• TOP
  • GOURMET
  • 肉食女子も落ちる、“スノーエイジングビーフ”と51階の夜景の威力

2018.05.23

肉食女子も落ちる、“スノーエイジングビーフ”と51階の夜景の威力

「アンダーズ 東京」51階の「ザ タヴァン グリル&ラウンジ」がリニューアル。雪室で熟成させた“スノーエイジングビーフ”が、肉食女子を落とす新たな一手、となりますよ!

CATEGORIES :
TAGS :
CREDIT :

取材・文/甘利美緒

場数を踏んでいる“肉食女子”にとって、美味しい料理を食べられるのはもはや当たり前。必要なのは“斬新さ”です。「こんなの初めて!」なんて、目をキラキラされたら悪い気はしませんよね? そこで、ご紹介したいのが、虎ノ門ヒルズの51階にある、ラグジュアリー ライフスタイルホテル「アンダーズ 東京」のメインダイニング「ザ タヴァン グリル&ラウンジ」。この春、リニューアルオープンして、肩ひじ張らないシェアスタイルはそのままに、“新感覚の熟成肉”を味わえるようになったのです!

美味しくないわけがない!熟成肉の秘訣

名だたるホテルやレストランを経て、2017年12月に「アンダーズ 東京」の総料理長に就任したショーン・キーナン氏。フレンチを専門としながら、世界の食文化の影響を強く受けているオーストラリアで育ったことで、調理法や食材において幅広い知識と経験を持ち合わせています。
では、さっそく本題に入りましょう。何が新感覚なのかと言えば、都内のホテルでは珍しく、日本の雪国で伝統的に受け継がれてきた“スノーエイジング”という手法で肉を熟成させているんです。一定の温度と湿度を保つ天然の雪室(ゆきむろ)で寝かされた肉はジューシーかつ濃厚! しかも、「アンダーズ 東京」の経験豊かな総料理長が熟成させる肉を厳選しているので、美味しくないわけがないんですね。

総料理長を唸らせた「雪室」の実力

温度1~2℃、湿度95%以上をほぼ一定に保つ雪室(ゆきむろ)。夏でも施設内の雪は溶けることがなく、食材にストレスを与えずに熟成させることが可能です。ちなみに、このスノーエイジングという技術を用いた熟成肉を提供するのは、東京都内のホテルでは今のところ「アンダーズ 東京」だけだとか。

写真提供/公益財団法人 雪だるま財団

NEXT PAGE2/ 3

技ありグリルで完璧な味わいを実現!

技ありグリルで完璧な味わいを実現!        

シグネチャーメニューの「スノーエイジング 北海道産サーロイン F1 220g」(9500円/税・サ別)
アンダーズ 東京の「ザ タヴァン グリル&ラウンジ」がこだわりの熟成肉を採用しているとして、そのポテンシャルを最大限に引き出せなければ意味がないわけですが、さすがはショーン・キーナン総料理長、それについてはよく考え抜かれていました。

まずは、360度全方向から均一に火を通すことができる高温のグリルオーブンを新設。さらには、底にラバストーン(溶岩石)を設置したグリルよって肉から落ちた余分な脂をスモークにして立ち昇らせ、肉に香りづけしながら、旨みを閉じ込めるようにしているのです。そうしてグリルされた熟成肉は確かに素晴らしい逸品で、噛みしめるほどに口の中いっぱいに旨みがじゅわり。口福感を得られること、請け合いです。
熟成肉のグリルのほかにも魅力的なメニューは多数。こちらは「ニース風サラダ 鮪の赤身のシアード インゲン ポテトのコンフィ ブラックオリーブ ウズラの卵 ホワイトアンチョビ  ヘーゼルナッツドレッシング 胡麻チュイール」(2400円/税・サ別)。ショーン・キーナン総料理長のプレゼンテーションのセンスが冴える一品です。
スウィーツの代表メニューはコチラ、「ボンブアラスカ マンゴー ストロベリー クーリ―」(1400円/税・サ別)。メレンゲの中にバニラ、ストロベリー、チョコレートと3種類のアイスクリームが包み込まれていて、ストロベリーの酸味とのバランスが◎。
楽しくシェアできるアラカルトはデート向きですが、リニューアルオープン記念として用意されている「スペシャル シグネチャーコース」も要注目。このコースを注文すれば、スノーエイジング サーロインを追加料金なしの通常料金で味わうことができます。好評につき期間を延長、6月30日までのオンライン予約限定ですので、気になる方は公式サイトを急いでチェックしてみてください!

NEXT PAGE3/ 3

デートにおあつらえ向きの内装

デートにおあつらえ向きの内装が、ふたりの時間を盛り上げますよ!

天窓のある、開放感かつラグジュアリーな空間は、デートにぴったりです。
高層階のラグジュアリーホテルはともすると敷居が高く感じられますが、アンダーズ 東京の「ザ タヴァン グリル&ラウンジ」はホテルならではのクオリティはそのままに、気取らず、寛げるように設計されているのがポイント。何しろ51階に位置していますから眺望は圧倒的に素晴らしいですし、自然光がたっぷり差し込むランチタイムと、星屑のような夜景が広がるディナータイムで表情がガラリと変わるのも魅力です。とっておきの時間が過ごせるのは間違いありませんので、ぜひ、ご活用を。

■ ザ タヴァン グリル&ラウンジ

住所/東京都港区虎ノ門1-23-4  アンダーズ 東京 51F

営業時間/[ダイニングエリア]朝食6:30~11:00・ランチ11:30~15:30・ディナー18:00~22:30、週末ブランチ11:30〜13:00、13:30〜15:30[ラウンジエリア]アフタヌーンティー14:00〜17:00(土日・祝13:00〜15:00、15:30〜17:30)※L.O.は30分前

※6月30日(土)まで、下記のホテル公式サイトから通常のコース料金(1万2000円、1万4000円、1万6000円/税・サ別)を予約すると、追加料金なしでスノーエイジング サーロインを提供できる期間限定プランを実施中。
 
URL/andaztokyodining.com
 
予約・お問い合わせ/☎03-6830-7739

この記事が気に入ったら「いいね!」しよう

LEON.jpの最新ニュースをお届けします。

RECOMMEND FOR YOU おすすめの記事