• TOP
  • GOURMET
  • カクテル飲みながら、靴磨きデートできちゃうバーって!?

2021.07.08

■ vol.154「THE SHOESHINE&BAR(シューシャイン&バー)」

カクテル飲みながら、靴磨きデートできちゃうバーって!?

ひとりで、あるいは彼女とふたりで大人の時間をしっぽりと過ごすのに、バーはうってつけの場所。「THE SHOESHINE&BAR(シューシャイン&バー)」なら、お酒を片手に本格的な靴磨きまでできちゃうんです!

CREDIT :

取材・文/渡辺ゆり子 写真/牧田健太郎

本誌LEONでYULI*YULIとして長きにわたり、あらゆるジャンルのレストラン&バーを取材してまいりました“デート・コンシェルジュ”(略してデーコン)こと、渡辺ゆり子が、本当にデートで使えるお店の選び方をわかりやすく御指南します!

ジントニック、靴磨き……オトコらしい世界観に浸れる秘密基地

都心の路上に立つボックス型の建物。「何のお店?」と不思議に思われるかもしれませんが、虎ノ門ヒルズ近辺の新虎通り沿いにできたバーなんです。「THE SHOESHINE&BAR(シューシャイン&バー)」というネオンからご想像できるとおり、コチラでは、お酒をオーダーしながらなんと、靴磨きができちゃうの!
靴磨き世界チャンピオンの長谷川裕也氏の店「Brift H(ブリフト・アッシュ)」と、シックな大人のクレープ店「PARLA(パーラ)」が手を組んでつくった新しいコンセプトの“靴磨きバー”。店内はお酒がズラリと並び、イギリスのパブを思わせる落ち着いた趣ですが、バーカウンターの右端には靴磨き用のスペースが……。
PAGE 2
ココで、シューシャイナーの赤塚氏に靴を預けてね。磨いてもらっている間に一杯……というわけ。なんて粋なんでしょ!
▲ 「ザ シューシャイン ネグローニ」1650円(サービス料 別)
数あるカクテルのなかから、男性にオススメなのはコチラの「ザ シューシャイン ネグローニ」。バーテンダー日沖氏が、ドライジン『タンカレー』や、イタリアのプレミアム・ベルモット『アンティカ フォーミュラ』で、大人でリッチな味わいにつくってくれます。
▲ 「ムーラン ルージュ サワー」1540円(サービス料 別)
彼女には「ムーラン ルージュ サワー」を。ラムベースにハーブリキュールの『スーズ』を加えたオリジナルカクテルです。苦味酒『アンゴスチュラ・アロマティック・ビターズ』で描いた、キュートなハートマークがアクセントに。
PAGE 3
写真のボトルは全部ジン。入手困難な珍しい銘柄も置いてあるから、ジン好きな方にはたまらないはず。
なので、コチラの一番のウリは、何と言ってもジン・トニック! まずはメニューに載っているこだわりの10種のジンから好きな物をセレクト。次にライムorレモンどちらかを選び、最後にソーダかトニックをチョイスすれば、自分好みのジン・トニックが出来上がり! これはかなり楽しい。色々と試してみたくなりますね。
日本ウイスキーも15種あり、さらにオリジナルウイスキーまであります。ピート強めの『ブリフト アッシュ』は、ラベルもカッコいいでしょ?
PAGE 4

ジントニック片手に、世界一のスゴ技を見られる!

そしてコチラ最大の醍醐味は、お酒を飲みながらプロ中のプロの靴磨きを見られること!
まず感動するのは、細かな部分までケアしてくれる点。ほつれが出ていたらライターの火で焼き切ったり、コバのはげた部分にインクを塗り込んだり。
驚くのは、プロは布ではなく手を使って栄養クリームを塗り込む点。指は最高の道具になるワケですね!
仕上げは、水とワックスを交互に乗せながら、トゥの部分を中心にネル生地でピッカピカに磨き上げます。そのプロ技の一部始終にすっかり見入っちゃうはず!
約30分の靴磨きショー。最初はご自分の革靴を磨いてもらい、次は彼女を連れてきて、パンプスをピカピカにしてあげて。
ちなみに革製品なら、お財布やバッグもキレイに磨いてくれます。プロの手にかかれば見違えてしまうから、もうクタクタだからと諦める前に、ぜひ「シューシャイン&バー」に足を運んでみてね!
※掲載商品はすべて税込価格です

■ 「THE SHOESHINE & BAR」

住所/東京都港区西新橋2-33-2
営業時間/SHOESHINE11:00〜20:00(L.O.19:30)、BAR17:00〜23:00(L.O.)
※時間変更の可能性あり。要確認
定休/日・祝日

● 靴磨き料金/フルサービス3300円、スニーカーリフレッシュ2750円ほか

公式インスタグラムはコチラ

予約・お問い合わせ/TEL.03-6452-8839

● 渡辺ゆり子

食、シャンパーニュ、花、インテリアと多岐のジャンルが活動のフィールド。2003年、国際アートフラワーコンクール優勝。2010年、シュバリエ・ド・シャンパーニュ叙勲。本誌LEONの「オヤジのトキメキダイニング」でも長期連載中。2021年7月7日に、自身のバー「Champagne Bar LILI-LA-YULI」が14周年を迎えた。

この記事が気に入ったら「いいね!」しよう

LEON.JPの最新ニュースをお届けします。

SPECIAL

    おすすめの記事

      SERIES:連載

      READ MORE

      買えるLEON

        カクテル飲みながら、靴磨きデートできちゃうバーって!? | グルメ | LEON レオン オフィシャルWebサイト