラのオーナーシェフ、石垣 仁氏は沖縄県・西表島のご出身。プロのギター奏者だった石垣シェフだけに、カウンターはギターと同じ素材のマホガニーで作ったのだとか。フォン・ド・ヴォーなど調理が長くかかる時はギターをつま弾いているのですって。なんだか素敵ですね。
漁師の家に生まれたシェフですが、お料理にはあえて魚介は使わないとか(笑)。堅苦しいフレンチではなく、地元沖縄の食材を使ったカジュアルフレンチをコンセプトにしています。コース料理のなかから何品かご紹介しますね。

写真上の一品目、パテ・ド・カンパーニュは、石垣島のパイナップルを食べて育ったアグー豚の“南ぬ豚(ぱいぬぶた)”を5日間かけて仕込んだそう。
冷製はもちろん、表面をカリッとステーキのように焼いた温製もいただけます。食べ比べができるなんて、ナイスでしょ? シェフ曰く、温製は「上品なスパム」だとか。コチラで初めていただいた温製カンパーニュ、実は冷製よりも好きかも!
PAGE 2
二品目もフレンチの定番、フロマージュ・ド・テット。沖縄県産豚の舌・耳・豚足で作られています。パプリカ、セロリ、キュウリのピクルスを添えて。
そして、ぜひ召し上がっていただきたいのはコチラの名物、石垣牛のローストビーフ。赤ワインソースでいただくと、濃厚なお肉の旨味が口いっぱいに広がります。
ワイン好きな石垣シェフのオススメはフランス産で、今回セレクトしていただいたのはコチラの3本です。いちばん左は、白ワインの最高峰と称されるブルゴーニュの白、シュヴァリエ・モンラッシェ 2018のドメーヌ・ルフレーヴ。中央は同じくブルゴーニュの赤、シャサーニュ・モンラッシェ 2014のヴィエーユ・ヴィーニュ。右はシャンパーニュ、ブルーノ・パイヤールのプルミエール キュヴェです。
PAGE 3
お洒落な店内では、「RIKYU 1429」と刻まれたボトルがずらりと並べられているコーナーが目を引きます。コチラ、実は沖縄県が誇る地酒の琉球泡盛で、2019年から海外向きに販売されていて、現在は欧州10カ国で人気なのですって。容器はイタリアのガラス工場で製作されているそう。

こんなにお洒落な泡盛があるなんて! コチラの3本はそれぞれ酒造が異なります。今年からは日本でも買えるようですよ。
ちなみに店名の「ビーチャ」とは石垣島の方言で“酔っぱらい”。沖縄の方はお酒に強いとよく聞きますが、飲み過ぎ注意です(笑)。
 
彼女と一緒に独創的な沖縄フレンチを楽しみつつ、シェフの沖縄話に耳を傾けたら、ふたりの仲は一気に深まるかも!? きっと沖縄にデート旅行したくなっているはずだから。

■ 代官山 Beacha(ビーチャ)

住所/東京都渋谷区代官山 14-10-1F
営業時間/ランチ11:30〜15:00(L.O.14:30)、ディナー18:00〜23:00(L.O.22:00)

定休/月曜

料金/ランチコース5280円(6品)、ディナーコース8800円(8品)

※ 税込み、ディナーはサービス料・席料別

ウェブサイトはコチラ

予約・お問い合わせ/TEL03-6427-8116

● 渡辺ゆり子

食、シャンパーニュ、花、インテリアと多岐のジャンルが活動のフィールド。2003年、国際アートフラワーコンクール優勝。2010年、シュバリエ・ド・シャンパーニュ叙勲。本誌LEONの「モテたいオヤジの通ぶり!レストラン」でも連載中。2021年7月7日に、自身のバー「Champagne Bar LILI-LA-YULI」が14周年を迎えた。

この記事が気に入ったら「いいね!」しよう

LEON.JPの最新ニュースをお届けします。

SPECIAL

    RECOMMEND FOR YOUおすすめの記事

      RELATED ARTICLES関連記事

      SERIES:連載

      READ MORE

      買えるLEON

        代官山で“沖縄フレンチ”!? 大人デートを楽しめる新レストランとは? | グルメ | LEON レオン オフィシャルWebサイト