• TOP
  • FASHION
  • ザ・ノース・フェイスほか。アウトドア人気の今、欲しいデニムはこれ!?

2021.09.17

ザ・ノース・フェイスほか。アウトドア人気の今、欲しいデニムはこれ!?

アウトドアブームが続く昨今、ザ・ノース・フェイスやスノーピークなどのウエアの売り上げが好調なんだとか。そんなアウトドアブランドから展開されるデニム、気になりません?

CATEGORIES :
TAGS :
CREDIT :

写真/島本一男(BAARL) スタイリング/髙塩崇宏 文/西原智美

普段使いはもちろん、キャンプでも!

アメカジ人気の今、さまざまなデニムを紹介してきた本特集ですが、アメカジ以上にブームになっているのが、アウトドア。そこで、探してみましたらありましたよ! 今どきなアウトドアライクなデニムが。

で、そんなアウトドアなデニムのメリットといえば、普通のデニムにはない機能面ですね。ドローコード付きやストレッチなども楽ちんですが、デニムにありがちなゴワつきや蒸れなんかも解決できる吸湿速乾機能が備わったもの、軽量性や耐久性に優れたもの、サステナブル素材を使ったもの、などなど。とにかく快適で、今の時代にぴったりなトレンド感たっぷりのデニムなんです!

もちろん、アウトドアシーンでもガシガシ使えちゃいます。そろそろキャンプシーズンにも突入する季節なので、この秋、活躍すること間違いなしです!
PAGE 2

◆ ザ・ノース・フェイス 

快適すぎて毎日はきたくなります!

▲ 1万8700円/ザ・ノース・フェイス(ゴールドウイン カスタマーサービスセンター)
ナイロンパンツとデニムのいいとこ取りをした、ナイロンデニム地のフィールドパンツ。速乾性、軽量性、耐久性に優れ、ナイロンでありながらインディゴロープ染色加工を施すことで、デニムの醍醐味である経年変化もしっかり楽しめます。リサイクルナイロンを採用したサステナブル素材ってのも今どきです。ウェビングベルト仕様なので腰回りも楽ちんです。
ナイロン糸の中心部が染まらずに白く残るため、デニムのような生地感に。こりゃもうコットンデニムにしか見えません。
PAGE 3

◆ アンドワンダー 

デニムは蒸れる……なんて心配はなし!

▲ 2万7500円/アンドワンダー
ゆったりとしたシルエットに、ウエストはゴム&ドローコードで見るからに楽ちんそうなこちらのデニムは、その名も「ドライ イージー デニムパンツ」。クールマックス糸を使用したオリジナルデニム地は吸湿速乾性に優れているので、デニムとは思えないドライなはき心地を実現しています。
デザインの特徴となっている前後の大きなラウンドポケットには、暗いところで光るリフレクターステッチを採用しています。
PAGE 4

◆ スノーピーク 

老舗アウトドアブランドならではの高機能な一本

▲ 2万8600円/スノーピーク
リニューアルで14オンスから12.7オンスに軽量化された「タキビデニム」。名前のとおり、キャンプの焚き火シーンでも安心して使える難燃性が最大のウリ。さらに、膝やお尻回りなどの擦れやすい部分は裏側から補強することで耐久性を高めています。左綾のため綾目が目立ち、使い込むことではっきりとしたタテ落ちになるのもポイント。
ヒップポケットにはブランドロゴのステッチが。ハンマーループは、ただの装飾ではなく、ハンマーをぶらさげたときに動きが最小限になるように設計されています。
※掲載商品はすべて税込み価格です

■ お問い合わせ

アンドワンダー 03-5787-3460
ゴールドウイン カスタマーサービスセンター 0120-307-560
スノーピーク 0120-010-660
フェンディ ジャパン 03-3514-6187

この記事が気に入ったら「いいね!」しよう

LEON.JPの最新ニュースをお届けします。

RECOMMEND FOR YOUおすすめの記事

    RELATED ARTICLES関連記事

    SERIES:連載

    READ MORE

    買えるLEON

      SPECIAL