• TOP
  • GOURMET
  • 鍋は“撮ってから食べる”時代―インスタ映えする肉鍋で、「連れてって」も独り占め!

2017.10.22

鍋は“撮ってから食べる”時代―インスタ映えする肉鍋で、「連れてって」も独り占め!

SNSで「いいね!」を稼いで「連れてって♡」へつなげよう。

CATEGORIES :
TAGS :
文/中島 由貴
名物肉鍋 赤
SNSに投稿した写真を見るたびに、ワ〜!と歓声をあげた興奮がよみがえり、かつ、周りの反響も上々とあらば、大人のオトコとて本音はうれしいもの。そんなインスタ映えするサムシングをお探しの諸兄には肉鍋メニューがイチ押しです。女子に人気の「肉」だけでも引きが強いし、人肌恋しいこの季節に「鍋」の絵ヂカラが加われば、ごくごく自然に「すご〜い♡ 私も食べに行きたい!」と、逆オファーも期待できるというものです。

さらに、トレンド最前線をご所望のSNS上級者には、この秋冬トレンドの“ムービージェニック”なる鍋をご紹介。“モテネタ”のひとつとして覚えておいて損はないかと。

肉が鍋を囲む!? #フォトジェニック鍋
◆「金蔦」の炊き肉鍋

炊き鍋肉
ご覧ください、この美しい肉の輪を♡   今やおそしとスープにダイブする瞬間(とき)を待つ見事な山盛りの肉は、360度どこを切り取ってもフォトジェニック。

博多・春吉に本店を構える「金蔦」が、もつ鍋、水炊きに次ぐ博多名物の鍋料理第三弾として独自に考案したのが、こちらの博多炊き肉鍋。薄く切ったネギとキャベツを覆う肉山を崩しながら、真ん中の牛テールスープの中でしゃぶしゃぶ。肉に火が通ったら、時を同じくして野菜も食べごろに。しんなり&シャッキシャキの絶妙な歯ごたえになった野菜を、脂がほどよくのった肉で包み、つけダレとして出てくるトマト味と塩ベースの2種類のスープでいただきます。さらにピリッと辛い自家製梅味噌が2種類付いているので、好みの味にブレンドしたり、タレを変化させたり……満喫しているうち「おかわり!」。いくらでも箸が進んでしまいます。
炊き肉鍋コース
季菜、生彩八寸、向付け、御食事、甘味、矢部和紅茶がつくコース。炊き鍋はお好きな肉の部位から選べます。国宝豚 4900円、黒毛和牛リブロース×国宝豚 5900円、黒毛和牛三角×国宝豚 6600円、黒毛和牛サーロイン×国宝豚 8000円、黒毛和牛三角 7400円、黒毛和牛サーロイン 8800円(税別・注文は2人前から)
杵打ちきし麺
シメには杵打ちきし麺(350円・税別)もぜひ。中央のスープで煮込み温まったところに、黒胡椒をたっぷり効かせて完成。野菜と肉のお出汁が染み込んだつるつるモチモチの麺を勢いよくどうぞ。
肉もさることながらたくさんのお野菜と一緒にいただくので、ボリュームはあるものの罪悪感はゼロ。女子ウケ◎なお鍋です。

◆ 金蔦 六本木(キンツタ ロッポンギ)

住所/東京都港区六本木4-12-11 竹岡ビル B1
営業時間/17:30〜23:00 (L.O. 22:30)
定休/無休 1月1日〜1月3日
お問い合わせ/☎03-6804-5070

神戸牛が山盛りの#マウンテン肉鍋
◆「神戸びいどろ」の名物にくなべ

スマホを向けない人がいるんでしょうか!?  目の前に、ド~ン!とそびえるは標高30センチにも届きそうな肉の山。神戸牛を手軽な価格で楽しめる人気店「神戸びいどろ」の「にくなべ」は、スライスした神戸牛のバラ肉をはじめ、牛スジ、ハツ、小腸、豚ウデスライスの全部で5種類の肉を、キャベツやもやしと一緒にタワー状に高く積み重ねた、なんとも豪華な名物鍋なんです。

まずビジュアルに驚かされますが、こちらでいただける神戸牛は、神戸牛の生産者トップの中西牧場グループから限定で仕入れているものだけというから品質にもおすみつき。そして、スープもスゴイ。赤味噌ベースの甘辛な「赤」と、上品な白味噌のあっさりとした和風の「白」の2種類のスープから選ぶことができ、どちらも各店舗で手作りされています。

エベレスト級の冷静な心をもつ女性だって、こちらの前では思わずはしゃいでしまうはず。あとは、鍋のように徐々に心がほぐれていって……♡ となるかは、あなたの腕次第(笑)。
名物にくなべ
こちらは「赤」のスープの「名物にくなべ」1人前1420円(税別 注文は2人前から)

◆ 炭火焼肉・にくなべ屋 神戸びいどろ初台店

住所/東京都渋谷区代々木4-37-12 セザール参宮橋1F
営業時間/17:00~24:00(L.O. 23:00)
定休/不定休
お問い合わせ/☎03-6276-2939

NEXT PAGE2/ 2

旬は動画で見せる鍋!? 話題のムービージェニックとは

ムービージェニックが2018の鍋トレンド筆頭格!

来たる2018年、鍋のトレンドは写真から動画、つまりフォトジェニックからムービージェニックの時代になるとの予報が! ある調査では、20~40代の女性320名の7割りほどが“ムービージェニック鍋”に早くも興味があるとのこと。トロ〜ッととろける様子だったり、ジュワ〜と焼かれる様子だったり、フワッと消える様子だったりと、調理中や最後の仕上げで動きや見た目の変化を楽しめるとあって、“動画ばやり”が今盛り上がりをみせてます!

マグマのようなチーズが#動画映え!
◆「SALSA CABANA」のメキシカン溶岩チーズ鍋

いま深夜だよ!という方、申し訳ありません。ほとばしりそうな躍動感あふれるチーズの映像に、お腹をキュルル〜と刺激されていることかと。本格的なメキシカン料理をいただける「サルサカバナ」の人気トップメニュー、「メキシカン溶岩チーズ鍋」があなたに飯テロを仕掛けています。

溶岩から削りだした鍋を直火で熱して、そこにホワイトソースと数種類のチーズをブレンドした特製のチーズソースをIN。メキシコ産牛のハラミ、サルサ・メヒカーナ(トマト・玉ねぎ・香草を刻んで混ぜたもの)、塩漬けのサボテン、ブロッコリー、ホワイトセロリ、水菜、しめじなどをトッピングして、最後にはメキシカンライス(380円)をオーダーしてチーズリゾットにしてシメるのがおすすめです。
メキシカン溶岩チーズ鍋
「メキシカン溶岩チーズ鍋」1人前1000円(注文は2人前から)。本場のメキシコでは、「ケソ・フンディード(溶けたチーズの意味)」と呼ばれる料理。一見チーズフォンデュのようにこってりとしているかと思いきや、女性でもペロリと平らげてしまえるほどあっさりといただけるオリジナルのチーズソースが人気の秘密。

◆ サルサカバナ 新橋セントロ

住所/東京都港区新橋4-15-4 斉藤ビル
営業時間/月~土 17:00~24:00(L.O. 23:30)
定休/日曜、年始
お問い合わせ/☎03-3437-7757

この記事が気に入ったら「いいね!」しよう

LEON.jpの最新ニュースをお届けします。

RECOMMEND FOR YOU おすすめの記事