• TOP
  • GOURMET
  • 川見え、桜見え! 女子を喜ばせるなら、このお洒落ビストロがテッパンです

2019.02.02

vol.86「Huit(ユイット)」(中目黒)

川見え、桜見え! 女子を喜ばせるなら、このお洒落ビストロがテッパンです

季節を問わず賑わう中目黒駅周辺。実は駒沢通りを越えると、目黒川沿いに小洒落た飲食店が数軒立ち並んでいるのをご存知でしょうか? そのうちの1軒、女子が喜ぶこと間違いなし!のビストロ「Huit(ユイット)」をご紹介します!

CATEGORIES :
TAGS :
CREDIT :

写真/福本和洋(maettico)

本誌LEONでYULI*YULIとして16年間にわたり、あらゆるジャンルのレストラン&バーを取材してまいりました“デート・コンシェルジュ”(略してデーコン)こと、渡辺ゆり子が、本当にデートで使えるお店の選び方をわかりやすく御指南します!

さながらパリのビストロにいるよう……

前々回に紹介した「CABIN Nakameguro」の並びには、実は雰囲気の良いお店が何軒かあります。ひとつお隣の店「HUIT(ユイット)」も昼夜を問わず、お客さまが絶えない人気のビストロです。
開放的な窓からはご覧の通り、大きく枝を伸ばした八重桜が見えるんです(見頃の時季のお店は大変な賑わいに!)。たとえ花が咲いていない時季でも、青々と葉が茂った八重桜や抜けの良い景色は、やはり心地が良いもの。
木製のヴィンテージ家具、アンティーク風の照明、レトロな小物が配された店内では、まるで本当にフランスのビストロにいるような雰囲気を味わえますよ。
PAGE 2

フランスの郷土料理をカジュアルに楽しめる!

「ユイット」の料理はフランスの気取らない郷土料理が中心。肩ひじ張らずに、ワインと一緒にカジュアルに楽しむことができるのも人気の秘密ですね。
「ベーコンと砂肝のコンフィサラダ〜リヨン風」1290円
たとえばコチラは定番の具だくさんサラダ。お野菜たっぷりのサラダには、カリカリベーコンと砂肝のコンフィ、レンズ豆の煮込みが添えられていてボリューム満点。とろとろの半熟卵を絡めていただきます。
「牛ハチノスのリヨン風煮込み〜トリッパ〜」890円
牛ハチノスの煮込みは通常、トマトで煮込んでいることが多いと思いますが、コチラではリヨン風に飴色の玉ねぎと一緒に煮込んでいます。リヨンは玉ねぎの産地なんですって。白ワインとの相性抜群です。
「スペイン産ガリシア栗豚のロースト」1940円
コチラのローストは、スペイン産ガリシア栗豚が使われています。栗を餌にして育てられているので、脂身が軽い感じ。ハチミツを焦がしてシェリービネガーを足したガストリックソースでいただきます。添えてあるのは、菜の花、ちりめんキャベツ、フルーツ人参、ペコロス。
PAGE 3

桜見えの席は、3月より予約受付開始を予定

グラスワイン750円〜
ワインはカジュアルなものを中心に約20種類。グラスワインは6種類常備してあるというから、うれしいですね。左からイタリア産、モンテプルチアーノという品種の「ヴェレノージ」。しっかりとした果実感が特徴の赤ワインです。真ん中はドイツのリースニング「トロッケン」。いちばん右のスパークリングワインは、フランス国内で最もポピュラーと言われる「クレマン・ダルザス」。
外に広がる景色を楽しみたいから、「ユイット」は窓側の席がベスト……と思いきや、実は奥のほうに雰囲気のあるテーブル席がありました! 古いアップライトピアノが置いてあるコチラのコーナーは、いっそうパリっぽい空気が漂っていて、どうやら常連さんに人気のようです。
また、喫煙・禁煙で店内のスペースが分かれていますが、コチラの喫煙席も捨てがたい空間。私は煙草が苦手なのですが、ここだったら、煙を我慢しちゃおうかな(笑)。

「ユイット」は、造作や壁紙など、スタッフの方々が手を動かして作られた場所がほとんど。それが、なんともお洒落で暖かな雰囲気を醸し出しているのです。
 
店名の「ユイット」とはフランス語で数字の“8”ですが、八重桜にちなんだそう。運が良ければ今年の桜満開の時季に入れるかも!? 3月から予約受け付け開始予定とか。幸運をお祈りします。

■ HUIT(ユイット)

住所/目黒区中目黒 1-10-23 リバーサイドテラス 1F
営業時間/月〜土曜11:45〜24:00、日曜〜22:00 
不定休

URL/http://east-meets-west.jp/shopinfo/huit-nakameguro/

予約・お問い合わせ/☎︎ 03-3760-8898

● 渡辺ゆり子

食、シャンパーニュ、花、インテリアと多岐のジャンルが活動のフィールド。2003年、国際アートフラワーコンクール優勝。2010年、シュバリエ・ド・シャンパーニュ叙勲。本誌LEONの「オヤジのトキメキダイニング」でも長期連載中。2018年7月7日に、自身のバー「Champagne Bar LILI-LA-YULI」が11周年を迎えた。

この記事が気に入ったら「いいね!」しよう

LEON.jpの最新ニュースをお届けします。

RECOMMEND FOR YOUおすすめの記事

RELATED ARTICLES関連記事

SERIES

READ MORE

SPECIAL