• TOP
  • GOURMET
  • 【ホワイトデー直前】 彼女のハートをガッチリ掴むレストランはここ!

2019.03.13

【ホワイトデー直前】 彼女のハートをガッチリ掴むレストランはここ!

せっかく女性を食事デートに誘うなら、彼女の好みに添った店を選んでこそ、成功に結びつくもの。そこで、4つのタイプ別に、絶対行くべきお店を選んでみました!

CATEGORIES :
CREDIT :

取材・文/長谷川あや

お食事デートもプレゼントも、俄然威力を発揮するのは、彼女の好みに合わせたピンポイント攻撃です。まずは、ホワイトデーのお返しに、彼女にぴったりのお店に連れて行ってあげましょう。「私のために選んでくれた」という、あなたの気持ちもまた、うれしいものなんですよ、女って❤

■ 「カーヴドシャンパーニュ ディヴァン」(恵比寿)

“泡好き”の彼女には
雰囲気・品揃えともに申し分ないココ!

繊細でフレッシュな口当たり、エレガンスを併せもつ爽快感、グラスに注いだ時のシュワシュワという音、きらきらと揺らめく無数の小さな泡──。恋を盛り上げるお酒といえば、なんといってもシャンパーニュでしょう。
艶っぽい雰囲気のカウンター席。
そんなシャンパーニュをこよなく愛する彼女は、ラグジュアリーな雰囲気の専門店「カーヴドシャンパーニュ ディヴァン」にお連れするとしましょう。常時100種類以上のシャンパーニュとブルゴーニュワインを楽しめるコチラ。階段を降り、地下1階にある店の扉を開けると、天井高の高さからでしょうか、圧迫感を感じさせないラグジュアリーな空間が目に飛び込んできます。照明が落とされた店内には幅1mの広々としたカウンター、中2階のソファ席が。
グラスシャンパーニュも充実。
豊富な品揃えのなかには、彼女のお気に入り銘柄は無論のこと、まだ出会ったことのないレアものも隠されているはず。また専門店ゆえ、日替りで味わえるグラスシャンパーニュも豊富です。シャンパーニュを使ったオリジナルカクテルも充実していますよ。
「季節のシャンパンソルベ」1680円
旬のフルーツを使った自家製ソルべにシャンパーニュをしゅわりと注いだ「季節のシャンパンソルベ」は、特別な夜の始まりに、ぴったりの一杯。
「トリュフの香るジャガイモのガレット 半熟玉子をのせて」1570円
食事メニューも充実しています。シャンパンバーというと二軒目使いが主流ですが、同店1軒でディナーを済ませることも可能。「トリュフの香るジャガイモのガレット 半熟玉子をのせて」なんて、字面を見ただけで、シャンパーニュが恋しくなるメニューがちらほら。1日3組6名限定で、グラスシャンパン3種に、アミューズ + 前菜 + メイン料理が付いた「Champagne Selection」(20:30まで、要予約。デギスタシオン(試飲)グラス7500円、シャンパングラス8600円)なんてメニューもあり、使い勝手も良さそうです。
 
グラスの底から立ち上がる美しい泡とともに、ふたりの恋のムードも高まることでしょう。

■ カーヴドシャンパーニュ ディヴァン

住所/東京都渋谷区恵比寿西1-10-3 トラストリンク恵比寿ビル B1
営業時間/18:00~翌4:00(L.O.) 日曜・祝日~翌2:00(L.O.)
定休日/年末年始
 
URL/http://albente.jp/divin/index.html

予約・お問い合わせ/☎ 03-3461-1389

PAGE 2

■「ホワイトストロベリー・イン・ラブ」(ANAインターコンチネンタルホテル東京)

