• TOP
  • FASHION
  • 着こなしに悩まない。ユルくてもキマる服3選

2018.09.21

着こなしに悩まない。ユルくてもキマる服3選

現在、ラペルのないセットアップ(上下揃いの服)が市場を席巻中。コーディネートが容易なうえに、簡単にヌケ感が醸し出せるというのがその理由となるワケですが、ドレスコードがそこまで厳しくない職場にお務めならうれしい恩恵もあるようです。

CATEGORIES :
CREDIT :

写真・スナップ/Yu Fujiwara(@8and2)、写真・静物/蜂谷哲実(hachiya studio) スタイリング/稲田一生 テキスト/持田慎司

ユルくてもきちんと見える! セットアップは世界で浸透中

肉厚のコットン素材と思しきセットアップは、トップスがワークジャケット型。でもお固い職場でなければ、これで十分ビジネスコードはしっかりとキープできますよね。これぞ、カジュアルセットアップの良点と言えるのかと。
ミリタリージャケットをベースにしたトップスが絶妙にユルい雰囲気を醸し出してくれる生成りのセットアップ。足元に白のスニーカーを合わせれば、いまどきの軽快感溢れる通勤スタイルが完成するというワケです。
PAGE 2

◆ 悩まないセットアップ その1 『ザ・クロークルーム』

セットアップは着こなしに悩まない

ブルゾン14万円(オーダー価格)、パンツ8万円(オーダー価格)/ともにザ・クロークルーム、カットソー1万4000円/ジョン エリオット(サザビーリーグ)、靴11万円/ジョンロブ(ジョン ロブ ジャパン)
ビズスタイルのカジュアル化は、スーツの在り方自体にも変化をもたらしました。もちろん、メインストリームは従来のラペルド型のジャケットとスラックスですが、職場の雰囲気によっては、カジュアルなセットアップも許容される風潮に。上下が共布ゆえにジャケパンに比べてコーディネートが楽チンなうえに適度なきっちり感もキープでき、さらに絶妙なユルさも兼ね備えた一着こそが、いまどきの通勤ウエアとしてオススメです。

◆ 悩ましいセットアップ その2 『コロニークロージング』

極上のウール素材をカジュアルなデザインに

ブルゾン4万6000円、パンツ2万6000円/ともにコロニークロージング(ビームス ハウス 丸の内)
ロロ・ピアーナ社のスーパー150sウールを使用したジップアップブルゾン型のセットアップ。上質素材とひと目でわかる発色の美しいブルー生地によって、カジュアルなデザインながらもエレガントな雰囲気もたっぷり。ベーシックな黒のニットと白のスニーカーを合わせるだけで、大人っぽくもヌケ感漂う通勤スタイルが完成します。
PAGE 3

◆ 悩まないセットアップ その2 『ユナイテッドアローズ』

ミリタリーベースでも素材と仕立て次第で通勤は可能

ブルゾン3万円、パンツ2万円/ともにユナイテッドアローズ(ユナイテッドアローズ 原宿本店)
トップスのデザインは1950年代のUSミリタリーのフィールドシャツがベース。素材に、コーティングを施すことで適度なハリ感を備えたマットウーステッドと呼ばれる斜子織りの梳毛織物を採用することで、タフさのなかにもエレガンスが香る佇まいに仕上げました。パンツがトレンドの2プリーツ型になっている点も見逃せないポイント。
※掲載商品はすべて税抜き価格です

■ お問い合わせ

ザ・クロークルーム 03−6263−9976
サザビーリーグ 03-5412-1937
ジョン ロブ ジャパン 03-6267-6010
ビームス ハウス 丸の内 03-5220-8686
ユナイテッドアローズ 原宿本店 03-3479-8180

この記事が気になった方はこちらもどうぞ!

この記事が気に入ったら「いいね!」しよう

LEON.JPの最新ニュースをお届けします。

RECOMMEND FOR YOUおすすめの記事

    RELATED ARTICLES関連記事

    SERIES

    READ MORE

    買えるLEON

      SPECIAL