• TOP
  • GOURMET
  • 吉原で芸者と鍋!? 江戸の風情香る、1日1組限定の桜鍋とは?

2017.12.21

吉原で芸者と鍋!? 江戸の風情香る、1日1組限定の桜鍋とは?

馬肉を使った桜鍋は、昔も今も男女の駆け引きに欠かせない艶鍋です。かつての花街、吉原のど真ん中にある「中江別館 金村」で、江戸の風情が楽しめます。

CATEGORIES :
TAGS :
CREDIT :

文/牛丸 由紀子 写真/菅野 祐二

「美味しい鍋を食べよう」と、まずは行き先内緒のまま浅草駅前で待ち合わせ。タクシーの運転手に告げるは「吉原大門へ……」。どこ連れてくの~!? から始まる今宵の舞台は、かつての花街のど真ん中にある「中江別館 金村」です。

今も色めく店が立ち並ぶ吉原にありながら、車を降り立ったそこは凜とした佇まい。のれんの向こうに何があるの~?と、彼女のドキドキは確実にワクワクに変わるシチュエーションでございます。
吉原最後の料亭の佇まいを残した店構え。かつてはここで食事をした旦那を花魁が迎えに来て、自身の店にお連れしたのが花魁道中。目の前の通りがまさに当時のメインストリートだそう
PAGE 2
この「金村」、もともとは吉原遊郭の茶屋として栄え、遊郭廃止後も政財界の重鎮たちに愛された歴史ある料亭でした。建物は歌舞伎座や成田山新勝寺などを設計した建築家・吉田五十八が手掛けたそうで、さすが料亭女将の人脈、恐るべし。

その吉原最後の料亭の閉店を聞きつけたのが、こちらも明治38年創業の吉原に唯一残った桜鍋屋「桜なべ中江」を営む4代目中江白志さん。吉原の文化を残したいという思いから、金村女将から託されたこの建物を中江の別館としてリニューアル。

ちなみに吉原発祥の桜鍋、中江さんの話によれば「遊郭で遊び過ぎた旦那衆がお金の代わりに売ったのが乗ってきた馬。それが集まり過ぎたので鍋にしたところ人気になった」のが起源だそう。男のやんちゃが美味しいお鍋を生み出したというわけです。
PAGE 3
のれんをくぐれば別世界、そんな風情だけではなく、こちらは1日1組(4名から)の完全予約制。さらに会員のみが予約を許されるという特別感にもそそられます。ちなみに「中江本店」に一度でも来店し、桜鍋の美味しい食べ方をご存知の方が会員になれるシステムなので、初心者はまずは「中江」で初体験を。
お料理は先付のほか握りやユッケ、締めの後、ご飯で終わるコース1本勝負。メインの桜鍋は、自家製の味噌だれを溶かし込んだ割下にまず脂肉を投入。その間、赤身にしゃぶしゃぶと火を通し、ピンク色が残るぐらいで口に入れれば、思わず絶句。

馬肉=硬いんじゃない?なんて固定観念を覆す衝撃の柔らかさです。薄切りなのにふっくらジューシーなお肉に、桜鍋初体験の彼女の箸も進むはず。鍋は店主や仲居さんがついて美味しい状態を逃さず作ってくれるので、鍋奉行の心配も無用。心置きなくふたりの会話と美味しい食事に没頭してください。
PAGE 4
カロリーが低いのに高たんぱく、鉄分やビタミンが豊富と女性が聞けば大喜びな食材である馬肉。さらには一粒でウン百メートルのキャラメルでもお馴染み、エネルギーの源となるグリコーゲンもなんと牛肉の3倍。

女性におすすめと言いながら、実は下心も隠されたれっきとした男性の味方たる食材(笑)。吉原通いに必須だったのも納得です。
お酒は日本酒「惣花」がおすすめ。花柳界で「惣花」といえば、馴染み客がお店全員にご祝儀を振る舞う習慣のこと。この艶ある場所にふさわしい、縁起も気っぷもいいお酒なのです。
天皇陛下のご結婚の祝杯にも供された皇室御用達の日本酒「惣花」。小判のラベルも縁起良し。144㏄ 980円 
PAGE 5
お料理だけではなく、花街らしいお楽しみも。な~んとこのお店、芸者さんを呼べちゃうんです! 一見さんにはなかなかできない芸者遊び、料亭なんぞじゃ緊張感も漂いますが、ここなら桜鍋をつつきながら気軽に体験。幇間(男芸者とも呼ばれる芸人)さんや噺家さんを呼ぶことも可能です。

浅草芸者には、田中角栄元首相がひいきにしていたという93歳のお姐さんもいらっしゃるそうなので、めったにできない体験させていただきましょう。

「一日一組なので、ぜひいろいろとご相談を」と、店主からはうれしいお言葉。例えば生肉大好きな彼女のために、インスタ映えするよう馬刺しやユッケを山盛りで提供してもらうとか、モリモリユッケにキャンドルを立てたバースデー肉ケーキをお願いするとか。

ご希望の方には、食後にプチ吉原ガイドもしてくださるそう。

◆ 桜なべ中江別館 金村 

住所/東京都台東区千束4-16-7
営業時間/17:00〜22:00(ご来店は19:30まで)
定休日/月曜
URL/www.sakuranabe.com/kanemura/
お問い合わせ/☎03-3872-5398

●会員登録は本店中江にご来店されたことのある方のみ。
詳細は下記HPをご覧ください。
URL/www.sakuranabe.com/kanemura/yoyaku.html

艶街の色香あふれる料亭で、芸者遊びに酔いしれて、下心もたっぷり煮込んだ桜鍋。オトコとオンナに必須の艶鍋で、ふたりの身もココロも高まる一夜を!

この記事が気に入ったら「いいね!」しよう

LEON.jpの最新ニュースをお届けします。

RECOMMEND FOR YOUおすすめの記事

RELATED ARTICLES関連記事

SERIES

READ MORE

SPECIAL