• TOP
  • GOURMET
  • ドラフトコーヒーにエスプレッソ・トニック、この夏飲むべきアイスコーヒー4選

2017.08.10

ドラフトコーヒーにエスプレッソ・トニック、この夏飲むべきアイスコーヒー4選

CATEGORIES :
TAGS :
文/牛丸 由紀子 
撮影/菅野 祐二
(カフェ分福、GRAND CRU CAFÉ GINZA)
河合 綾(RH cafe)
最近のコーヒーの話題と言えばサードウェーブ? いやいや夏ですから。この熱~い日差しのもと、やっぱりキリリと冷たいヤツが飲みたい! というわけで、今年も新たなコーヒードリンクが続々と登場。どうやらこの夏、アイスコーヒーが第4の波になるかも!

今年大注目!アメリカ発祥のドラフトコーヒーとは?

◆ Foru Cafe(フォルカフェ)

アメリカで今、大人気の冷たいコーヒーと言えば「ドラフトコーヒー」。これは水出しコーヒーに窒素を加え、クリーミーな舌触りを楽しむアイスコーヒーのこと。
Foru Cafe「ドラフトコーヒー」
一見、ビール?!なドラフトコーヒー。「Foru Cafe」自慢の、外側はパリッと中はとぅるんなブリュレフレンチトーストとの相性も抜群です
日本では「ニトロ(=窒素)コーヒー」とか「ナイトロコーヒー」とも呼ばれていますが、そのアイスコーヒーを、樽から注ぐという意味の「ドラフトコーヒー」と名付けたのがForu Cafeのオーナー・平井幸奈さん。

ビールサーバーのようにタップを倒すと、グラスに注がれるのは無数の気泡が立ち上るクリーミーなコーヒー! 注ぎ終わると、その表面にはビールのようなきめ細やかな泡が。そして口に含めば、う~ん滑らか! 7時間かけて抽出した水出しコーヒーのまろやかさに、泡が加わったシルキーな口当たりは病みつきに。
テイクアウトもできるので、颯爽とバイクを走らせ、買いに来る男性もいるそうですよ。ドライブデートの途中、「ちょっとコーヒー買ってくるね」と立ち寄って、こんなコーヒーを差し出されたら、彼女もびっくりですね。“冷たいくせして、飲めば柔肌”、そんなわがまま娘のような滑らかさをお楽しみあれ!

◆ Foru Cafe(フォルカフェ)

場所/東京都新宿区西早稲田2-4-26-1F
営業時間/10:30〜20:00(L.O.19:30)
定休日/無休(年末・年始を除く)
URL/http://forucafe.com/
予約・お問い合わせ/☎03-6233-8739(予約は17時以降のご予約のみ承ります)

●ドラフトコーヒー 500円(テイクアウト300円)、ドラフトラテ 550円(テイクアウト350円)、ブリュレフレンチトースト 880円~

NEXT PAGE2/ 4

意外なようで実はベストマッチ! コーヒー×炭酸のエスプレッソ・トニック

意外なようで実はベストマッチ! コーヒー×炭酸のエスプレッソ・トニック

◆ RH Cafe(アールエイチ カフェ)

LA発スペシャリティストアのロンハーマンのカフェ「RH Cafe」にも、キリッと冷たいコーヒーがお目見え。今年初めて登場したのが、その名もエスプレッソ・トニック。
エスプレッソとトニックウォーターの組み合わせっていったいどんな感じ?と思うでしょ。いやこれが、夏にぴったりのコーヒードリンクなんです。
RH Cafe「エスプレッソ・トニック」
目の前でエスプレッソが注がれて、ゆっくりとトニックウォーターに混ざっていくのを見ているのも楽しい!
運ばれてきたのは、スライスしたオレンジがのせられたトニックウォーター。シュワシュワの泡の中にカットしたオレンジも透けて見え、これだけでも涼し気なのですが、そこに注がれるのはアツアツのエスプレッソ!

そんな楽しいプレゼンテーションに、彼女の笑顔も見られそうですよね。
オレンジの爽やかな香りをたっぷり感じる、その味をひと言でいえばまさに“爽やかなコーヒー”。ほのかな甘さは天然のサトウキビを使ったシロップ、炭酸やエスプレッソとなじみやすいように氷もクラッシュアイスにするなど、細かいところにもこだわっています。

苦み走った朝のコーヒーもいいですが、太陽ギラギラの朝には、シンプルなバターミルクパンケーキにこのエスプレッソ・トニックが、この夏おすすめですよ。

◆ RH Cafe(アールエイチ カフェ)

場所/東京都渋谷区千駄ヶ谷2-11-1
営業時間/9:00〜21:00(L.O.20:00)
定休日/不定休
URL/http://ronherman.jp/
予約・お問い合わせ/☎03-3402-6839