“スウィーツ好き”の彼女も驚く!
絶品アフタヌーンティー

スウィーツ好きの女性をとろけさせる、今とっておきのプラン。それは、「ANAインターコンチネンタルホテル東京」で、4月26日(金)まで提供中の「ホワイトストロベリー・イン・ラブ」です!
希少で仕入れ値でも一粒1000円を超えることもあるというホワイトストロベリーを、1人につき18粒も贅沢に使ったアフタヌーンティー。さらに、可憐なピンク色のシャンパン(マム グラン コルドン ロゼ)がふたりに1本と、バトラーによるきめ細やかなおもてなしが付いています。料金は2名で6万円なり。もしかしたら今、日本で最も高額なアフタヌーンティーかもしれません。でも、原価率を考えると、かなりお得なんじゃないでしょうか。
「ホワイトストロベリーとマスカルポーネクリームのアイスクリーム」をはじめ、個々のアイテムはどれもこれも主役級の存在感。みずみずしい甘さをもつホワイトストロベリーって、いろいろな食材と相性が良いんですね。ロゼシャンとのマリアージュも最高のひと言です! また、ホワイトストロベリーそのものもちゃ〜んと用意されていますよ。最初はシンプルにそのまま、2つめ以降はお好みで、ホワイトチョコレートにディップして味の違いを楽しむのがオススメです。
そして会場となるのは、ホテルの35階にある宿泊客専用のラウンジ「クラブインターコンチネンタル」。東京のダイナミックな眺望とともに、とびきりの非日常を味わってくださいませ!

■  ホワイトストロベリー・イン・ラブ

場所/クラブインターコンチネンタルラウンジ
住所/東京都港区赤坂1-12-33 ANAインターコンチネンタルホテル東京 35FL
 
提供期間/〜2019年4月26日(金)
提供時間/14:00~16:00

URL/https://anaintercontinental-tokyo.jp/offer/club-lounge-afternoontea/

予約・お問い合わせ/☎ 03-3505-1185(9:30〜19:30)
 ※1週間前までに要予約

●料金/2名利用・6万円(税サ別)
[※ホワイトストロベリー・アフタヌーンティーセットとボトルシャンパン(マム グラン コルドン ロゼ)]

PAGE 3

■ 「T's STEAK HOUSE(ティーズステーキハウス)」(恵比寿)

“肉好き”の彼女を連れて行くべき
話題の最新ステーキハウス

NYスタイルのステーキハウス、ここ数年、流行ってますよね。名だたるニューヨークのステーキハウスは、ほぼ日本に上陸済みといってもいいほど。ラスボス的な「ピーター・ルーガー」も、2020年までの出店を目指しているとのことが発表されました。そんななか、2019年2月末、恵比寿に新たなNYスタイルのステーキハウス「T's STEAK HOUSE(ティーズステーキハウス)」がオープン。
ニューヨークのウエストビレッジあたりにあっても良さそうな店名ですが、実はコチラ、「焼肉トラジ」などを展開する株式会社トラジの初の試みとなる、NYスタイルのステーキハウスなんです。
店内は、シャンパンゴールドと黒が基調とした、華やかでスタイリッシュな空間。床には古材を使うこだわりぶりです。USDAプライムビーフをドライエイジングし、ブロイラーオーブンを使用して焼き上げるという手法も、NYスタイルのステーキハウスの“ザ・王道”。メニューには、Tボーンステーキなどステーキ各種をはじめ、シーフードプラッター、クチームスピナッチやマッシュポテトなど、ステーキハウスのスタンダードメニューがズラリと並びます。
しかし、同店が位置するのは「焼肉トラジ」本店ビルの3階。随所にトラジの矜持が見え隠れしています。そのひとつが、シグニチャーメニューの「カルテット」。欧米人に比べれば、まだまだ日本人は少食ですよね。Tボーンステーキをひとつオーダーしたら他の肉料理にまで手を出すのは至難の業、というか、食べきるので精一杯だったりしませんか。

「でも、せっかくステーキハウスに来たからには、ラムも食べたいんだよね〜」なんていう、多くの肉好き日本人の声に応え、「T's STEAK HOUSE」では、USDAプライムのサーロインまたはヒレのいずれかとハラミ、和牛、ラムチョップが4種類の盛り合わせを用意しました。
お酒好きの彼女となら、ワインペアリングコースはいかがでしょう? ステーキハウスのワインって、「肉といったらシラーズでしょ」的なお決まりのものが多く、品揃えがイマイチなことが多かったりしません? 「T's STEAK HOUSE」では80種ほどのワインを常備していて、サーロインやヒレ肉など肉の部位はもちろん、前菜やデザートに合わせたペアリングも楽しめちゃいます。

