• TOP
  • FASHION
  • 【必携】冬アウトドアなら燃えない! アウターがモテる!?

2018.12.04

【必携】冬アウトドアなら燃えない! アウターがモテる!?

火の粉を気にせず薪を焚べるワイルドな男に、女性は頼り甲斐を感じるもの。「穴が開いちゃうかも」なんて腰が引けていたらモテません。その点「難燃性アウター」なら、ちょっとの火の粉も余裕。アウトドアこそTPOによるアウター使い分けがモノを言います。

CATEGORIES :
TAGS :
CREDIT :

写真/人物・谷田政史(CaNN)、静物・渡辺修身 スタイリング/四方章敬、久 修一郎 ヘアメイク/古川 純 文/竹石安宏(シティライツ)

2018年12月号より

■ Scene 04 「アウトドア編」 

火の粉はつきませんがハートには火がつきます♥

頼れる男をアピールするのに、アウトドアほどうってつけな舞台はありません。なかでも最大の魅せドコロが、やはり火起こし。人間にとって原初的なものである火を制する男の姿は考えるより前に直感的に男らしく感じるもの。さらに起こした火は焚き火としてロマンティックな時間も提供してくれますが、気をつけたいのが火の粉。そう、飛び散る火の粉なんて気にならないタフなアウターが必要ってことです。

◆ ザ・ノース・フェイス 

もはや焚き火専用な、頼れる機能を満載

男性●ブルゾン2万円/ザ・ノース・フェイス(ザ・ノース・フェイス 原宿店)、ニット3万8000円/ドルモア(ビームス ハウス 丸の内)、パンツ2万4000円/ヘリーハンセン ロイヤル マリン クラブ(ヘリーハンセン原宿店)、靴6万5000円/パラブーツ(パラブーツ青山店)、時計223万円/ヴァシュロン・コンスタンタン 女性●ジャケット12万円、カットソー1万4000円、スカート2万8000円/すべてナイジェル・ケーボン(アウターリミッツ)、靴6万3000円/パラブーツ(パラブーツ青山店)、ストール8000円/バブアー(バブアー 銀座店)
男性●ブルゾン2万円/ザ・ノース・フェイス(ザ・ノース・フェイス 原宿店)、ニット3万8000円/ドルモア(ビームス ハウス 丸の内)、パンツ2万4000円/ヘリーハンセン ロイヤル マリン クラブ(ヘリーハンセン原宿店)、靴6万5000円/パラブーツ(パラブーツ青山店)、時計223万円/ヴァシュロン・コンスタンタン 女性●ジャケット12万円、カットソー1万4000円、スカート2万8000円/すべてナイジェル・ケーボン(アウターリミッツ)、靴6万3000円/パラブーツ(パラブーツ青山店)、ストール8000円/バブアー(バブアー 銀座店)
前身頃や前腕に難燃素材を用いた、その名も「ファイヤーフライジャケット」。火の粉が飛んでも微量のガスが発生し、燃焼部を消火。しかも瞬時に炭化することで火傷の危険性を軽減します。さらに左胸にグローブなどが収まる大型ポケット、左脇にトングなどが掛けられるループを設けるなど、まさに焚き火のための一着です。

■ 難燃性アウターを着て行くべきは…
「東京クラシックキャンプ」

この夏オープンした、日本初となるメンバーシップ制採用のグランピング施設。広大な森の中に、充実の設備を備えたハンドメイドのキャビンとグランピングテントが用意されており、会員募集を締め切る前のいまだけ、会員でなくとも利用可能です。1棟貸しなのでふたりきりの時間を満喫できますよ。

DATA 
住所/千葉県千葉市若葉区和泉町363-3

URL/https://tokyo-classic-camp.jp/
お問い合わせ/☎︎ 043-488-6211

●料金/グランピングテント1泊1万8000円〜、キャビン1泊4万円〜

NEXT PAGE2/ 3

ちょっとの火の粉なら余裕!

そんな時にキマるのは……

ちょっとの火の粉なら余裕な「難燃性アウター」

焚き火に付き物の火の粉は、大切な服に穴を空けるばかりか可燃性の服に引火したら一大事。かといって警戒しすぎて腰が引けちゃうと頼れる男も台無しです。そんな時に活躍する難燃性、つまり燃えにくい素材のタフなアウターがいまはあるんですね。これならワイルドかつスマートに火を起こせ、彼女のハートにも火を灯せるって算段なのです。

