• TOP
  • GOURMET
  • BBQコーデが残念に見えない、大人のスタイルはコレ!?

2018.06.22

BBQコーデが残念に見えない、大人のスタイルはコレ!?

大人が集まるBBQでは、率先して焼きに徹してこそモテるというもの。ならば焼き方に相応しいスタイルで 臨みましょう。学生ノリのおちゃらけBBQスタイルは卒業して、モテる大人のBBQスタイルを伝授いたします!

CATEGORIES :
TAGS :
CREDIT :

文/池田保行 イラストレーション/林田秀一

東京近郊のBBQができる公園は、週末ごとに大盛況。都心のビルの屋上やテラスで手ぶらBBQが楽しめるお店が増えています。気のおけない仲間と集まってBBQをするなら、もちろん焼き役に回るのがモテる大人です。

いざ出掛けるとなると、何を着て行こうか悩むこともあるでしょうが、ノリ重視とばかりにラフな格好で出掛けてしまうのは学生BBQまで。オトナのBBQは、食材とファッションスタイルにしっかり串を通しましょう。

では、どんなスタイルが良いのでしょうか。夏らしくTシャツに短パン、ビーチサンダルで? それは浜辺でBBQ、しかも食べる役専門以外はあり得ませんので却下。むしろTシャツ短パンは、夏のアウトドアBBQではご法度ですのでご承知置きを。炭が爆ぜたり、虫に刺されたり、無用な日焼けに困ることのない、BBQならではのテッパンコーデはコチラです。
PAGE 2

トラディショナルなBBQは、カウボーイスタイルから

まずはちょっとお勉強。BBQ発祥の地はカリブ海と言われていまして、魚や肉を火で炙っていただく「バルバコア」と呼ばれる調理法がその語源と言われています。これがアメリカ南部に伝わり、テキサスのカウボーイたちが牛の肉をワイルドに焼く食べ方を「バーベキュー」と呼ぶようになったのが、いまからおよそ100年前。そのため歴史に敬意を払うカウボーイスタイルこそがクラシックなBBQスタイルとされています。
ウェスタンシャツとウェスタンブーツ、テンガロンハットにコンチョベルトは、カウボーイの結婚式やパーティーの正装です。長袖のウェスタンシャツは、炭が爆ぜたり火の粉が飛んでも、火傷防止に役立ちます。足首を露出しないウェスタンブーツは、ブヨや蚊などの虫除けに。ウェスタンハットは夏の強い陽射しを遮って、日焼けで真っ赤になるのを防いでくれます。

いまでもアメリカのBBQコンテスト参加者は、あえてウェスタンスタイルで戦いに臨みます。日本でもスマートバーベキューを推進している日本BBQ協会の下城会長は、講座やメディア出演時、必ずウェスタンスタイルなのはそういうわけなのです。とはいえハードルは少々高めですので、「BBQが分かってる」大人をアピールするなら、何かひとつぐらいは身に付けてみるのはいかがでしょう。軍手ではなく、焚き火用のレザーグローブを用意するだけでも本格的ですぞ。
PAGE 3

学生ノリのBBQスタイルは、実はとっても危険です

夏のアウトドアBBQに、ラフで気軽なTシャツ&短パン、ビーサンで行きたくなる気持ちは分かりますが、これって実はNGスタイル。炭火を使うBBQでは、火傷防止の長袖シャツは必携ですし、短パンや九分丈パンツの足首は腰から下に飛びまわるブヨの格好の餌食となります。ですのでアウトドアの達人は短パンでもレギンスやスパッツを着用して足元はブーツで武装しているんです。

上でもお話しましたが、軍手も要注意。BBQコンロは炭が完全に消えてから数時間おかないと網も箱もかなりの高温ですので、軍手で掴むと思わぬところで火傷します。とくに最近流行りのダッチオーブンやスキレットなどは、フライパン以上に高温に熱されますので、取っ手を持つ場合などご注意ください。
PAGE 4

スマートBBQは長袖、靴下、意外な小物も必携です

長袖のシャツとフルレングスのパンツに靴下を履いていくのはアウトドアの常識。シャツは街中で着るようなリネンのシャツなら汗を吸ってくれるうえに乾燥しやすいので、夏のアウトドアでも心地よく着られます。

パンツはデニムやカーゴより、白のコットンパンツがスマートですね。アウトドアBBQでは実用とお洒落を兼ね備えたエプロンをすれば、汚れを気にする必要はありません。それに足元はスニーカーよりワークブーツのほうが、ぬかるんだ場所もある公園の芝生や土の上では安全です。BBQ慣れした大人を演出するなら、このぐらいしっかり装備していくことをおすすめします。
さて上掲のイラストで、気になる手元の小物にご注目ください。これは何かと申しますと、夜店や駄菓子屋で売ってるおもちゃの水鉄砲です。何のために持ってきているかというと、フィールドで水遊びするためではなく、炭火の火力を調整するため。本当の話、BBQには水鉄砲が必需品なんです。

火力が上がりすぎてしまうと、肉も野菜もすぐに黒焦げになってしまいますから、炭火の遠赤外線でじんわりと焼くために、水鉄砲でジュッっと一部の炭火を消しながら火力調節をするんです。日本バーベキュー協会でも推奨しているアイテムですので、持っていくと一目置かれますぞ。まさにBBQならでの「テッパン」コーデ&小物で、この夏のアウトドアライフを安全にお楽しみください。

この記事が気に入ったら「いいね!」しよう

LEON.jpの最新ニュースをお届けします。

RECOMMEND FOR YOUおすすめの記事

RELATED ARTICLES関連記事

SERIES

READ MORE

SPECIAL