• TOP
  • FASHION
  • 【解説】スーツを格上げするコモノは黒!の法則

2018.10.11

【解説】スーツを格上げするコモノは黒!の法則

よりカラダが覆われる3ピーススーツには、抑制された艶っぽさが強く表出されます。それがクールで都会的な色、グレーなら知性もプラスされるというもの。要所を黒で締めれば完ペキですが、具体的にどんなこなしが必要なのでしょうか?

CATEGORIES :
TAGS :
CREDIT :

写真/人物・長山一樹(S-14) スタイリング/四方章敬 ヘア/Kazuya Matsumoto(W) メイク/MAKI KOJIMA(mod’s hair) 文/竹内虎之助(シティライツ)

2018年11月号より
大人のオトコの艶っぽさを引き立てるスーツの代表格が、グレーの3ピーススーツです。3ピースが有効な理由。それは、ジレでカラダを隠すことで抑制の効果がより高まるというもの。そして、グレーという無彩色の効能により、都会的で洗練された艶っぽさが漂う。こなしにおいてもその雰囲気を強調すべく、要所をとことん黒で締めるのが得策なのです。

◆ リングヂャケット

重厚に見えてその実軽やかな英国調

襟付きのウエストコートやチェンジポケットなど、随所に英国調の仕様をちりばめた3ピーススーツ。グレーのヘリンボーン生地にも重厚な雰囲気漂う一着ですが、実際のコンストラクションはあくまで軽やか。
男性●スーツ18万円/リングヂャケット(リングヂャケットマイスター206 青山店)、ニット3万円/ジョン スメドレー(リーミルズ エージェンシー)、スカーフ4万20
00円/ベグ アンド コー(ザ ソブリンハウス)、メガネ4万9000円/トム ブラウン(オブジェ・イースト) 女性●シャツ6万4000円/アスペジ(アスペジ 六本木)
重厚な雰囲気の3ピーススーツを黒タートルで着こなせば、大人な雰囲気のなかにも、どこかリラックスしたこなれた感じを演出できます。それでもなにやら艶っぽく見えるのは、首元隠しのタートルとストイックな3ピースによる意図的な抑制のなせるワザ。

NEXT PAGE2/ 3

グレースーツの小物は黒に徹するべし

Styling & Coordinate

グレースーツの合わせは
すべて黒が大正解です

タイや靴、ニットといった合わせのアイテムだけじゃありません。時計からアクセサリー、メガネまで徹頭徹尾、黒で締めるのです。唯一、色を使うのはソックスのボルドーだけ。そこまでモノトーンに徹することで、グレーのもつ都会っぽさと、3ピースという仕様が醸し出すストイックさが強調され、見る者に緊張感ある抑制の色気を強く印象づけさせるのです。

◆ デペトリロ

品格漂う正統スーツを
黒締めで都会っぽく

ナポリの伝統的なテーラーリングにモダンなセンスを加味して仕上げられたハウンドトゥース柄の3ピーススーツ。合わせをすべて黒で締めれば、洗練された印象が際立ちます。
スーツ18万円/デ ペトリロ(ビームス ハウス 丸の内)、シャツ1万9000円/ストラスブルゴ、その他は左と同じ

【Item 1】

黒メガネ

目元は黒の太セルメガネ。抑制の利いたグレースーツにはリッチなメタルな感じよりも、むしろガッチリと太いクラシカルなウエリントンで黒締めを強調するのです。

◆ ジュリアス・タート・オプティカル

驚異の再現力を誇るネオヴィンテージ

1950~70年代にかけて製造されていたアメリカのヴィンテージモデルを極めて忠実に復刻したウエリントンフレーム。
3万7000円/ジュリアス・タート・オプティカル(ザ・パークサイド・ルーム)

【Item 2】

黒ベルトの時計

時計選びにおいて重要なのはストラップ。どんなフェイスの一本であれ、黒のレザーストラップで締めるのが正解。クロコやアリゲーターの黒なら艶っぽさもひとしおです。

◆ ゼニス

ラグスポ時計を象徴する名機です

エル・プリメロを搭載したラグスポ時計の代表モデル。グレースーツに合わせるならグレー文字盤&黒ストラップの一本を。
自動巻き、SSケース(42㎜)、アリゲーターストラップ、80万円/ゼニス

NEXT PAGE3/ 3

黒タイ、黒リング、黒靴

【Item 3】

黒タイ

この秋冬のスーツスタイルにおいて最重要の首元は黒タイでキリッと締めます。ソリッドはもちろん、黒地に白の小紋タイや柄タイも、そのレトロな感じが気分なのです。

◆ ホリデー&ブラウン

クラシックにしてフレッシュな黒タイ

1926年に英国で創業され、現在はイタリアで伝統を受け継ぐブランドからのタイ。クラシックでありながらフレッシュという信念を体現する一本です。
1万6000円/ホリデー&ブラウン(ザ ソブリンハウス)

【Item 4】

黒ぽてリング

いま、指には"ぽてリング"、が洒脱な大人のオトコの合言葉。これもトップが黒ならストイックにキマります。またメタル使いはシルバー系の色味で、あくまでモノトーンに。

◆ トムウッド

ソリッドな黒のシグネットリング

フラットな黒のトップを備えたシグネットタイプのリング。存在感あるアイテムながら、その雰囲気はひたすらクール。グレースーツとの相性も抜群です。
5万8000円/トムウッド(ステディ スタディ)

【Item 5】

黒靴

足元には当然、足首隠しの主役たる黒のドレスブーツを。エレガントなくびれがスーツスタイルの色気を増幅するのは前述のとおり。で、ソックスだけはボルドーを差すのです。

◆ エドワードグリーン

ユタカーフを使用したサイドゴア

通常よりも油分を多く含んだキメ細かなシボ革“ユタカーフ”を用いた、エストネーション別注のサイドゴアブーツ。ダイナイトソールを採用。
18万円/エドワード グリーン(エストネーション)
※掲載商品はすべて税抜き価格です

■ お問い合わせ

アスペジ 六本木 03-5413-5699
エストネーション 03-5159-7800
オブジェ・イースト 03-3538-3456
ザ ソブリンハウス 03-6212-2150
ザ・パークサイド・ルーム 0422-41-8978
ステディ スタディ 03-5469-7110
ストラスブルゴ(メンズ) 0120-383-563
ゼニス 03-5524-6420
ビームス ハウス 丸の内 03-5220-8686
リーミルズ エージェンシー 03-5784-1238
リングヂャケットマイスター206 青山店 03-6418-7855

この記事が気に入ったら「いいね!」しよう

LEON.jpの最新ニュースをお届けします。

RECOMMEND FOR YOU おすすめの記事