• TOP
  • FASHION
  • モテる一足といえばコレ! 「ルブタン」の新作靴は……

2021.09.24

SPONSORED

モテる一足といえばコレ! 「ルブタン」の新作靴は……

艶やかなレッドソールがアイコニックな「クリスチャン ルブタン」の靴は、女性の支持が絶大。そして、新作コレクションの外履きスリッパも、オトコの内なる色気を引き出すリッチな逸品です。他と差別化はもちろん、女性にもアピールできるゆえ、履けばモテる! といった算段です。

CATEGORIES :
TAGS :
CREDIT :

写真/干田哲平 スタイリング/四方章敬 ヘアメイク/古川 純 文/いとうゆうじ

なにゆえに女性は靴にこだわるのか? そしてオヤジは女性の脚に魅了されるのか? そのすべてを解き明かす解答は「クリスチャン ルブタン」の靴と新たなラグジュアリーの価値観に凝縮されていたのです。
▲ シューズ各9万9000円/ともにクリスチャン ルブタン(クリスチャン ルブタン ジャパン)

右・シェイプも素材もとっても官能的

ロゴが刺繍されたアッパーからトウにかけて、魅惑的なシェイプを描くスリッパは、優雅にして洗練された雰囲気。ブラックベルベットの素材感と相まって、この一足で色気が大幅アップします。

左・あざとく可愛いって最高です

シアリング素材を使ったデザインは、ひと目で「可愛い」を引き出せる逸品。しかもアッパーにはブランドロゴ入り。脱げばカーフレザーに施されたアリゲーターの型押しがリッチ感を主張します。

ラフに素足履きもある意味リッチ

▲ シューズ9万9000円/クリスチャンルブタン(クリスチャン ルブタン ジャパン)、パンツ3万800円/ジャブスアルキヴィオ(エフイーエヌ)
スリッパというと小難しく思われるかもしれませんが、室内履きでも外履きでもどちらでもイケる便利な靴、と考えてもらって問題ありません。なので、こなし方は人それぞれ。スリッパ感覚、室内履きとして使えば、気分もリッチに。
PAGE 2
▲ 右・シューズ9万9000円/クリスチャン ルブタン(クリスチャン ルブタン ジャパン)、ニット4万8400円/ヘリル(にしのや)、Tシャツ2万900円/フェデリ(トレメッツォ)、パンツ3万800円/ジャブスアルキヴィオ(エフイーエヌ) 左・シューズ9万9000円/クリスチャン ルブタン(クリスチャン ルブタン ジャパン)、ジャケット10万3400円、パンツ4万5100円/ともにタリアトーレ(グジ東京店)、ニット6万8200円/ジョン スメドレー(リーミルズ エージェンシー)、メガネ13万6400円/ザ・スペクタクル(グローブスペックス エージェント)

右・ワンマイルだってクラス感がケタ違い

ふわもこサンダルの素晴らしいところは、キャッチーであり、存在感があって、しかもどことなく色っぽいということ。ワンマイルウエアと合わせても、隠し切れない貫禄を醸してくれるのも効能のひとつ。

左・ヌケ感さえもリッチでセクシー

例えば、セットアップの足元に合わせれば、上品なハズしとして大活躍。使い回しが利くのもいいですね。

◾️ 「クリスチャン ルブタン」を女性が愛する理由

女性にとって靴は別格の価値をもつ存在。だってオヤジと違ってスカートをはきますし、脚を見せる機会が多いわけで、だったら美しく、官能的に演出してくれるものが欲しいですよね。そうした多くの女性から絶大な支持を得ているブランドが、クリスチャン ルブタンです。
モードだったり、ロックだったり、時代のエッセンスを巧みに取り入れたデザインとアイコニックなレッドソールのデザインは、登場するや否や、たちまち女性の憧れの的に。街を歩く女性の後ろ姿に垣間見える赤い艶やかなソールに見惚れたオヤジも少なくはないはず。この数々の魅力をもつクリスチャン ルブタンの靴をオヤジが履くと、どうなるのか。
アイコニックな意匠によって、ラグジュアリーなものであることがわかり、さらには女性からの共感まで得られる。当然のことながら、使用する素材にも贅を尽くしていますし、靴としての作りの良さは女性から愛されていることからも明白です。結果として、クリスチャン ルブタンを履いていればモテないわけがない、という次第。
PAGE 3
▲ シューズ各11万円/クリスチャン ルブタン(クリスチャン ルブタン ジャパン)

