• TOP
  • GOURMET
  • マンハッタンにオープンした新感覚の隠れ家割烹「TSUKIMI」って!?

2019.07.30

マンハッタンにオープンした新感覚の隠れ家割烹「TSUKIMI」って!?

近年ニューヨークでも大人気の日本食&日本酒ですが、クオリティの高いお店が少ないのも事実。そんななか、先日マンハッタンにオープンした懐石「TSUKIMI」は、隠れ家的な雰囲気と本格的なお料理が楽しめますよ。

CATEGORIES :
TAGS :
CREDIT :

文/菅 礼子

最近、ニューヨークでも人気の和食ですが、特に感度の高いニューヨーカーからの支持が厚く、少しずつではありますが良いお店も増えつつあります。そんななか、このたびマンハッタンはイーストビレッジにオープンした「TSUKIMI」は本格的な懐石と日本酒のペアリングが秀逸。旅先で和食が恋しいな〜なんて時にも使える注目の一軒なのです。

カウンターのみの贅沢な空間

こちらの「TSUKIMI」はいかにもニューヨークらしいブラウンストーンの外壁で、大々的な看板もないシンプルな外観ですが、半地下に降りて一歩店内に足を踏み入れるとガラリとイメージを覆す凛とした和モダンの世界が現れます。
PAGE 2
照明を落とした店内はカウンター14席のみ。ニューヨークベースのデザイン事務所「Studio Tack」が手がけたインテリアは、白木と鏡を効果的に使ったモダンな作りで、カウンター下には和食器がずらりと陳列されています。これらはいずれも有田焼や美濃焼などシェフが買い付けたこだわりのものばかり。そして、実際の盛り付けにも使用され、例えばシェフのシグニチャー「雲丹とご飯の乗った茶碗蒸し」には岩手県二戸市の滴生舎浄法寺漆の器とおさじを使い、漆のなめらかさにより茶碗蒸しのクリーミーさが増幅されるなど、細部にまでこだわっています。 その他ブルックリンベースのアーティストの器もTSUKIMIならでは。

秋山剛徳シェフが作るメインメニューの懐石コースは全11品。伝統的な懐石にシェフならではのニューヨークらしいアレンジを効せた料理の数々は、日本で味わう優しい味わいの懐石よりも一品一品が力強くインパクトのある印象です。旬の食材を使用したコースは月一ペースで変わり、季節の移り変わりを表現していきます。
PAGE 3

日本酒ペアリングは世界共通言語?

さらにこちらの店で力を入れているのが日本酒ペアリングの提案。世界的にも常識となりつつあるコース料理とお酒のペアリングですが、ワインとのペアリングはよく見かけるのものの、日本酒とのペアリングは日本でもまだまだメジャーではありません。

しかし、こちらの「TSUKIMI」は、コース料理に日本酒ペアリングをオーダーすることができる珍しい一軒なのです。乾杯は日本酒スパークリングをワイングラスで。その後はお料理に合わせ、味わいの異なる日本酒が次々にサーブされます。日本酒は冷やと熱燗でも味わいは変わりますし、熟成酒をポートワインのように食後に味わう提案も新鮮です。

繊細かつ個性的で美しい料理に加え、選び抜かれた日本酒ペアリングもある「TSUKIMI」。カウンターのみの大人の空間で、ここまでハイクオリティな懐石を提供するお店はニューヨークにもなかなかありません。洗練された日本のおもてなしはニューヨーカーも刺さること間違いなし。こちら、混雑必至の一軒となりそうです。

◆ TSUKIMI

この記事が気に入ったら「いいね!」しよう

LEON.JPの最新ニュースをお届けします。

RECOMMEND FOR YOUおすすめの記事

    RELATED ARTICLES関連記事

    SERIES

    READ MORE

    買えるLEON

      SPECIAL

        マンハッタンにオープンした新感覚の隠れ家割烹「TSUKIMI」って!? | グルメ | LEON レオン オフィシャルWebサイト