• TOP
  • GOURMET
  • 男らしいストロングスタイルの「ポテトサラダ」

2021.03.20

男らしいストロングスタイルの「ポテトサラダ」

“週末鮨屋”の料理研究家として知られる野本やすゆきさんが、料理初心者の男性向けに「モテる」「デキる」レシピをご指南!

CATEGORIES :
TAGS :
CREDIT :

レシピ&調理/野本やすゆき 文/秋山 都 写真/吉澤健太

「男子厨房に入らず」と言われたのも今は昔。最近は「弁当男子」も、週末ともなれば腕を奮ってホムパやキャンプ……という料理上手な男性もたくさんいます。でもその一方で、まだ「インスタントラーメンしか作れない」という方もある一定数いるのも真実。 

そこで本連載では“週末鮨屋”として注目されている料理研究家、野本やすゆきさんに、初心者でも作れて、自分で食べておいしいのはもちろん、一緒に食卓を囲むお連れさまにも「すごい!」と言ってもらえるレシピをご指南いただきます。料理はいまどき男子必携のモテツールであるものの、万遍なく何でも作れる必要はありません。数品のキラー料理を作れるよう、腕を磨いておきましょう。
▲ ポテトサラダは天盛りにするとおいしそう。お好みで黒こしょうを振って。
第33回は「ポテトサラダ」。
酒場で、さまざまな酒肴が短冊に書かれてぶら下がっていますが、その中で「ポテトサラダ」「ポテサラ」「マカロニサラダ」「パスタサラダ」……この類はつい注文してしまうのですよね。恐るべし、マヨネーズの引力。

家庭で作るお惣菜の定番でもありますが、今回はちょっと男らしく、ストロングスタイルのポテサラを野本さんに教えていただきました。ポイントは3つ。じゃがいもにインカのめざめを使用し、蒸すことと、ハムではなくカリカリに炒めたベーコンを使用すること。ねっとりと甘く、濃厚なポテサラをめざします。

「ポテトサラダ」を作ってみよう

ポテトサラダ(2人分)

じゃがいも(インカのめざめ)    500g
ブロックベーコン        80g
バター              10g
きゅうり             1/2本 輪切
タマネギ           1/4個 薄切り

オリーブオイル        大さじ1
白ワインビネガー       大さじ1

マヨネーズ          大さじ2
塩、こしょう          適量
砂糖             少々

PAGE 2
なぜ、インカのめざめを選ぶのでしょう?

「もちろんほかのじゃがいもでもいいんです。たとえば男爵いもはホクホクした食感で、比較的早く煮くずれるのでポテトサラダ向きのじゃがいもです。でもインカのめざめはより濃厚で甘味が強い品種。色も黄色いし、なんかリッチなポテサラになるんですよね」

なるほど。たしかに黄色味が強いほうがごちそう感がありますね。
▲ きゅうりは端を落とし、小口から薄切りに。
まずはきゅうりを薄切りに。お好みですが、1ミリ程度のスライスがポテサラになじみやすいようです。
▲  スライスしたきゅうりに塩を振り、時間をおいてしんなりとさせます。
きゅうりに塩(分量外)を振り、しばらく置いて、水気が出たらキュっと絞っておきましょう。
▲  同様にタマネギも薄切りにしておきます。
野菜がスライスできたら、いよいよベーコン登場。ハムより、燻製香が強く、また脂の量も多いので、よりリッチでストロングスタイルに仕上がります。
さらに、この日はあらかじめ薄く切ってあるベーコンではなく、ブロックのベーコンを使用しました。理由は……もうおわかりですね、この方が男らしいから(笑)。
▲ ベーコンなど肉類は塊のほうが美味しいです(私見)。
固まりのベーコンを、3ミリ程度の厚さに切っておきます。このとき、ベーコンの旨味をしっかりと残したいから、薄くしすぎないのがポイントです。
次にベーコンを、フライパンで溶かしたバターで焼き付けます。オリーブオイルではなく、バターで焼くってのも、ストロングスタイル。今日はカロリーとか気にしませんよ!
▲ 溶けたバターにベーコンの燻製香が加わり、たまらなくよい匂い……。
PAGE 3
ベーコンは表、裏に焼き色が付くまでしっかりと焼きましょう。このカリカリの焦げがのちほどポテトサラダに良い旨味と香りのアクセントを与えてくれます。
▲ ベーコンから脂が出るので、余分な脂はキッチンペーパーで拭きとります。
PAGE 4
さあ、いよいよ主役の「インカのめざめ」を蒸します。
▲ 蒸し器がない場合には、深めの鍋に耐熱皿を入れ、周囲に水を張って加熱しても同様の効果が得られます。
蒸し器を利用してゆっくり調理することで、イモの味わいがより濃厚に引き出されます。茹でてもいいのですが、どうしても水っぽくなるし、レンジでチンするだけでは甘味が引き出されません。ここはぜひ蒸してみてください。
▲ じゃがいもは熱いうちに皮をむきます。やけどにご注意。
じゃがいもの蒸し時間は大きさにもよりますが、およそ20分~30分前後です。竹串がスーッと入れば蒸し上がりのサイン。
▲ 皮をむき終わったじゃがいも。熱いうちに調味するのがコツです。
さて、皮をむき終わったらあとは調味して混ぜるだけ。
▲ 皮をむいたじゃがいもは木べらなどで潰します。コロコロ感を残すか、ねっとりペースト状にするか、その辺はお好みで。
皮をむいたじゃがいもを木べらなどで潰し、熱いうちにオリーブオイル、白ワインビネガー、塩・こしょうを加えて混ぜます。冷めてからだと味がうまく馴染まないので、熱いうちにどうぞ。
あとはベーコン、きゅうり、玉ねぎを入れ、マヨネーズで合わせるだけなのですが、この際、ジャガイモは冷ましてから混ぜてください。熱いうちに混ぜるときゅうりや玉ねぎが必要以上にしんなりしてしまうほか、ベーコンの脂身も溶け出して、なんとなくグズッとした印象のポテサラになってしまいます。
▲ ポテトサラダは黒や青など濃い色の皿に盛り付けるとより美味しそうに見えるよう。
たっぷりと盛り付け、お好みで黒コショウを振って召し上がれ。
ベーコンゴロゴロでごちそう感たっぷり、ストロングスタイルの「ポテトサラダ」です。

● 野本やすゆき (料理研究家)

東京・谷中で昭和初期から続く老舗寿司店「谷中 松寿司」に生まれ、現在、金・土・日曜のみ3代目として店を継承。“週末鮨屋”としても活動しつつ、わかりやすいレシピがTV、雑誌で人気の、いま注目の料理研究家のひとり。プロレス好き。

この記事が気に入ったら「いいね!」しよう

LEON.JPの最新ニュースをお届けします。

RECOMMEND FOR YOUおすすめの記事

    RELATED ARTICLES関連記事

    SERIES:連載

    READ MORE

    買えるLEON

      SPECIAL

        男らしいストロングスタイルの「ポテトサラダ」 | グルメ | LEON レオン オフィシャルWebサイト