そうそう、ステーキハウス定番の赤ワインソースには、隠し味に「焼肉トラジ」の焼き肉のタレが入っていますよ。
日本ならでは、そして、焼肉で培ったテクニックや仕入れのコネクションを最大限に生かし、トラジならではのエスプリも加わったNYスタイルのステーキハウス。楽しくて、美味しいです! 今後、ザブトンロースやみすじステーキを提供する予定もあるそうですよ。

■  T's STEAK HOUSE(ティーズステーキハウス)

住所/東京都渋谷区恵比寿南2-2-4 山燃2ビル 3F
営業時間/17:00~23:00(L.O.22:00)
定休日/年末年始

URL/http://www.ts-steak.com/

予約・お問い合わせ/☎ 03-5725-3629
※予約制
 
●料金/シーフードプラッター4500円、本日のスープ1600円、本日の黒毛和牛ステーキ1万5000円~、T's Steak for Two プライムステーキ2名用1万6000円、「カルテット ステーキ」2名用1万6000円~

PAGE 4

◾️「ラ・ベルリュンヌ」

“ヘルシー志向”の彼女も感激!
サプライズ演出もある、薬膳フレンチ

ヘルシーさを謳うフランス料理店が続々と登場している昨今ですが、美意識の高い彼女には、「薬膳フレンチ」なんて、よろしいんじゃないでしょうか。
銀座8丁目のビルの地下1階に位置する「ラ・ベルリュンヌ」は、フレンチに薬膳の要素を取り入れ、現代栄養学を掛け合わせたフランス料理店。2017年4月にオープン以来、健康に敏感で、美味しいもの好きの人たちの、ちょっとした隠れ家になっています。席数はわずか10。クラシックなインテリアも、彼女の乙女心をくすぐることでしょう。
 
「ラ・ベルリュンヌ」でいただけるのは、薬膳の考えに基づいたフランス料理。季節の食材をふんだんに使用しているため、内容は頻繁に変わりますが、シグネチャーメニューはオーナーシェフの柳澤義泰氏が「名刺がわりの一品となっています」と胸を張る、前菜「若返りの玉手箱」です。ふたを開けると、もくもくと煙が立ち込め、まるで本物の玉手箱のよう。オーク樽のチップをスモークしているそうで、芳しい香りがこれからの始まる食事へのテンションを高めます。
こちらは、旬の野菜をそれぞれ最適な調理を施し盛り合わせた、まさに野菜の玉手箱。色とりどりの野菜、そして食用花は、女性を魅了するのにじゅうぶんな美しさ。しかもベジファーストで、血糖値の急激な上昇を防ぐという効果もあるというのですから、うれしい限り。
その後も、薬膳の資格をもつシェフが、旬の食材を可憐なフレンチに昇華したメニューが続々と。料理ひとつひとつが印象派の絵画のようなプレゼンテーションで、スタッフの方が丁寧に薬膳の効果や食べ方について説明をしてくれます。

さらに、デザートの後のプチフールにもサプライズが。「食後の愉しみ(小菓子)」は、大きなジュエリーボックスのようなものに入って登場。そこには、シェフ手作りのお菓子がたっぷりと詰まっています。なんと食べられるのは、「お好きなだけ」──参りました!

食べて美味しく、演出効果にも優れた“美食同源”のフレンチは、ヘルシーな美食家の彼女にも響くこと、間違いなしですよ!

◾️ラ・ベルリュンヌ

住所/東京都中央区銀座8-7-2 銀座藤井ビル2 B1
営業時間/ランチ11:30~16:00、ディナー、18:00~0:00
定休日/不定休
 
URL/https://www.labellelune.tokyo
 
予約・お問い合わせ/☎03-6274-6459
※予約制
 
● 料金/ランチ2800円(平日限定)、4800円、ディナー7500円、1万円、1万3000円

※掲載商品はすべて税抜価格です

この記事が気に入ったら「いいね!」しよう

LEON.jpの最新ニュースをお届けします。

RECOMMEND FOR YOUおすすめの記事

RELATED ARTICLES関連記事

SERIES

READ MORE

SPECIAL