2021.10.20

宣言! これが真実のLEONスタイル

上客に見えるジャケットはココが違う!

デートではジャケパンスタイルも差をつけたいもの。女性にもお店側にもリッチに映るセレクトをご紹介します。

CATEGORIES :
TAGS :
CREDIT :

写真/人物・谷田政史(CaNN)、静物・蜂谷哲実(hachiya studio) スタイリング/四方章敬、久 修一郎 ヘア/Takuya Baba(SEPT) メイク/Ken Nakano 文/いとうゆうじ 撮影協力/SUSHI B GINZA

室内デートにはリッチなキャメルのジャケットを♡

コートを脱ぐ室内の夜デートで持っておきたいのが、ジャケットスタイルです。しかしながら、昨今のビジネスではジャケパンコーデなんてのもあるので、そこの差別化は必至。

恋が始まる夜遊びスタイルには、お店側など第三者からもあからさまにリッチに見えるキャメルカラーの一着が鉄板です。

◆ デザインワークス 

お堅くないリッチ感で好印象を得るべし

▲ ジャケット9万7900円/デザインワークス(デザインワークス 銀座)、シャツ2万2000円/ポール・スチュアート(ポール・スチュアート 青山本店)、デニム2万3100円/ディーゼル(ディーゼル ジャパン)、ネックレス94万6000円、ブレスレット39万6000円、時計170万2800円/すべてカルティエ(カルティエ カスタマー サービスセンター)、ベルト2万4200円/ボードイン アンド ランジ(ストラスブルゴ)、靴9万200円/クロケット&ジョーンズ(トレーディングポスト 青山本店)
イタリアオヤジの間で定番のキャメルと黒のコーディネートは、昨シーズンあたりから日本でも定着したカラーパレット。ゆえに手垢がついておらず、夜遊びデートでも新鮮に見えますよ。

こちらは、上品見えするキャメルカラーのジャケットですが、胸ポケットなしの2パッチ仕立てがモダンな印象。一枚仕立てで、軽やかな肩付けにより、着心地も抜群。ビジネス感を微塵も感じさせずに、きちんとしたイメージを醸せます。

Key Item 01 

キャメルカラーのジャケット

いかにもリッチ、さらには上品に見えるという魅力を兼ね備えているのがキャメルカラーのジャケット。初めての
上質なレストランでも上客なのが一目瞭然です。

Key Item 02

ブロードの白シャツ

きちんと感を担保する重要なキーがブロードの白シャツ。コーディネートがカジュアルに寄りすぎないバランサーとしての起用ですが、これが意外なほどに効くんです。

Key Item 03 

細金ネックレスをチラ魅せ

夜遊びデートのノータイは「仕事帰り?」と紙一重。したがってそこは、あえて感を強調する細金ネックレスで誤認を回避。隣の彼女にもカウンター越しの大将にも効果を発揮します。

Key Item 04 

黒デニム

夜遊びだってのにデニム?と、思いがちですがキャメルのジャケットの上品さを黒デニムで遊ぶ。ここが差別化の絶妙なサジ加減。上客そうなのに、どこか不良そうにも仕上がります。

Key Item 05

金ビットのローファー

キャメルカラーのジャケットとの相性を考えると足元は、金ビットの役モノ付きくらいのアクの強さが好相性。上下で全体のバランスを整えましょう。
PAGE 2

◆ ブリッラ ペル イル グスト 

毛並みの違いにピンと来ます

▲ 男性●ジャケット14万3000円/ブリッラ ペル イル グスト(ビームス 六本木ヒルズ)、シャツ1万1000円(オーダー価格)/麻布テーラー(Y&Mプレスルーム)、デニム3万3000円/シヴィリア(ストラスブルゴ)、ネックレスチェーン[18KYG]9万9000円/ジェントルマン(ジェントルマン&カンパニー)、ベルト1万5400円/フェリージ(ビームス 六本木ヒルズ) 女性●ワンピース4万6200円/ロデビエ(エストネーション)、イヤリングはスタイリスト私物
キャメル100%のジャケットは、控えめな光沢感やいかにもソフトな起毛感といった要素が、女性と大将の好奇心を大いに刺激。ひと目でわかる毛並みの良さによって、お店での扱いも異なってくるかもしれませんね。

陰があるのに清潔感ってどういうことよ、って話ですが、キャメルカラーのジャケットと黒デニム、ブロードの白シャツが揃えばお手軽に実現可能。ドレスアップじゃないのに上品見えするというのも、デートにはありがたいですね。
2021年11月号より
※掲載商品はすべて税込み価格です

■ お問い合わせ

エストネーション 0120-503-971
カルティエ カスタマー サービスセンター 0120-301-757
ジェントルマン&カンパニー 03-3457-3111
ストラスブルゴ(メンズ) 0120-383-563
ディーゼル ジャパン 0120-55-1978
デザインワークス 銀座 03-3573-6210
トレーディングポスト青山本店 03-5474-8725
ビームス 六本木ヒルズ(カジュアルフロア) 03-5775-1620
ビームス 六本木ヒルズ(ドレスフロア) 03-5775-1623
ポール・スチュアート 青山本店 03-6384-5763
Y&Mプレスルーム 03-3401-5788

この記事が気に入ったら「いいね!」しよう

LEON.JPの最新ニュースをお届けします。

SPECIAL

    RECOMMEND FOR YOUおすすめの記事

      RELATED ARTICLES関連記事

      SERIES:連載

      READ MORE

      買えるLEON