• TOP
  • GOURMET
  • 免疫力が上がる! 話題の薬膳フレンチとは!?

2020.09.24

■ vol.138 「クロストーキョー(CROSS TOKYO)」

免疫力が上がる! 話題の薬膳フレンチとは!?

赤坂の街を一望できる、モダンで開放的なフレンチレストラン「クロストーキョー(CROSS TOKYO)」。お洒落な空間で供される新感覚の薬膳フレンチで、免疫力を上げながらデートを楽しめちゃいます。

CATEGORIES :
TAGS :
CREDIT :

取材・文/渡辺ゆり子

本誌LEONでYULI*YULIとして長きにわたり、あらゆるジャンルのレストラン&バーを取材してまいりました“デート・コンシェルジュ”(略してデーコン)こと、渡辺ゆり子が、本当にデートで使えるお店の選び方をわかりやすく御指南します!

ラグジュアリーな空間で
滋養に満ちたフレンチを堪能して

TBSのすぐそばにある、モダンな外観デザインのヘキサゴンビル。その10階に位置する「クロストーキョー」はオープン当初、旬の野菜中心のフランス料理とビオワインを提供するお店でした。でもどうやら、コロナ禍の営業自粛期間中にコンセプトが進化したみたい。営業再開後、生まれ変わった「クロストーキョー」に行ってきました!
店内は天井が高くて、相変わらず気持ちの良い空間。テーブル間の距離も空いていて、密とも無縁です。二面の大きな窓があり、どちらからも赤坂の街が見下ろせちゃうの。取材時は運良く、ビルの向こう側にキレイな夕焼けが見えましたよ。
PAGE 2
お料理はイマドキっぽく健康に意識を向けた内容。フランス料理の調理法に、食事によって病気を予防する漢方に基づいた“医食同源”の考え方がミックスされているのですって。

ディナーはコースが2種類。薬膳ブイヨン鍋のコースと、今回ご紹介する10皿14品の「和漢洋才のコース」(8000円)です。まさにカラダが喜ぶお料理は、食べた翌日には元気が湧いてくるのを感じるはず!
「和漢洋才のコース」で最初に出てくるスープからして、とても手の込んだもの。12種類の野菜をじっくりと時間をかけて作った濃縮スープに、35種類以上のハーブ、スパイス、生薬、薬膳のオリジナル・ブレンドを足し、さらに丸鶏と豚足のエキスがプラスされています。濃厚、なのにあっさり。ラビオリの中身はダチョウのお肉よ。高タンパクで低カロリーだからうれしい!
そして、お皿の上に5つの味が載った、前菜的な「五行パレット」。甘味→辛味→塩味→酸味→苦味という順番で食べていくと、体内エネルギーのバランスが整うのだそう。これは中国伝統医学による五行説に基づいて考案されたのだとか。

写真右下の甘味、とうもろこし「ゴールドラッシュ」のアイスとカルダモンのテュイルからスタートね。お次の辛味は、鶏胸肉とパクチー、ミントをコリアンダーのクレ―プで包んでいただきます……といった具合に、時計回りに進んで5つの味をじっくりと比べながら食べるだけでも楽しい!
PAGE 3
コースの中盤に供される気仙沼直送のフカヒレは、サフランを入れて煮込んだ個性的な味。中華のフカヒレとは違う新しい美味しさよ。
メインのお肉料理は、三元豚のコートレット(フランス料理のカツレツ)。14種類の漢方を食べて育った豚を紅茶で煮てから炭火で焼き、唐辛子が効いた発酵パプリカの濃厚ソースでいただきます。
PAGE 4
デザートは2種類から選べます。こちらは、バナナにアボガド、チョコレートアイス、松の実にキクラゲ、薬膳ゼリーの組み合わせ。これが妙に合うのです。濃厚、なのにアッサリな不思議デザートですよ。
もちろん、薬膳酒(300円〜)も楽しめます。陳皮、秋ウコン、ローズレッド、龍眼肉を漬けたものなど、24種類も常備。効用を効きながら、試してみてください。
 
お酒はペアリングもできますよ。シャンパーニュから始まり、「五行パレット」にはシェリーを合わせたり、フカヒレのお料理には白ワイン「ムルソー」をマリアージュしたり。新鮮な発見に出会えるはず。
モダンな店内で赤坂のビル群の景色を眺められる「クロストーキョー」はなんとも都会的。にもかかわらず、免疫力向上にもつながるお食事ができるギャップが魅力的です。ウィズコロナの時代になったからこそ、彼女と一緒にぜひ行ってみてね。
※価格はすべて税抜きです

■ クロストーキョー(CROSS TOKYO)

住所/東京都港区赤坂 5-4-7-10F
営業時間/ランチ11:30〜15:00(L.O.14:00)、ディナー18:00〜23:00(L.O.22:00)

不定休

ウェブ予約はコチラから

予約・お問い合わせ/☎︎ 03-5545-5408

● 渡辺ゆり子

食、シャンパーニュ、花、インテリアと多岐のジャンルが活動のフィールド。2003年、国際アートフラワーコンクール優勝。2010年、シュバリエ・ド・シャンパーニュ叙勲。本誌LEONの「オヤジのトキメキダイニング」でも長期連載中。2020年7月7日に、自身のバー「Champagne Bar LILI-LA-YULI」が13周年を迎えた。

この記事が気に入ったら「いいね!」しよう

LEON.JPの最新ニュースをお届けします。

SPECIAL

    RECOMMEND FOR YOUおすすめの記事

      RELATED ARTICLES関連記事

      SERIES:連載

      READ MORE

      買えるLEON

        免疫力が上がる! 話題の薬膳フレンチとは!? | グルメ | LEON レオン オフィシャルWebサイト