右・エキゾチック風なら、よりエロティック

本物のヘビのデザインと柄を複製して、カーフスキンにエンボス加工したカーフアマゾニア。クリスチャン ルブタンといえばなスパイクをあしらったビットがエッジィな雰囲気を引き立てます。

左・スパイクが映えるシンプルデザイン

ナッパカーフレザーで仕立てたスリッパはシンプルなデザインゆえ、アッパーのスパイクが存在感を主張。インソールはアリゲーター型押しのレザーとつま先部分はスエードで覆われています。

ソックス合わせでも絵になります

▲ シューズ11万円/クリスチャン ルブタン(クリスチャン ルブタン ジャパン)、デニム2万7500円/トリプル ダブル(ノウン)
スリッパタイプのデザインは、室内かご近所用と思いがち。しかしそれはナンセンスです。モテるファッションを志すなら、女性から共感を得られるアイテム使いが肝要。なので積極的にソックス合わせで外履きしましょう。
PAGE 4
右・シューズ11万円/クリスチャン ルブタン(クリスチャン ルブタン ジャパン)、パーカ3万1680円/ルクシー(同興商事)、パンツ5万3900円/モンサオ(グジ 東京店) 左・シューズ11万円/クリスチャン ルブタン(クリスチャン ルブタン ジャパン)、ブルゾン12万9800円/チンクワンタ、Tシャツ9680円/スローン、デニム2万7500円/トリプル ダブル(ノウン)

右・リラックスこそ艶が必要です

スポーティやリラックスが主流となりつつある昨今、オヤジのワードローブに欠かせないアイテムがパーカかと。アイテム自体にくつろぎ感が満載ですので、艶感のあるパイソン柄のスリッパを合わせてリッチかつ、官能的なエッセンスを注入してください。

左・パイソン&レザーで艶感マシマシ

レザーは動物の肌です。よって着るだけで艶っぽさがアップするのですが、そこにダメ押しするくらいの勢いがないと、差別化なんてものは図れません。だからこそ足元にスパイク付きのパイソン柄のスリッパがオススメなのです。

◾️ 「クリスチャン ルブタン」をオヤジが愛すべき理由

ファッションにおいて、常に一歩先を行くのは女性のほうです。そこからメンズへとモードやトレンドといったものは移行してくるわけで、それを理解しているだけでも選ぶもの、着るアイテムが変わってきますよね。この現象は靴やバッグといった小物においても顕著に見られ、その機微に気づいたオヤジだけがモテるという意味での成功者と成り得るのです。

そこで今シーズンのリコメンドとして猛烈にプッシュしたいのが、クリスチャン ルブタンのスリッパ。女性の感覚からすれば、これを外履きするのは当たり前のこと。しかもヒールがないため、ほどよいヌケ感やリラックスしたテイストを着こなしに添えてくれるため、履くだけで間違いなく洒脱に見えるのですね。

素材についてもエレガントなベルベット、ふわもこキャッチーなシアリング、艶やかパイソン、モード感あるブラックカーフが揃っていますので、選び放題。今季の新作に迷ったら、とりあえず買っておくべし! なのがクリスチャン ルブタンの一足なのです。大オススメ(断言)!
2021年11月号より
※掲載商品はすべて税込み価格です

◾️ お問い合わせ

クリスチャン ルブタン ジャパン

TEL/03-6804-2855

協力
エフイーエヌ 03-3498-1642
グジ 東京店 03-6721-0027
グローブスペックス エージェント 03-5459-8326
スローン 03-6421-2603
チンクワンタ 050-5218-3859
同興商事 03-6804-2068
トレメッツォ 03-5464-1158
にしのや 03-6434-0983
ノウン 03-5464-0338
リーミルズ エージェンシー 03-5784-1238

この記事が気に入ったら「いいね!」しよう

LEON.JPの最新ニュースをお届けします。

RECOMMEND FOR YOUおすすめの記事

    RELATED ARTICLES関連記事

    SERIES:連載

    READ MORE

    買えるLEON

      SPECIAL