• TOP
  • GOURMET
  • イイ女も落とせる❤︎ 洒脱なバーのような“おでん屋さん”

2018.03.04

vol.42「金のおでん 京都嵐山 まろまろ 本店」(恵比寿)

イイ女も落とせる❤︎ 洒脱なバーのような“おでん屋さん”

美味しいおでんが食べられるのは、暖簾がかかった居酒屋や小料理店ばかりではありません。恵比寿の「金のおでん 京都嵐山 まろまろ 本店」は、洒脱なバーのような雰囲気で、素敵な女性たちのハートもわしづかみにするはず。

CATEGORIES :
TAGS :
CREDIT :

写真/椙本裕子

デートのお店選び、みなさんはいつもどうしていますか? ガイドブックや雑誌はもちろん、さまざまなグルメサイトまであって、今やニッポンはレストランの検索天国ですよね。とはいえ、「デートを成功させるためのお店」をきちんと探し出せる人ってきっと少ないはず。だって、複雑な女性の好みや心理状態を理解できないと恋を成就させるってムズカシイもの。

そこで、本誌LEONでYULI*YULIとして14年間にわたり、あらゆるジャンルのレストラン&バーを取材してまいりました“デート・コンシェルジュ”(略してデーコン)こと、渡辺ゆり子が、本当にデートで使えるお店の選び方をわかりやすく御指南いたしましょう。

ふたりの身もココロも温めてくれる❤︎店 Part 4

店内に入ってビックリ!「ここ、おでん屋さんですよね!?」と目を疑いたくなるほど、雰囲気はまるで、素敵なバーのような「金のおでん 京都嵐山 まろまろ本店」。
ゆったり過ごせる広めのバーカウンター。
実はコチラ、私のシャンパーニュ・バー「リリ・ラ・ユリ」がオープンした2007年当時、近所にあった「金のおでん 羽重」のオーナー、羽重氏が始めたお店だったの。友人に紹介してもらい、私のバーにおでんを届けていただいたこともありました。あの小さなカウンターだけだったお店がこんなに大きく、しかも恵比寿に本店と西口店の2店舗も構えるほどに成長していて、二度ビックリ!(その頃から“羽重”は、知る人ぞ知る伝説のおでん屋さんでしたけど)
おでん屋さん、なのにシャンデリアが!
カウンターだけでなく、メインのテーブル席も、おでん屋さんとは思えない艶っぽい雰囲気。薄暗いなかに煌めく大きなシャンデリアの素敵な空間で、“おでん屋さん=暖簾にカウンターの居酒屋さんっぽいイメージ”が見事に覆されます。お連れになった女子も、きっとこんな素敵なおでん屋さんとは、想像もできないと思うわ!

NEXT PAGE2/ 3

優しいお味の“金のおでん”、濃厚な“黒おでん”

優しいお味の“金のおでん”、濃厚な“黒おでん”も楽しめます

コチラのおでんは、京風の出汁が効いた薄味なの。丸鶏、昆布、野菜出汁をしっかり取った優しいお味です。おでんは単品イメージがありますが、コース仕立てになっているので、
デートのときは迷うことなくオーダーがしやすいはず。土鍋で出てくるし、“ふたりだけのおでん会”ができちゃいます。
「金盛り 金のおでん 全部をちょっとずつ」2380円
まずは定番、店名にもなっている“金のおでん”。出汁が金色でしょ。口溶けが極上の水はんぺん、昔ながらの石臼造りの焼きちくわ、手仕込みのつみれ。一口サイズがうれしい京がんも。その他、大根、京生麩、小結びシラタキなど、柚子胡椒でどうぞ。「どれがいい?」なんて、取り分けてあげてね。
「黒盛り 黒のおでん 全部をちょっとずつ」1480円
お次はなんと、“黒おでん”。金とは打って変わり、和牛出汁の濃厚醤油仕立て、しっかりしたお味です。串は和牛切り落としの牛すじ、黒玉(卵)、ちくわ麩、こんにゃく玉など、ネギと胡麻を薬味にいただきます。金と黒どちらがお好きかしら?
「丸ごと完熟トマト&モッツァレラ」580円
「丸ごと完熟トマト&モッツァレラ」は、人気ナンバーワンのメニュー! いまや、トマトおでんは普通になってしまったけれど、実は広尾時代の「羽重」がトマトおでんの元祖だったのです。当時のメニューを踏襲しつつ、トマト果汁に金出汁を注ぎ足しながら作り上げる逸品。ぜひ、元祖をお召し上がり下さい。
左/「梅酒アイスティー」700円、右/シャンパーニュカクテル「レオナルド」900円
バーのような見た目を裏切らず、お酒は、ほぼ何でも取り揃えています。今回は女子ウケしそうなカクテルを選んでみました。右はシャンパーニュ・カクテルの「レオナルド」。苺リキュールが甘っずぱい春らしいドリンクです。そして「梅酒アイスティー」。サラッとさわやかな飲み口で、ごくごく飲めちゃいますよ。

NEXT PAGE3/ 3

秘密の扉を開けると、デートにぴったりな小部屋が❤︎

秘密の扉を開けると、デートにぴったりな小部屋が❤︎

右奥の扉を開けると、秘密の小部屋が。
このカウンターは窓越しに竹林が見えて、ちょっと京風な風情なんです。圧巻なのはズラリと並べられたお酒ボトル! なんと300本近くズラリとあります。
 
席はテーブル席もあるし、どこにしようか迷ってしまうけれど、もっとデート向きなスペースがあるの。上の写真のカウンター脇に見える扉の先に、小部屋があるんです。
プライベート感たっぷりの横並び席。
カウンターの脇の扉から入ると、プライベート感たっぷりの小さな部屋が。二組だけ入れます。横並びシートなので、どうしても彼女との密着度はかなり高くなります。そこを配慮のうえ、予約してね。(2回目以降のデートに良さそう!)
人で賑わう恵比寿東口周辺の裏通りに、突如として現れる京風情の石畳のエントランス。この重厚な扉を開けたら、想像とは異なる洒脱な空間にビックリ!というサプライズ感満点のおでん屋さんです。デートにこれほどぴったりなお店はないかも。
 
姉妹店のほうも、本店より少しカジュアルながら、同じようにバー的なお洒落な空間で美味しいおでんが食べられるとあって大人気。かなり早めの予約をオススメします。

■ 金のおでん 京都嵐山 まろまろ本店

住所/東京都渋谷区恵比寿1-6-1
営業時間/月〜木曜ランチ11:30〜15:00、ディナー17:00〜翌1:00、金曜ランチ11:30〜15:00、ディナー17:00〜翌2:00、土曜・祝日前ディナー17:00〜翌2:00、日曜・祝日ディナー17:00〜24:00
無休

URL/http://www.hajyu.jp
予約・お問い合わせ/☎︎03-3445-7794

●渡辺ゆり子

食、シャンパーニュ、花、インテリアと多岐のジャンルが活動のフィールド。2003年、国際アートフラワーコンクール優勝。2010年、シュバリエ・ド・シャンパーニュ叙勲。本誌LEONの「オヤジのトキメキダイニング」でも長期連載中。2017年7月7日に、自身のバー「Champagne Bar LILI-LA-YULI」が10周年を迎えた。

この記事が気に入ったら「いいね!」しよう

LEON.jpの最新ニュースをお届けします。

RECOMMEND FOR YOU おすすめの記事