プラスαの機能で臨機応変さをアピール

アウトドアはどうしても天候に左右されますが、急変する天気にスマートに対応してこそ頼り甲斐があるってもの。例えば急に雨が降り出したら、焚き火でガシ使いしていたアウターをサッと傘代わりにかざす。こんな臨機応変さに女性はグッとくるのですよ。
男性●ブルゾン2万円/ザ・ノース・フェイス(ザ・ノース・フェイス 原宿店)、ニット3万8000円/ドルモア(ビームス ハウス 丸の内)、パンツ2万4000円/ヘリーハンセン ロイヤル マリン クラブ(ヘリーハンセン原宿店)、時計223万円/ヴァシュロン・コンスタンタン 女性●ジャケット12万円、カットソー1万4000円/ともにナイジェル・ケーボン(アウターリミッツ)
男性●ブルゾン2万円/ザ・ノース・フェイス(ザ・ノース・フェイス 原宿店)、ニット3万8000円/ドルモア(ビームス ハウス 丸の内)、パンツ2万4000円/ヘリーハンセン ロイヤル マリン クラブ(ヘリーハンセン原宿店)、時計223万円/ヴァシュロン・コンスタンタン 女性●ジャケット12万円、カットソー1万4000円/ともにナイジェル・ケーボン(アウターリミッツ)

Point 【1】

難燃性を備えている

難燃性とは燃えにくく、燃え広がらないということ。燃えないわけではなく、過信は禁物ですが、焚き火の火の粉程度なら気にせずガシ使いできます。その姿が頼り甲斐を醸すんですね。

Point 【2】

プラスαのアクティブな機能

アウトドア向けに開発された難燃性アウターは、ほかにも便利な機能を備えたものも充実。いざという時にそうした機能を活用すれば、頼れるアクティブオヤジを演出できますよ。

◆ スノーピーク 

アウトドアから都会までお任せあれ

強靭な難燃繊維アラミドを配合した素材を用いた3レイヤーの「ファイヤーレジスタンスレインジャケット」。止水ジップや止水シームテープなどの採用で防水性にも優れており、焚き火やバーベキューなどを気兼ねなく楽しめ、突然の雨に降られても安心。2方向からアクセスできるポケットなど、実用的機能がテンコ盛りです。オールブラックで都会的にも着こなせます。
3万8000円/スノーピーク
3万8000円/スノーピーク

NEXT PAGE3/ 3

本格アウトドア以外でも、あります!

アクティブな機能を備えた難燃性アウターカタログ

本格アウトドア以外にも、探すと見つかる難燃性アウター。プラスαの機能性だけではなくデザインのバリエーションも幅広く、目的地の設備を鑑みた機能や好みに合わせて選べます。一着あると野遊びが充実するゆえ、ぜひお試しあれ。

◆ ベルスタッフ 

伝統のスタイルと機能をモダンに満喫

1981年登場の「ロードマスタージャケット」は、伝統の4ポケデザインを継承しつつモダンなスリムシルエットに。艶出し加工済みのコットンにこれまた伝統のワックス加工を施した独自生地を用いており、防水性と通気性に優れ、丈夫な作りになっています。
11万3000円/ベルスタッフ(ベルスタッフ 銀座ストア)
11万3000円/ベルスタッフ(ベルスタッフ 銀座ストア)

◆ フィルソン 

コレで狙った獲物(=彼女)は逃しません

極厚コットンにオイルを染み込ませることで防水性と難燃性を発揮する、「ティンクロス」と名付けられたファブリック仕様のフィールドジャケット。獲物を収める背のゲームポケットや大型のフラップポケットなど本格派のディテール満載ですが、ゴワツキがなく動きやすいデザインになっています。
6万8000円/フィルソン(アウターリミッツ)
6万8000円/フィルソン(アウターリミッツ)

◆ ネサーンス 

都会から焚き火までラグスポがキマる

旬のコーチジャケットはややもするとストリートな印象がありますが、繊細な表情を備えたヌバックレザーを用いることで大人らしいラグスポな一着に。しっとりとした肌触りのヌバックはしっかりとした厚みがあり、燃えにくいだけでなくタフさも十分。アジも出やすく、着込むと手放せなくなるはずです。
11万円/ネサーンス(レイク・タホ)
11万円/ネサーンス(レイク・タホ)

◆ ノイク 

注目の新鋭は男らしい機能美が魅力

サージュデクレのデザイナー千田仁寿氏が中心となり、今年の春夏にスタートしたブランド。ミリタリーやワークを主軸とし、コットンベースながらも燃えにくい素材「プロバン」を用いたプルオーバーパーカもミリタリーな男らしさがプンプン。リラックスしたゆったりシルエットもいまどきです。
5万4000円/ノイク(にしのや)
5万4000円/ノイク(にしのや)
※掲載商品はすべて税抜き価格です

■ お問い合わせ

アウターリミッツ 03-5413-6957
ヴァシュロン・コンスタンタン 0120-63-1755
ザ・ノース・フェイス原宿店 03-5466-9278
にしのや 03-6452-6934
バブアー 銀座店 03-6264-5569
パラブーツ青山店 03-5766-6688
ビームス ハウス 丸の内 03-5220-8686
ヘリーハンセン原宿店 03-6418-9669
ベルスタッフ 銀座ストア 03-6263-9978
レイク・タホ 03-5708-5757

この記事が気に入ったら「いいね!」しよう

LEON.jpの最新ニュースをお届けします。

RECOMMEND FOR YOU おすすめの記事