• TOP
  • GOURMET
  • 女子のハートをわし掴み! 元祖イタリアンと銀座の夜景

2019.03.21

vol.92「サバティーニ・ディ・フィレンツェ 東京」

女子のハートをわし掴み! 元祖イタリアンと銀座の夜景

食事デートにイタリアンを選択するのは、いまやテッパンですが、日本における草分け的存在のレストラン「サバティーニ・ディ・フィレンツェ東京」とくれば、話は別です。銀座のネオンを見下ろしながら、彼女と一緒に伝統的イタリアンを、ぜひお楽しみあれ!

CATEGORIES :
TAGS :
CREDIT :


本誌LEONでYULI*YULIとして16年間にわたり、あらゆるジャンルのレストラン&バーを取材してまいりました“デート・コンシェルジュ”(略してデーコン)こと、渡辺ゆり子が、本当にデートで使えるお店の選び方をわかりやすく御指南します!

40年の歴史を誇る! 
日本のイタリアンの草分けレストラン

1914年、イタリア・フィレンツェに創業した「サバティーニ・ディ・フィレンツェ」。そして1980年、世界初の支店が、東京・銀座ソニービルにオープンしました。いまや日本のどの主要都市でも迷ってしまうほど存在するイタリアンだけれど、50代以上のオヤジ世代なら、当時はまだ珍しかった元祖イタリアンレストランを大切な女性とのデートに使っていたのではないかしら?
天井の装飾が印象的な、広々としたメインダイニング。
その「サバティーニ・ディ・フィレンツェ東京」が、ソニービルの建て替えと同時に2017年にクローズし、昨年、場所を少しだけ変えて再オープンしました。
レセプション脇には、艶っぽい雰囲気のバースペースが。
場所は、数寄屋橋交差点そばのビルの3階。エレベーターを降りた瞬間、ラグジュアリーな「サバティーニ 東京」の世界が目の前に広がります。フィレンツェ市の紋章、百合の花が香り高く咲き誇るレセプションを過ぎると、待ち合わせ用のソファ&テーブルでグラスを傾けながら、待ち人を待つのも苦にならない粋なバースペースが。
 
東京のレストランにはなかなか見られない贅沢な空間です。デートの時、できれば早めに来てココで女の子を待って欲しいくらい(笑)。
PAGE 2

王道のトスカーナ料理をご堪能あれ!

お料理はもちろん、トスカーナ料理。極上の正統派イタリアンです。進化する都内のイタリアンレストランのメニューには目を見張るものがあるけれど、やっぱり王道を知っておかなくちゃ! 

36年前の東京店オープン時に腕を振るっていたトスカーナ州ルッカ出身のバルディ・ヴィルジリオ氏が、現在も料理長であることにも感動せずにはいられません。
「仔牛カツレツ」5500円
まずはコートレット。言うなれば日本のカツレツなのだけど、何が大きく違うかと言えば、日本のものに比べてお肉は薄めで、パン粉は粒子が細かくバターで揚げる点です。実は私の大好物で、いまどきのお洒落イタリアンではあまりお見かけしなくなったので、個人的にうれしいメニュー!
「ビステッカ・アッラ・フィオレンティーナ」(コースディナー1人2万円/5品 ※2名より受付)。 2019年6月末まで受付中。
そして、お肉好き女子の多い昨今、ぜひ一緒に食べていただきたいのが、イタリアの希少な銘柄牛、キアニーナ牛。高タンパクで低コレステロール、力強い味わいの肉を、フィレンツェと言えばのビステッカ、Tボーンステーキとして味わえます。2019年6月末までの期間限定メニューなので、必食ですよ!

旬な食材メニューも楽しめます。春の時季ならではのホワイトアスパラガスのメニューは、ぜひ食べたい一皿です。
PAGE 3
そして、「サバティーニ 東京」と言えば、この方抜きには語れません。メートル・ドテル(ヘッド・ウェイター)のトンバ・プリモ氏。在日36年の創業メンバーのひとりです。日本人以上に控えめで優しく穏やかな彼のサービスは、コチラが多くの日本人ゲストたちに長く愛され続ける大きな要因となっています。
古き良き時代を思わせるインテリアが特徴的な「サバティーニ 東京」だけれど、実はユニークな個室があるの。大きな窓から見えるのは、首都高速道路を走るクルマの流れと、銀座のネオンが織り成す近代的な景色。クラシックな雰囲気の店内との不思議なギャップが、長年培ってきた伝統を守りつつも新しいことにも挑戦していく「サバティーニ 東京」の今後を象徴しているような!
 
「サバティーニ 東京」の第二幕が上がりました。世界的にもグルメ王国である日本のイタリアンを、これからも牽引していくことでしょう。

■ サバティーニ・ディ・フィレンツェ 東京

住所/東京都千代田区有楽町 2-2-3 ヒューリックスクエア 3F

営業時間/ランチ11:30〜15:30(L.O.14:30)、ディナー17:30〜23:00(L.O.21:30)
席数/76席(個室2/8・16名)

URL/https://www.miyoshi-grp.com/cardinal/sabatini/

予約・お問い合わせ/☎︎ 03-6263-9390

● 渡辺ゆり子

食、シャンパーニュ、花、インテリアと多岐のジャンルが活動のフィールド。2003年、国際アートフラワーコンクール優勝。2010年、シュバリエ・ド・シャンパーニュ叙勲。本誌LEONの「オヤジのトキメキダイニング」でも長期連載中。2018年7月7日に、自身のバー「Champagne Bar LILI-LA-YULI」が11周年を迎えた。

この記事が気に入ったら「いいね!」しよう

LEON.jpの最新ニュースをお届けします。

RECOMMEND FOR YOUおすすめの記事

RELATED ARTICLES関連記事

SERIES

READ MORE

SPECIAL