●エスプレッソ・トニック 700円、バターミルクパンケーキ 1,000円

NEXT PAGE3/ 4

幻のコーヒー“コピ・ルアク”をアイスコーヒーで

幻のコーヒー“コピ・ルアク”をアイスコーヒーで

◆ カフェ分福

生産量が少なく超稀少なため、幻のコーヒーとも言われる“コピ・ルアク”。なぜ稀少かって?
お教えしましょう。実は“コピ・ルアク”はジャコウネコが餌として食べ、未消化のまま糞となって出てきたコーヒー豆なんです! ジャコウネコが好んで食べるのは、完熟した実のみ。美味しいモノを本能的に知っているわけですね。もちろんちゃ~んと洗浄しますが、内皮がついたまましっかり乾燥させるため、独特の果実味を感じさせる深みのある味わいになるというわけ。
カフェ分福「コピ・ルアク」
アイスのコピ・ルアクは、香りを楽しむためにリーデルのワイングラス“オー”で
ゆえに都内のホテルなどでは一杯7~8,000円の場合も! しかしご安心を。「美味しい味は経験しなくちゃわからない!」というオーナー永妻亜矢子さんの考えのもと、リーズナブルな価格で楽しめるのが、ここ「カフェ分福」。そうです、男たるものすべて経験がものをいうのはみなさま重々ご承知かと。まずは1杯いただいてみなければ。

香り高いその特徴を損なわないよう、少し濃い目に淹れたコーヒーは氷で急冷。豆の自然な甘みがほのかに広がるコーヒーの、その意外なおいしさは飲んだ人にしかわかりません。
その香りの高さから通常はホットで提供しているので、アイスはリクエストベースで飲める知る人ぞ知る裏メニュー。彼女がコーヒー好きならその貴重な体験を、コーヒー初心者なら豆の不思議なストーリーで驚きも一緒にプレゼントして差し上げましょう。
ひとりで来て美味しいコーヒーを飲みながら、本を読んで時を過ごす人も多いというこのお店。彼女と一緒にコピ・ルアクのアイスとホットを飲み比べてみたり、店内に置かれた写真集やエッセイをふたりで眺めながら、時には知的な昼下がりデートを楽しんでみてはいかが?

◆ カフェ分福

場所/東京都杉並区高円寺南3-23-18
営業時間/11:30~22:30(日・祝 11:30~18:30)
定休日/月曜・第2火曜
URL/https://blog.goo.ne.jp/getduffy_photolife
予約・お問い合わせ/☎03-3312-4885

●コピ・ルアク 1,350円(アイス)/1,295円(ホット)

NEXT PAGE4/ 4

女性のココロをわしづかみ!ラグジュアリーなアイスコーヒー

女性のココロをわしづかみ!ラグジュアリーなアイスコーヒー

◆ GRAND CRU CAFÉ GINZA(グラン・クリュ・カフェ銀座)

さて最後は、王道デートにぴったりなステキな空間でアイスコーヒーを。
コーヒーを追い求めて世界中を駆け巡るコーヒーハンターJosé.川島 良彰氏が厳選したコーヒー豆を使ったコーヒーが飲めるのが、GINZA SIXの最上階にある「GRAND CRU CAFÉ GINZA」。

ここでは最高品質のコーヒー豆“Grand Cru Café ”ラインと、更に希少性が高く圧倒的に美しいアロマを放つコーヒー豆“Grand Cru Café Limited”ラインのアイスコーヒーを楽しむことができるのです。
GRAND CRU CAFÉ GINZA アイスコーヒー
コーヒー豆は、鮮度とアロマを保つシャンパンボトルに詰められています。ワイングラスに注がれたコーヒーの佇まいは、まさにエレガント!
コーヒーは、アロマが命です。アロマと豆の鮮度を保つため、“Grand Cru Café”のコーヒー豆が入れられているのは、なんとシャンパンボトル! 農園や畑の違いだけでなく、長期熟成されたヴィンテージコーヒーからニュークロップまで、収穫年度ごとの豆が詰められて整然と並ぶボトルは、それだけで彼女の気分も上がるはず!

更に、淹れたての華やかなアロマを存分に楽しめるよう、コーヒーが注がれるのもバカラのワイングラスなのです!

アイスコーヒーとして提供しているのはGrand Cru Café Limitedラインの「KOTOWA GEISHA FRAGILE 2016(コトワ農園 ゲイシャ フラジャイル 2016年)」とGrand Cru Café「KOTOWA 2016(コトワ農園 2016年)」の2銘柄。なかでも前者は、あと切れの良い上質な酸味のなかにベルガモットのような香りが心地よく、ラグジュアリーな空間と相まって、いつもとはまったく違うコーヒー体験に酔いしれてしまいそう。

このコーヒー、温度変化で甘みが際立ってくるので、1~2時間かけてゆっくり味わうのがおすすめだそう。のんびりデートも楽しめるというわけですね。
こちらのお店、基本的には年間会員(コーヒーセラーオーナー)のためのサロンですが、ボトル(100g)単位で注文すればビジターでも利用可能。ボトル1本で約5杯分のコーヒーが飲め、残った分はお持ち帰りか店内セラーで2週間のキープもできます。ゆえに「じゃあ、また飲みに来ようね」と、次の約束がさりげなくできるというおまけつき。素敵なコーヒー体験をきっかけに、恋の花咲くこともある!?

◆ GRAND CRU CAFÉ GINZA(グラン クリュ カフェ ギンザ)

場所/東京都中央区銀座6-10-1 GINZA SIX 13F
営業時間/11:00~23:30(L.O.23:00)
定休日/GINZA SIXに準ずる
URL/https://www.mi-cafeto.com/cafe/
予約・お問い合わせ/☎03-6274-6841

●KOTOWA GEISHA FRAGILE 2016(100g入りボトル) 2万1,600円、KOTOWA 2016(100g入りボトル) 1万800円

この記事が気に入ったら「いいね!」しよう

LEON.jpの最新ニュースをお届けします。

RECOMMEND FOR YOU おすすめの記事